風俗遊びには欠かせない!? オプションとは?

風俗で遊ぶ際、ほとんどのお店ではオプションを使うかどうかを尋ねられます。

追加料金はかかりますが、ケチらずに支払うと、通常ではまずお目にかかれない大きなバイブや電マ、さらにAVの世界でしか見たことがないような特殊な器具まで使いたい放題。

プレイの幅が広がって、より楽しく遊ぶことができるでしょう。

そんな風俗遊びには欠かせないオプションについて調べてみました。

風俗のオプションとは?

風俗におけるオプションとは、基本プレイ以外で男性客の好みによって追加されるプレイのこと。

ほとんどの場合、オプションを注文するごとに追加料金が発生し、女の子のお給料に反映されます。

女の子によってはNGのオプションもあるので、詳細はプロフィールをよく確認する必要があります。

具体的に風俗のオプションというと、以下の3つに分けられます。

 

着衣系オプション

いわゆる、コスプレがこのオプションにあたります。

イメクラなどでは、基本サービスに組み込まれている場合がほとんどです。一般的なヘルス店では女の子がランジェリー姿で待っていたり、下着姿で待っていたりするのが常ですが、制服スクール水着ナース服などでプレイできるというのはマニアにはたまらないものでしょう。

一方、郊外のホテヘルになると反対にノーパンやノーブラの状態で対面するというオプションが存在するお店もあります。

Mっ気の強い女の子の場合は普段からこうした状態になることがないため羞恥心をあおることになり、プレイに熱が入るのではないでしょうか。

 

道具系オプション

最もポピュラーなオプションがこれ。

基本プレイは原則、何も道具を使わずに行うものですが、それだけでは味気ないということでアダルトグッズなどの道具を取り入れるようになりました。

定番と言えば、やはりローター電マです。バイブなんかもポピュラーなものだと言えます。

最近では簡単に手に入るものもあり、使い慣れている方もいると思いますが、風俗店にあるバイブなどのアダルトグッズはAVで見られるようないわば“プロ仕様”。中には一般ではあまり販売されない高額なグッズも取り扱っているケースも見られます。

そのため、単にプレイを盛り上げるために使うのではなく、買うかどうか迷っていたグッズをお試し感覚で女の子に使ってみたい方のニーズにもハマっています。

ちなみに女の子サイドの意見としては、

「自分が持っているグッズよりも立派なオプションの電マでオナニーしてみたい」

「自分で買うのは恥ずかしい大きなバイブであそこをいじってもらいたい」という声も。

女の子のプロフィール等を見ると好きなオプショングッズが記載されていることがあるので、それに合わせて選ぶとよりプレイの幅が広がることでしょう。

 

行為系オプション

基本プレイに記載されていないプレイはすべてこれに該当します。

例えば、一般的なヘルス店では基本サービスにキスや全身リップ、フェラや素股がついているケースがほとんどですが、オナクラの場合は男性客がオナニーをするのをただ見ているだけというのがデフォルト。

これでは味気ない。女の子に手でしごいてほしい、もっと言えば乳首を舐めてほしいといったもっとディープなプレイをしてほしいという欲求が沸いてきます。

そうした欲を満たすのが、この行為系オプションです。

具体的には顔面騎乗足コキなどのプレイから、顔射ごっくんといったザーメンを使うプレイ、さらにSMクラブの世界では聖水黄金といった女の子の排泄物を使用するプレイもあるので、かなりマニアックなオプションとも言えます。

道具系や着衣系のオプションとは異なり形がないので、女の子によってはプレイの認識の違う場合もあります。オプション料金を支払う前に基本プレイの内容を確認しておくことが肝心と言えるでしょう。

 

お店次第でこんなオプションも!?

ひとくちに“オプション”といってもその種類が様々というのは前の章でわかったと思いますが、性癖とは男性の数だけあるもの。

それだけに様々な個性あるオプションを生み出すお店もあります。

ここでは「こんなオプションがあるんだ!」と筆者が驚いたものを厳選して紹介したいと思います。

 

アオザイ(着衣系オプション)

ベトナムの民族衣装として知られるアオザイ

チャイナドレスをベースにした絹のドレスでスリットから見える脚や途中からはみ出る脇腹がセクシーな衣装なのですが……まだそこまで知名度が高くないせいかあまり日本には出回らず、華やかなパーティードレス用のアオザイになると1万円を超えることもザラ。

着回しすることがほとんどの風俗店からしたらあまりに高額な衣装なので、用意しているお店が少ないというのが現状ですが、実際に調べてみるとイメクラではアオザイなどの民族衣装を用意しているお店もありました。

バストがある程度大きい子が着るととてもセクシーな衣装なので、グラマーな女の子を指名した際にはぜひ着せて遊んでみてください。

http://www.anihiro.net/
アオザイのオプションがあるお店

 

ファッキングマシーン(道具系オプション)

ファッキングマシーンと言われてもピンと来ない方もいると思いますが、ハード系のAVなどで女優さんを固定して責める際に使うドリルバイブを指します。

電動でただひたすらにディルドをピストンさせて女の子のあそこを突く……女の子が泣き叫ぶことに嗜虐性をあおられるSっ気の強い男性ならば、一度はやりたいプレイのひとつに挙げられることでしょう。

女の子の体調面を考えると、さすがにこの手のハード系のオプションは取り扱わないお店がほとんどだと思っていましたが、SMクラブの一部ではファッキングマシーンをオプションで取り入れていました。女の子にズボズボと突いて楽しみましょう。

反対に、ファッキングマシーンを使って女王様に責めてもらうパターンのオプションも存在します。

アナルを責められることに快感を覚えるM性の強い方なら、ぜひ一度お試しあれ。

https://ranking-deli.jp/40/shop/15385/599870/
ファッキングマシーンが使えるお店

 

盗撮プレイ(行為系オプション)

近年、問題になっている盗撮

再三ニュースになっているのでご存知だと思いますが、日常生活でやってしまうと社会的な信用を失うとともに、人生を棒に振るほどの大事になります。

しかし、その一方で得られる快感は無限大。

もし許されるならばやりたい、と思う方もいるでしょう。

そんな欲望を満たす盗撮プレイができるお店も風俗にはいくつかあります。

主にイメクラで利用できるこのオプションは、とにかくシチュエーションが大事。

女性更衣室で女の子が着替えている様子や、トイレでオナニーをしている姿を撮影するなどして楽しめます。

ほとんどのお店では女の子の顔をうつさないことを条件に許可しているので、自身のスマホ等で撮影してお持ち帰りすることも可能。後日、オナニーのオカズにもなることでしょう。

これ以外にも様々なオプションがあるのが風俗の世界。気になるものは検索してみるといいかもしれませんね。

https://ranking-deli.jp/8/shop/8263/
盗撮オプションがあるお店

https://www.cin-gr.jp/column/2018/05/fuzoku-tosatsu.html
風俗業界は盗撮にどう立ち向かうべきか?

 

実録・風俗オプション全コース付きで遊んでみた

男性の数だけオプションは無限にあると言える風俗の世界。

ですが、いろいろなオプションを試してみたいという欲求に駆られたことは誰もが一度はあることでしょう。

実際に筆者もその一人。

性欲が爆発しそうになった時、とある風俗店が行っていた“オプション全部載せコース”というのを体験してきました。

これをやったのは半年前のこと。場所は都内のデリヘル店でした。

通常のプレイ料金に2万円をプラスすることでオプションはすべてOKというもので、受付は2時間コースから可能。

ちなみに、できるオプションは以下のものでした。

麻縄
ロウソク
ローションプレイ
アナルプラグ
エネマシリンジ
店外デート
コスチューム
パンティー持ち帰り
パンスト破り
ペンライト
ボンテージテープ
首輪
リモコンローター
飛びっこ
大バイブ
大アナルバイブ
電動アナルパール
特大浣腸器200ml
開口マスク
猿轡
ボールギャグ
アングルワイダー
鼻フック
洗濯ばさみ
電マ
特大バイブ
即尺
顔面発射
AF
クスコ
肛門鏡
アナルバルーン
イチジク・牛乳・グリセリン浣腸
剃毛
乗馬鞭
スパンキングラケット
イラマチオ
飲精
尿顔シャワー
飲尿
口紅を使ってのボディペインティング
スカトロペインティング
アイマスクなしの写真・ビデオ撮影

ごく一般的なデリヘルでここまでできるとまるでSMのようですし、中には「2万円支払うだけでできるんだ」と驚くようなプレイもチラホラと。このクオリティに驚いてボーナスをつぎ込んだ覚えがあります。

器具が器具だけに、全部を女の子が持ってくるのかと思いましたが、先にホテルに入って待っていると、ドライバーを務めるスタッフがホテルの部屋確認を兼ねて各種器具を持ってきました。

ボストンバッグ3つなのでさすがに女の子には持たせられないという判断でしょうが、ここまで大掛かりなことになるとムラムラしていた筆者もなんだか申し訳ない気持ちになっていきました。

グッズを全部部屋に運び終えた後、このスタッフに料金を支払うと間もなく女の子がやってきたのですが……会った途端に驚くばかりのビジュアル

お店のホームページでのプロフィールによるとウエストサイズは58と記載されていましたが、85の誤植かな? という感じすら漂うほどのがっしりとした体形の女の子がやってきました。

名前を聞いても筆者が指名した女の子と同じ名前で、かすかに面影がある程度ではありますが、目の雰囲気はプロフィールのものとよく似ていました。

いわゆるパネマジと気付くのにはさほど時間がかかりませんでしたが…何のために高額なプレイ料金を支払ったのかわからなくなります。

当然、プレイ自体も盛り上がりに欠けるものになってしまいました。それでも高額なプレイ料金の分は楽しもうとしましたが、結果使ったものは電マとボールギャグと特大バイブとイラマチオのみ。

思えば、シャワーの時間含めて2時間のプレイでは3~4つ使うのが精いっぱい。本当は写真くらい撮ろうかと考えていましたが、タイプではない女の子だったので断念。結果的に普通のデリヘルプレイに終始しました。

ちなみに筆者が使ったオプションを合計すると、1万2000円程度。写真撮影を追加していても完全に元を取り損ねています。

目先の欲に惑わされて計画的にオプションを利用できなかったことで、お金も時間も無駄にするという残念な風俗遊びになってしまいました。

 

風俗オプションのまとめ

いかがでしたか?

自身の欲求を満たすのに最適なオプションを使うのは一番ですが、筆者の体験を考えると、あるだけあればいいのではないことがわかると思います。

たくさん種類があるからこそ、自分がしたいプレイ、そして計画的に利用することが賢い風俗遊びにつながるといえるでしょう。

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukushimax

野球やギャンブルを愛するフリーライター。共著ながら本の出版経験多数あり。2016年にシンデレラグループ横浜店で遊んだ際に、女の子から当コラムの仕事を紹介され現在に至る。風俗大好き。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!