風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

風俗男性求人 ホーム > コラム > 転職を迷っている方へ > 風俗業界に医療業界から転職し大活躍中の研修担当者インタビュー

風俗業界に医療業界から転職し大活躍中の研修担当者インタビュー

風俗業界へ転職

今や真面目な人たちが普通に働いている風俗業界。
特にここ数年は、他業界からの転職者が急増しています。

彼らはどのようなキッカケでこの業界に飛び込み、その後どのような人生を送っているのでしょうか。

実際に他業界から風俗業界に転職し、現在当グループの研修担当として活躍しているスタッフに、その思うところを語ってもらいました。

プロフィール

山崎 優(34歳)入社6年目。

現在シンデレラグループ店舗運営管理と
本部での研修講師を担当。

前職は医療法人で事務長として勤務。

――本日はよろしくおねがいします。

山崎 :「よろしくおねがいします。」


――前職は医療法人で事務長というプロフィールをお持ちですが、転職のきっかけはどういった事ですか?

山崎 :「医療業界での経験が一段落(自身の目標)ついたことが大きな理由です。実は18歳から休み無く仕事漬けで事務職→営業→総合職と経験を積みました。28歳の時に30歳を前に
"今までに経験した事無い仕事につこう"
と転職を決意しました。」


――仕事探しはどのような方法で行いましたか?

山崎 :「主に転職サイトです。その当時は@typeやDUDAやリクナビネクストでも探してましたがしっくり来る求人は無かったですね。」


風俗業界にありがちなオーラがありませんでした。もちろん良い意味で。

――前職とは全く毛色の異なる風俗という業界で、あえてシンデレラグループを選んだ理由は何ですか?

山崎 :「幹部ナビというシンデレラグループの求人サイトを見たんですが、風俗らしくないというか、正直に話すと...業界にありがちなオーラが無かったからですかね(笑) もちろん良い意味でですが。他にも様々な業種を検討しましたがシンデレラグループが自分に一番合いそうだな...と(笑)これは直感ですかね。」

naka02.jpg

――風俗という仕事に抵抗はありませんでしたか?

山崎 :「特に抵抗はありませんでした。自分も良く利用してましたし、理解のある親(ある意味ぶっ飛んでいますが)なので話した時も特にリアクションは無かったと記憶しています。むしろ、一般業経験だけで(風俗業界未経験で)採用されるのかが不安でした。」


――以前は風俗という職業にどんなイメージを持っていましたか?

山崎 :「周囲の人はみな口をそろえて「ブラック」だと言ってましたが、私はあまりそういう先入観は無くすんなり馴染めました。実際にシンデレラグループで働いてみて感じたことは良くも悪くも自主性を重要視してくれる会社だと思いました。自分の出した結果にここまでダイレクトに反映してくれる会社なのかと驚いています。」


――周囲の人たちは風俗の仕事に就いている事を知っていますか?

山崎 :「知ってます。むしろ聞かれたら隠さず話してます。合コンなどで話すと女の子には意外にウケが良いですよ(笑)」


――そうなんですか?今度私も試してみたいと思います(笑)。ところで記念すべき初出勤日に何を感じたか憶えていますか?

山崎 :「スタッフが少ないな...と思いました。1拠点でもワンオペがザラだったので、そこにショックをうけましたね(笑)スタッフが多い店舗はとにかく風俗を感じさせない普通のオフィスでした。何より雰囲気がとても良かったのを憶えています。」


――新人のスタッフ研修期間はどのくらいありましたか?

山崎 :「私が入社した頃はスタッフ研修は無く全てOJT(On-the-Job Trainingの略。現場で働かせながら従業員の教育を行うこと。)でした。配属先が新宿だったのですが、その当時は直接マネージャーからマンツーで仕事のやり方を教わってましたね(笑)今は研修制度が充実しましたので入社してくる新人スタッフさんは恵まれてると思います。概要からノウハウまでを教えてくれるのはシンデレラグループだけじゃないでしょうか?」


店舗では伝票チェックや受付・ドライバー業務もやります

――山崎さんの一日の仕事の主なタイムスケジュールを教えてください。

山崎 :「スタッフ研修のある日は主に本部でみっちり教育に入ります。

■研修がある日

12:00 研修スタート
15:00 昼休憩
20:30 研修修了
21:30 店舗到着
24:00 業務終了

■店舗での勤務時

11:00 1店舗目出社
17:00 遅番引き継ぎ
17:30 休憩
19:00 2店舗目到着
23:00 業務終了

店舗では伝票チェックや、スタッフが足りない場合は受付やドライバーなども行います。」

naka03.jpg

――この仕事をやっていてよかったと思う瞬間はどのような時ですか?

山崎 :「1つ目はお客様からお褒めの言葉を頂いた時。2つ目は女の子が徐々に輝き始めた時。3つ目は女の子が目標を達成して卒業した時です。」


――この仕事で一番「キツイ」と感じることは何ですか?

山崎 :「最初は拘束時間や休みが少ないのが辛いなと思いましたが、今は完全週休2日になりましたし時間も慣れたせいか気にならなくなりましたね。そんなにキツイと感じる事はないですね。」


――この仕事で一番「難しい」と感じることは何ですか?

山崎 :「女の子をプロデュースすることですかね。絶対に売れる!と確信してプロフィール書いたり写真の修正しても、全然電話鳴らなかったり。本指名の戻りがそんなに良くなくて、自分の教え方が悪かったかなと反省する時に難しいなと思います。」


――現在の給料に満足していますか?

山崎 :「私は以前から、転職する時に自分の年齢より高い給与で働くという目標設定をしています。現時点で超えているので満足してますね。」


必要なのは「対人スキル」

――自分のどんなところが評価されていると感じますか?

山崎 :「客観的に見るのは苦手なんですが(笑)おそらく対人スキル(主に営業力、交渉力)ではないかと思います。また、教育の部分でもある程度の評価は頂いていると思います。他社でも別の業種でもとにかく経験したものは財産です。私は前職で営業と総合職を経験していたので対人スキルは高いほうだと自負しております。」


――風俗の仕事でスタッフに求められるスキルは何だと思いますか?

山崎 :「1位 対人スキル 2位 交渉力 3位 PCスキル。それと失敗したことをくよくよせず、いつでも前向きに仕事に取り組める方がこの仕事に向いていると思います。また、とにかく様々なタイプの女性と接する機会が多い仕事なので、女性の気持ちが分かる人は出世も早い職種だと思います。つまり何よりも
"人ときちんと話が出来ること"
"相手の事を考えられるか"
が重要なファクターかと思います。」


――この仕事で使いこなせると有利なツールはなんですか?

山崎 :「体験入店などが急に入った時に写真を軽く修正するんですが、その時にフォトショップが触れると良いなと思いました。フォトショップに関して使いこなせるスタッフがたくさんいるのでテクニック等は色々と教えてもらえます。エクセルやワードは一般的な機能が使えれば問題ないと思います。」


――風俗業界の仕事は一生続けられる仕事だと思いますか?

山崎 :「人にもよりますが、出来る仕事だと思います。定年も無いですし、メンタルとモチベーションが続けば一生出来ると思います。そのメンタルとモチベーションを維持出来る人でないと厳しいですかね。」


――他の風俗店や風俗グループの動向は気になりますか?

山崎 :「サービスや業態では興味あるグループもあります。いつもアンテナ張っていないと、とは思いますね。」

naka04.jpg

――ところで、山崎さんは今でもプライベートで風俗は利用しますか?

山崎 :「よく利用します。勉強も兼ねて、ジャンル関係なく遊びに行きますね。風俗関係者はプライベートで風俗をじゃんじゃん利用するべきだと思います。そもそも遊んだ事が無ければお客様の気持ちはわかりませんし、業界の動向も分かります。ある意味勉強ですよ。」


――今後風俗に導入すべきだと感じるテクノロジーはありますか?

山崎 :「VR(バーチャル・リアリティ)は一過性になる気がします。そもそも仮想体験するぐらいならお店に来てほしい(笑)

風俗の面白さって実際に会うまでのドキドキ感だと思うんです。失敗しても次があるさーと(笑)絶対に失敗したくないって考え方も分かりますが、そのハズレやアタリの全て含めて「風俗遊び」だと思います。

また、AI(人工知能)が進化して女の子を選ぶサポートをしてくれるというのもどうかと思います。人間てその時々の感情やインスピレーションに左右される生き物だと思うんですよね。誰かに選んでもらうんでなく自分で選びたいですよ。それこそ下の世話までAIかと(笑)

どちらかと言えば、AR(拡張現実)の方が風俗関係者にとっては恩地があるかもしれないですね。ウェアラブルデバイスが進化すれば、AR技術を使って普通は出せない看板や情報を投影することが出来ますよね。

町中歩いていても、今この店はいくら割引してますよとか、すぐにこの子が行けますよとか、そもそも店がどこにあるのかとか。お客様にとっては情報量が増えるので、店を選びやすいと思いますし場所もわかりやすく親切ですよね。

18歳未満は見れない制限をかけるシステムとか作るの面倒そうなので、実現には時間かかりそうですけど(笑)」


近い将来は婚活風俗とか出来たら面白いなと(笑)

――未来の風俗は今とどう違うと思いますか?

山崎 :「かなり先の未来にはなりそうですが、セクサロイドとか出てきそうですよね。人間では無いので本番も出来るし少し無茶なプレイも出来る。ただし、一体数百万~数千万(高級車一台分)なので、一般家庭では買えない。そこでお店が購入し、お客様に提供するみたいな?

フルオーダーなので自由度上がるしキャストも疲れない(ロボなので)。回転させれば1年ぐらいで元取れると思います。ただし初期投資がとんでもない額になりそうだし、壊れたら修理出さないと行けないし費用はかさみそう。なので、やっぱり今とあまり変わってない様な気がします。

そもそも風俗のサービス自体が完成されてるんでしょうね。人間て寂しがり屋なので、生身の付き合いがないとどんどんダメになっていく。女性との接点を持つ場としては最高の社会勉強だと思います。

近い将来、少子化が進みすぎてどうしようも行かなくなった時に婚活風俗とか出来たら面白いなと思います(笑)」


――"風俗のサービス自体が既に完成されてる"というのは深い言葉ですね。ところで風俗で働き始めるとHに興味がなくなるという都市伝説は本当ですか?

山崎 :「エロに対する興味は尽きないです。ただ、視覚的に入る情報が鈍化したなという感情はあります。※毎日女の子見てますからね(笑)。」

naka05.jpg

――最後に、これから風俗の仕事を始めたいと思っている人に何か伝えたいことはありますか?

山崎 :「よく "風俗=いいかげん"とか "アウトローの寄せ集め" "社会の底辺"と考える方がおりますがそれは一世代前の話です。現在の風俗営業でいいかげんでは大成しませんし、アウトローなスタッフがいれば間違いなく店の評判は落ちます。

これからは "真面目な風俗"に沿った営業が重要になります。いいかげんな気持ちや軽い気持ちで働こうと思っているならば、それは大間違い。風俗だから採用されるだろう、所詮風俗という考えは捨ててください。」


――『風俗だから採用されるだろう、所詮風俗という考えは捨ててください。』という言葉は本当にその通りだと思います。
風俗の大先輩"たちが残してきた一昔前のイメージと現在の風俗の現場はかなり格差があり、マーケティング、デザイン、ライティング、プログラミング、SEO等、一般系と何ら変わりのない仕事を若いスタッフが日々行っている現場から「マイナス」のイメージなど一瞬たりとも感じることがないからです。
改めて山崎さん、今日は本当にありがとうございました。

山崎 :「ありがとうございました」


風俗業界で出世する方法

風俗業界への転職のススメ

風俗業界への転職に関する口コミと注意点

エステ会社から風俗業界へ

コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています

人気の職種

40
 

コラム