風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

大手風俗店・現役マネージャーが教える「売れる風俗嬢の育成の仕方」~面接編・前編~

 

「売れる風俗嬢の秘訣」と調べてみれば、たくさんのコラムや体験談がネットには無数にちらばっているのですが、「売れる風俗嬢の育成の仕方」というのは、調べてみたらなんと、あんまりってか・・「無い」ことに気がつきました!僥倖・・なんという僥倖っ・・・!

という訳で今回は、「売れる風俗嬢の育成の仕方」をちょっとだけ!ちょっとだけ!ぶっちゃけお金もらってセミナー開きたいレベルですが、文字に起こしてみようと思います。

内容は正直、風俗経験者かつ店長クラスの人向けになっちゃうと思いますが。

あ、真似して上手くいかなくても、一切のクレームは受付致しませんのでご了承下さいませ。

それでは「前編」行ってみましょう!

 

 「面接で全てが決まると言っても過言ではない!」

基本的に、すでに在籍中の女性をレベルアップさせるのが風俗嬢育成のメインとなりますが、自分の場合は少し違います。

本当に売りたい女性を育成するなら、最初の面接段階で、活躍できそうな女性にアピールし、女性に意識を持ってもらってから入店してもらってます。

逆に自分の面接をしてもらってるような感じですかね?

意識という言葉を入れ替えるなら、プレッシャーという言葉になりますが、プレッシャーはなにも悪いことばかりではありません。

「お店から期待されてるから頑張らないと!」という気持ちを持ってる女性が一つの店舗にどれだけ居るか分かりませんが、1人でも多いことに越したことはありません。

その方が先陣を切って活躍できそうな女性であれば、尚更です。

 

面接の待ち合わせの場所に行って、お顔を拝見し、一言二言、話した段階で僕はもう分かります、

「売れるな」って。

売れる女性というのは、まず「人として、しっかりしている事」が大前提です。

エッチな事がどれだけ出来るかの話の前に風俗も「接客業」なので、これは必要不可欠なポイントになります。

そして僕レベル・・いや、ある程度経験がしっかりある方であれば、女性が放っているオーラでこれは判断可能です。

嘘ではありません。

まだ判断が出来ないようであれば、申し訳ないのですが、ご自身のレベル上げに努めてください。

 

 「意識があるかないかは、この質問で大体判断できる」

さて、いよいよ面接です。

さっそくヒアリングをしていくのですが、「風俗経験の有無」によって聞くこともちょっと変わってきます。

今回は「風俗経験あり」の場合でお話をしてみようと思います。

経験年数や店舗数は特にあんまり気にして無いです。

たくさんの店舗を経験しているから、少ないから良い悪いという訳ではありませんからね。

 

ヒアリングの内容は、どこのお店のスタッフも聞いてるような事と、実はほとんど変わりません。

強いて言うなら「前のお店の、本指名数は、毎月何本ですか?」という質問を「前のお店の、本指名のお客様の人数は、毎月何人ですか?」と聞いてます。

この質問に対し、明確に本指名のお客様の人数が回答でき、かつ人数が10名を超えてる場合

「素質アリ」と判断します。

大衆受けするか、一部の層にだけ人気があるのか・・ですね。

その他ヒアリングが終了したら、本格的に、この女性を入店させるために、今度は自分のアピールを始めます。

 

「謙虚で賢い女性は素晴らしい!」

さて、「意識がある」と確認が済んだところで本題に入っていきます。

当グループもそうですが、いろいろなジャンルの風俗店がありますので、どのお店ならこの女性は活躍できそうか?というのを決めるのも重要な項目になってきます。

無いブランドは紹介できないので、100%当てはめるのは難しいのですが、

意識のある女性は自分の年齢や経験を考慮して、自分のレベルより少し低いお店・ジャンルを選んで応募してきます。

つまり「謙虚」なんです。

そして「賢い」のです。

「人として、しっかりしている事」が、このあたりでも浮き彫りになってくるのです。

 

という訳で、どこのお店にしようか~とこちらが悩んでる時間はあまり必要ないので、

「このお店のコンセプト・客層・求められるモノ・最近の傾向etc

このあたりをサラっとではなく、重点的に説明するのが個人的にとても大事だと思ってます。

あらかじめこのあたりがキチンと説明できれば、女性も今後勤務・接客する上で傾向を理解した状態でお仕事をしてくれますし、面接官のアピールにも少し繋がります。

ランカーの女性が少ない場合は「貴女が次のランカー候補だよ!」と話しちゃいます。

筆者がすごい!という訳ではありませんが、面接を私ほどキチンとしている風俗店は、かなり少ないと思ってます。

よく他社広告で「面接は15~30分程度で終わります!」と書いてあるのよく見ますが、そんなのでよく面接って言えるなと常々思っております☆

こっちは「たった1時間程度で」ありったけの熱量をどのくらい伝えられるか、必至こいてやってるんですけどね~

でもそれが自分の仕事だと思ってますし、曲げるつもりもありません。

 

「次回予告」

ここまでお読みいただき、ありがとうございますと言いたいところなのですが、まだ「前編」です。

次の「後編」でオチをちゃんとつけたいと思います。

さて次回の幹部ナビコラムは~?

 

・筆者、ネタ尽きる

・迷走しまくり後編

・シリーズが続くか不安 の、3本です。

 

後編もまた見てくださいね~♪じゃん!けん!チィィィィィィイィイイ!!!!!!

(後編はコチラ!)

 

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
HTMLコーダー募集中!