風俗で嬢に差し入れすると「喜ばれるモノ」「ドン引きされるモノ」

風俗遊びにおいては、風俗嬢と親密な仲に慣れればそれだけ濃厚なプレイが楽しめるということで、女の子が欲しがるものを差し入れするという男性客もいます。

ただ女の子はサプライズに弱いとはいえ、中にはもらっても嬉しくないというプレゼントも。

果たして女の子たちは実際のところ、差し入れについてどう思っているのでしょうか?

プレゼント作戦は風俗嬢にも通用する?

ちまたの恋愛マニュアルなどでは「付き合う前のデート」のノウハウとして、「プレゼント」の有効性がよく挙げられていますが、

これを風俗遊びに応用して、女の子が好きなものや欲しがっていたものを差し入れとして渡すケースが見られます。

女の子からすれば自分のことを好いてくれて持ってきてくれたものだから当然断りませんし、表面上は喜んでくれるのがほとんど。

その反応を見た男性客も、喜びを感じることと思います。

 

ですが、実際のところ女の子たちはどう思っているのでしょうか?

もらって本当に嬉しいものならいいですが、中には逆に迷惑なものもあるはずです。

そこで以下では、「もらって嬉しいもの」「迷惑なもの(ドン引きするもの)」について、実際に風俗で働く女の子にヒアリングした内容をまとめてみました。

 

風俗嬢が思う、もらって嬉しい差し入れって?

まずは、風俗で働く女の子たちがもらって嬉しいと感じたプレゼントをご紹介。

 

お菓子

差し入れの定番中の定番と言えるのがお菓子。

最近はポータルサイトにおける写メ日記の普及もあり、女の子たちは頻繁にネット上で近況報告を行っています。

そこで写真付きで登場するお気に入りのお菓子や、ブログ内で「気になっています!」と言うスイーツなど、女の子が欲しいと思うお菓子がピンポイントにわかることでしょう。

 

女の子の好みにもよりますが、何も一流店の限定スイーツのように手に入りづらいものでなくてもOK

コンビニでカンタンに手に入るものでしたら、お店へ行く前に買っていくことも可能ですし、出張などでおみやげを買って行くというのもいいでしょう。

ほとんどの女の子は甘いものには目がないですし、また風俗のお仕事は体力勝負なところもあるので、甘いものは休憩中のリラックスタイムに最適と言えます。

 

ただ、お菓子なら何でもいいと言うわけではありません。

ポテトチップスなどの大きなお菓子は一度に全部を食べ切るのは難しいですし、手が汚れるので衛生的に気になってしまうと言う女の子もいます。

反対に小さなサイズのお菓子ならバッグに入れられるので、持ち運びがカンタン。

そう考えると、小分けにしてありかつ手が汚れないお菓子がオススメと言えるでしょう。

 

飲み物

せっかく差し入れをするのだから、その場で食べたり使ってみたりしてほしいものですが、即効性がある差し入れと言えば飲み物でしょう。

風俗のお仕事は体力勝負なところがあるため、とにかくのどが渇くのだとか。

そのため女の子は待合室などに飲み物を置いておくのですが、1Lの紙パック飲料が多く、中には2Lのミネラルウォーターを買ってくる子も。

一般的なサイズである500mlのペットボトル飲料1本で済ませる女の子の方が、少数派とも言えます。

 

特にM性感で働く女の子たちは、オプションで「聖水」サービスをするためか、普通の女の子たちよりも人一倍、水分補給に敏感です。

AV女優の話ですが、かつて「潮吹きクイーン」の異名を取った紅音ほたるさんは撮影時、大量の潮を吹くため水分補給に余念がなく、撮影時には2Lサイズのスポーツドリンクを大量に用意して撮影に臨んでいたと言うエピソードがあります。

AVと風俗とでは少々事情が異なるとはいえ、風俗の世界で働く女の子たちにとって飲み物は必要不可欠なもので、また消耗品だけにいつ渡しても喜ばれるものと言っても過言ではないでしょう。

 

この時のポイントとしては、なるべく香料が少なく、匂いが残りづらいものを選ぶこと。

受付最終の時間なら特にこだわることはないですが、まだ次のお客さんがいる場合には、飲み物のニオイを消すために歯磨きをしたり、うがいをしたりするなどの口臭ケアの手間が生じます。

このような女の子への負担を減らすためには、ミネラルウォーターやお茶などがいいでしょう。

 

また、差し入れで持って行くときの飲み物のサイズは、女の子たちが出勤前に買ってくるような大きなものではなく、一般的な500mlのペットボトルでOK

また、ワンサイズ小さい330ml程度だと飲み切りやすいのでオススメです。

特にお茶(日本茶)はカフェインの効果で利尿作用が働くため、M性感で働く女の子たちも愛飲していることがほとんどなので、喜ばれること必至です。

自分の差し入れたお茶を飲んでもらった後、聖水プレイを楽しむこともできます。

 

お客様の気持ち

これは素人系のお店で働く女の子で特に多い回答のひとつ。

「自分のことを考えて、プレゼントを選んでくれること自体が嬉しい」
「私に会うために時間を作ってくれているだけで十分。プレゼントまで選ぶ時間はもったいない」

と言うように、風俗で働きだしたばかりの女の子は自分に自信を持てない子が多く、わざわざ時間を割いて私に会いに来てくれたという行為自体が嬉しいと感じるようです。

こうした子とのお遊びの際は、女の子との会話を普段以上にして癒しの時間を楽しみましょう。

風俗嬢もドン引き!? 血の気の引いた差し入れは?

基本的に女の子たちはもらったものは何でも喜びますし、しっかりとお礼を言ってくれます。

ですが、中には「これどうしよう…」と困ってしまう差し入れも残念ながらあるようです。

 

ぬいぐるみ

女の子たちのブログ等を見ると、かわいらしいぬいぐるみの写真をアップしている様子が目立ちます。

風俗で働いているとは言え、彼女たちも普通の女の子。

ベッドにお気に入りのキャラクターのぬいぐるみを飾ったりもしますし、中には抱き枕のようにして一緒に寝たりする子もいます。

 

それだけそのキャラクターが好きなら、いっそぬいぐるみをあげれば喜ばれるのでは?と考えてしまいますが、実際は反対。

女の子たちはお店から自宅まで戻る際に、そのぬいぐるみを持ち歩かないといけませんし、さらにぬいぐるみはカバンなどにも入りきらないことがほとんど。

 

また、悪質な男性客になると、ぬいぐるみに盗聴器などを仕込むという方もいるため、警戒してしまうという女の子もいます。

金額が金額だけに、せっかくあげたのに喜ばれないというのはあまりに残念なので、敬遠しておいた方がいいでしょう。

 

指輪、ネックレスなどのアクセサリー

風俗へ遊びに来る男性客の中には女性経験の少ない方もいます。

オクテな彼らは女子と接する機会があまりなく、風俗で働く女の子に優しくされるとついつい好きになってしまうことも。

疑似恋愛を楽しめるのも風俗遊びの魅力のひとつとも言えますが、女性経験が少ない方になると、女の子のことが好きすぎてついつい高額なプレゼントを差し入れてしまうのだとか。

その中でも代表的なものは、指輪やネックレスなどのアクセサリーです。

オシャレな女の子が多いだけに、アクセサリーをもらうこと自体は嬉しいとは思いますが、さすがに彼氏でもない方からもらうとなると少し気が引けるもの。

さらに、指輪やネックレスにはそれぞれ女の子たちの好みのデザインやブランドがあるので、それに合致していないものとなると付けにくい、と言うのが正直な感想と言えるでしょう。

 

中には「常連客の数人に同じネックレスをプレゼントさせて、余ったのをメルカリで売る」と言うちょっと世慣れている女の子も。

これではせっかくプレゼントしたのに真意が伝わらず残念な思いをすることになります。

 

手作りのお弁当

先ほど、お菓子や飲み物といった「消えモノ」は差し入れとしては喜ばれることが多いと紹介しましたが、そうした飲食物の中でも不評なのがお弁当。

特に料理が得意であることをアピールするために、女の子のためにわざわざお弁当を作ってくるという女子力の高い男性客がいます。

これはかなり痛いです。

理由は書くまでもありません。

 

まとめ

以上、風俗で差し入れするには何が適切かについて書いてみました。

単純に差し入れと言っても、喜ばれるものとそうでないものがあることがわかると思います。

女の子とより親密になるために差し入れをするのは得策と言えますが、ほとんどの女の子はそんなことを期待していませんし、あげたところでプレイの内容が変わるわけでもありません。

 

そう考えると、余裕があるときにジュースを1本プレゼントするくらいがちょうど良いかもしれません。

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukushimax

野球やギャンブルを愛するフリーライター。共著ながら本の出版経験多数あり。2016年にシンデレラグループ横浜店で遊んだ際に、女の子から当コラムの仕事を紹介され現在に至る。風俗大好き。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!