風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

恋人気分を味わえる!? 風俗嬢との店外デートについて

風俗で働く女の子たちの中には、あなたのタイプにピタリとハマる子もいることでしょう。ときにはその女の子のことが好きになり、「デートしてみたい」「お店の外でも会ってみたい」と思うことも。

風俗の世界ではお店の外で男性客に会うことを、店外と呼んでいます。

そもそも店外をするにはどうしたらいいのか、風俗店のルールに反しているのかどうか…ここでは店外について掘り下げて解説していきます。

風俗嬢との店外って、そもそもOKなの?

風俗嬢との店外って、そもそもOKなの?

風俗が好きな方には様々なタイプがいます。

単純に自分の性欲を発散するためにお店にやってくる人もいれば、新人の女の子ばかりを狙って初々しいプレイを楽しむ方もいます。

さらに、気に入った女の子をずっと指名し続けて楽しむ方も。中でもこのタイプの方はプレイを楽しむだけでなく、女の子との会話や一緒にいることで満足する疑似恋愛を楽しむ傾向があるようです。

例えプレイ時間内だけでも、好きな女の子とずっと一緒にいたいというのは男性ならば誰もが一度は思うことでしょう。

ほのかな恋心を抱くというのは人間なら誰もが経験すること。むしろ最近の若い男性は女の子と二人きりになってもプレイを一切することなく、ただ会話だけで終わるというカウンセリングのような感覚で来店する方も増えています。

草食男子という言葉が数年前から世間で語られるようになりましたが、そうした傾向が顕著に表れている事例と言えるでしょう。

彼らの特徴として当てはまるのが、特定の女の子にしか入らないこと。人気のある・なしは関係なく、気に入った女の子と会話がしたいわけですから、別の子にはまず入りません。

そのため、女の子の出勤日のチェックには余念がなく、事前に予約をすることは当たり前。中には「次の出勤日はいつですか?」とお店に確認するほど熱意のある男性客もいるほどです。

キャバクラ感覚で風俗店に通う彼らが次に期待するのは、店外デート

キャバクラの世界では女の子たちが出勤前に男性客とともに食事や買い物などのデートをしてから一緒に出勤し、オープンと同時にお店で再開するという同伴出勤というシステムが存在します。

同伴出勤は、男性客側からしたら女の子とデートを楽しめますし、女の子側からしたらお客さんをお店に連れてきたことでインセンティブが付くためお給料が上がるなど双方にメリットがあります。

店外デートはキャバクラで働くほとんどの女の子が行っていますが、果たして風俗の世界にも存在するのでしょうか? 

先に答えを言いますと、ほとんどのお店ではそうしたシステムは存在しません。

キャバクラで働く女の子たちは、男性客に次回指名して欲しいがために、電話番号入りの名刺を渡したり、電話番号を交換したりするなどの“営業”を日常的に行っています。

風俗店の場合、ほとんどはそうした連絡先交換を禁じていますし、店外で会うこと自体を禁じているお店もあります。

風俗遊びの経験者なら、女の子から名刺をもらったことがある方もいると思います。

ですが、思い出してみてください。

彼女たちからもらった名刺の裏に電話番号やLINEのアカウントが記されていたことはありましたか? 大抵は女の子の名前とメッセージ、そして出勤日の予定が記さているだけだと思います。

そのため、風俗の世界では店外は事実上不可能といっても過言ではありません。

 

実録・筆者の店外体験談

 

風俗で働く女の子たちとの店外は不可能と書きましたが、実は筆者は1度だけ女の子を彼女の自宅近くまで車で送っていったことがあります。

風俗店でいかに禁止にしても本番行為をする子がいるのと同じで、女の子によっては店外も連絡先交換もOKということもあります。

それは数年前のこと。場所は横浜・関内にある箱型ヘルスのお店でした。

当時、このお店にルックスもプレイもストライクの女の子がいて、筆者は毎回のように指名してはしっかりとヌいて帰っていました。

この女の子には月12くらいのペースで会っていました。さすがに向こうも顔を覚えてきますし、年齢も近いためか3回目以降はもう友達感覚でお話ができるように。次第にお互いの身の上話や時には個人情報スレスレの話題にまで広がっていきました。

そんなある日、いつものようにプレイ後に会話を楽しんでいると、話の流れで女の子がどこに住んでいるかという話になり、何と最寄り駅が筆者の住んでいる街の隣駅ということが判明しました。

それだけでもすごい縁を感じる話でしたが、「筆者さんって今日もクルマで来ていますよね? そしたら送ってくださいよ!」となんと向こうから誘ってきたのです。

たまたま、筆者はこの日、彼女の出勤ラスト枠に入っていて、いつものように車で来ていました。ちなみに外は大雨。彼女が「送って」というのも無理はありません。

ですが、お店のルールで店外デートと連絡先の交換は禁止されています。なので、送りたいのはやまやまですが、バレたらどうしよう……という怖さは当然あります。

それで濁そうとしていたら、彼女がスマホを取り出して、筆者の電話番号を聞いてきました。番号を教えると、彼女はすかさず筆者のスマホへとワン切りします。

「これが私の番号なんです。

今から着替えてだから30分くらいかかっちゃうけど…待っていてもらえませんか?」

図らずとも彼女の方から番号を教えてくれるという意外な展開にドギマギしながら、OKを出すと女の子は安心したのか、飛び切りの笑顔で筆者にお礼を言って、部屋から送り出してくれました。

普段ならお店からアンケートの記入を求められるのですが、一刻も早くお店から出たい思いでいた筆者は記入を断り、すぐに待ち合わせ場所に指定されたコンビニに行きました。

その30分間、雑誌を立ち読みしていたのですが、いろんな雑念が入り混じっていたので手に取った雑誌なんてほとんど覚えていません(笑)。

そうして30分後、女の子がやってきました。普段ランジェリー姿しか見たことがなかったので私服姿は新鮮でしたが……本当にあの子?と思うくらいに地味なもので、街中で見たらまず気付かないレベルでした。

女の子の最寄り駅までは、車で20分程度です。

その間はコンビニで買った飲み物やチョコを食べながらのドライブデート♪を期待しましたが、女の子は車内ではずっと他の男性客やお店の悪口ばかりをマシンガンのようにしゃべり続け、とてもデートといった甘い雰囲気は皆無。

まるで旧知の友人に愚痴を聞いてもらうかのようにずーっと会話をするので、毎回のように癒されていた筆者もこれには辟易しました。

結果的に最寄り駅まで女の子を送り届け、当然のように感謝はされましたが……筆者の心の中で何かが変わってしまったのか、それ以来、彼女に入ることはなくなりました。

せっかく教えてもらった電話番号も消去。後日、彼女から連絡が何度か来ましたが、無視しているうちに来なくなりました。

風俗で働く女の子は、お店で見るからこそ美しいのだと感じてしまった体験でした。

 

店外したいときって、どうやって連絡先を聞き出すの?

店外で連絡先を聞くには

筆者の体験は極めて残念な結果に終わりましたが、店外自体は意外とできることがわかったと思います。

もちろんお店にバレたら出禁レベルの一大事なので決してオススメはしませんが、「それでもオキニの女の子とデートしたい!」という熱意のある方に向けて、どうしたら店外できるかのコツを体験を交えて紹介したいと思います。

 

女の子との信頼関係を築く

基本中の基本と言えるのがこれ。誰でもそうだと思いますが、電話番号などの個人情報を見ず知らずの人にすんなり教えるなんて危険なことをする方はまずいないでしょう。

風俗で働く女の子たちもそれは同じです。

初めて入った男性客にいきなり番号を教える女の子はほぼ皆無。仮にいても、それは容姿やプレイなどが原因で人気がない女の子が、1人でも常連客を得ようと営業用に教えてくるだけではないでしょうか。

風俗で働く女の子たちの多くは初めて会う男性客とは緊張するものです。

そこで緊張を解きほぐすように会話をするムリなプレイをしないなど、女の子に対して性欲処理のモノではなく人として接してあげることで信頼関係を築き、何度も通って仲良くなることが肝心です。

 

しつこく聞かない

いくら仲良くなったと思っても、女の子にとってあなたはたくさんやってくるお客さんの1人に過ぎません。

人気がある女の子になると1日に10人程度のお客さんと会うことも。そうなると、あなたは決して特別ではないだけに連絡先を聞いてもすんなり教えてくれる子は少ないでしょう。

だからこそ、連絡先を聞くときはあくまでスマートに。「教えられない」と断ってきたのなら、ヘンにすがらずに諦めることが肝心です。

それ以降、全くその話に触れなくなると、女の子の方から教えてきてくれることも。まるで童謡「北風と太陽」のようなお話ですが、しつこく聞かないというスマートさも大切です。

 

電話番号を聞くときの2つのパターン

電話番号を聞くときのコツですが、これはあくまでシンプルに。

会話をしていくうちにお互いの趣味や好きな食べ物などから共通項が見つかることでしょう。「○○がおいしいお店があるから今度行ってみようよ」と誘って、女の子があなたに気持ちがあれば教えてくれるはずです。

ただ、これはあくまでモテる男性の成功パターン。女の子の方も男性客に好意を抱いていないと成功しません。

そのため、もっと確実と言えるのが女の子の出勤日をピンポイントで狙い撃ちをする作戦。

「君に入りたいけど予約がなかなか取れないから、出勤日だけ僕に先に教えて。仕事をそれに合わせて行動するから」という理由でサッと聞いてみると、教えてくれる女の子は意外と多いです。

ただし、この場合、女の子と店外デートする前に女の子が指定してきた出勤日に数回入っておく必要があります。

店外をするためには何よりも根気が必要なのです。

 

風俗嬢との店外デートまとめ

いかがでしたか? お店側ではNGにしている店外ですが、やろうと思えば案外簡単にできてしまうのがわかると思います。

決してオススメはしませんし、仮にできても残念な思いをするかもしれませんが…それでもやってみたいという方は自己責任でお試しください。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukushimax

野球やギャンブルを愛するフリーライター。共著ながら本の出版経験多数あり。2016年にシンデレラグループ横浜店で遊んだ際に、女の子から当コラムの仕事を紹介され現在に至る。風俗大好き。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
HTMLコーダー募集中!