風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

意外と知らない? ビデオBOXってどんなところ?

ビデオBOX

ビデオBOXとは?

繁華街に出ると、様々なお店がある中で「ビデオBOX」と書かれた看板を見る機会がありますが、実際にビデオBOXを利用したことがある人は案外少ないことでしょう。

いわゆる風俗店ではないはずなのですが、どこか風俗的なニュアンスを持つためか、中にはどうも入りづらいとついつい敬遠してしまう人もいるでしょう。

 

しかし、ビデオBOXは利用の仕方によってはホテルよりも格安に宿泊でき、ネットカフェよりも快適に過ごすことができます。

さらにプライベート空間なのでちょっとした仕事もできてしまうというレンタルオフィスにもなりうるというマルチなスポットでもあります。

 

そもそもビデオBOXは何をする場所かというと、DVDなどの視聴をその場でできるお店。

利用者1名につき1部屋を貸して、店舗で用意しているDVDを時間内ならいくらで見放題というもの。

たいていのビデオBOXは宿泊することができるだけでなく、シャワールームなどの貸し出しも行っています。

宿泊する場合は途中退室も可能なので、食事を獲りに外に出て、睡眠はここで取るなど、まるでホテルのような使い方ができるのもポイントです。

 

貸し出されているDVDのほとんどはアダルト作品。

そのラインナップは最新作からマニアックなタイトルのものまでまんべんなく揃えていて、大手のレンタルビデオ店にも引けを取りません。

そんなDVDを時間内であれば何本でも見放題なのだからまさにお得。

お店によってはアダルトグッズの販売もあるのでお好みで使うこともできます。

 

また、店舗によってはパソコンを用意しているところも。

自宅のパソコンとほとんど同じなので、普通に動画を見たり、ネット検索で気になるお店を調べたりすることもできます。

さらに出会い系サイトやライブチャットともつながっているところもあり、備え付けられたパソコンを利用して普段できない出会いが楽しめることもあります。

それでいて宿泊しても13000円前後というリーズナブルな価格なのもうれしいところです。

 

ビデオBOXとネットカフェとはどう違う?

ここまでのビデオBOXの紹介を読むと、どこかネットカフェに近いものを感じる方も多いのではないでしょうか? 

DVDとマンガの違いはありますが、確かに1人につき1室を貸し出す上、リーズナブルな価格で宿泊できるというところもビデオBOXと似ています。

 

しかし、ビデオBOXとネットカフェを比べると、実は似て非なるものというのがわかります。

以下のところがビデオBOXのメリットと言えます。

 

完全個室

ネットカフェは一つの部屋にいくつか仕切りを作って、そのスペースを貸していることがほとんど。

壁などの敷居が薄く、また屋根がないため背が高い人だと部屋に入った際に隣が見えることもあり、そもそも動画や音楽を聴くときはヘッドフォンを付けなければなりません。

最近のネットカフェはアダルトチャンネルが充実しているため、無料で視聴できますがこの環境でアダルト動画を見るのは少し勇気がいりますよね。

 

しかし、ビデオBOXは完全個室が当たり前。

カラオケボックスの部屋のようなサイズの部屋が使えるので、音が他の部屋にもれる心配はありません。

そのため、アダルト動画も気兼ねなく見ることができますし、ひと抜きするのもOK

前述したとおり、ビデオBOXが受付でアダルトグッズを販売しているのもそのためです。

 

広々とした部屋

完全個室のメリットと通ずるところがありますが、スペース的な理由でネットカフェよりもビデオBOXは圧倒的に広いスペースを誇ります。

そのため宿泊するときはビデオBOXの方が優勢。

リクライニングシートでは寝づらいですし、腰がバキバキになるという方にもピッタリでしょう。

そのため、旅行先で宿泊費を抑えたいという方はビデオBOXをホテル代わりに利用するケースも多く見られます。

 

会員登録の必要がない

ネットカフェを利用する際、都内のお店では条例に基づいての会員登録が必要になり、初めてのお店だといちいち入会しないとなりません。

しかしビデオBOXの場合はそうした煩わしい会員登録の必要がなく、利用料金だけで楽しむことができます。

手軽に宿泊できるので、例えばお酒を飲んだ後にホテル代わりに利用するのもいいですね。

 

ただし、都内のお店でパソコンを使ってインターネットを利用する際は条例に基づく会員登録の必要が出てきます。

パソコンを使いたいという方の場合は注意が必要です。

 

ビデオBOXの客層は?

まるでちょっとしたホテルのようにも感じられるビデオBOX。

気になるのはその客層ですが……ビデオBOXの場合、客層はほとんど男性ばかり。

アダルトDVDの貸し出しがほとんどということもあり、女性はまず来ません。

そして年齢層も幅広く、30代から年配の方ですと60代以上の方もやってきます。

 

世代が幅広いため、アダルトDVDの品ぞろえも豊富。

ギャルものから熟女物まで多数用意されているのはそのせいです。

利用時間内であればDVDは好きに交換できますので、普段見ないジャンルのDVDも気兼ねなく見られるというのが魅力でもあります。

そもそも部屋に入れば一人きりの空間になるので、他のお客さんと絡むことはまずないので、安心して利用してください。

 

ビデオBOXの仕事内容は?

利用者からしたらホテルのように利用できるビデオBOXですが、働くとなるとどうでしょうか?

 

ビデオBOXで働く場合、ほとんどが店舗での受付となります。

お客さんが利用するDVDやアダルトグッズの管理や整理、そして部屋の清掃も仕事の一部。

DVDやグッズに関してはお客さんから好みのものを聞かれたりもするので、ある程度精通する必要があると言えるでしょう。

 

受付とは言え接客業なので、人と会話をするのが好きな人、コミュニケーション能力の高い人が望ましいのは確かですが、それ以上に重要なのがお客さんのニーズに応えられる人。

つまり、アダルトDVDなどの知識が豊富な方が有利と言えます。

また、清掃はほぼ毎日行うので、細かなところに気付く方も好ましいです。

 

まとめ

街中で見かける割にはなかなか行ったことがないという人が多いビデオBOXですが、調べてみるとホテル並みの快適さがあることがわかります。

どこか立ち寄りにくいイメージがあったかもしれませんが、リーズナブルな価格で宿泊できるため、終電を逃した方やちょっと一人で過ごしたいときにはピッタリと言えるでしょう。

気になる方はぜひビデオBOXに足を運んでみてください。

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

幹部ナビコラム編集長

三度の飯より風俗遊び。通った風俗店は数知れず。 風俗好きが高じ、現在「幹部ナビコラム」の編集長をしております。 風俗業界のあんなことやこんなことを、余すことなく発信していきます!


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!