風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

ガールズバーとは? 料金やキャバクラとの違いを解説!

女の子とワイワイ飲みたいけど、キャバクラみたいに同伴出勤とかするのは面倒――そんな方に人気を集めているのがガールズバー

その名の通り、女の子がバーテンを務め、スタッフもほぼ女性。そのため、一人の女の子だけでなく、うまくいけば複数の女の子と話ができると人気を集めています。

そんなガールズバーについて、まとめてみました。

ガールズバーとキャバクラって何が違うの?

どうせ飲むなら、男性同士より女の子と一緒がいい!

男性ならそう思いますよね。

デートで飲むのはもちろん、お店でセクシーな衣装を着た女の子を隣にはべらせて飲むお酒は格別です。だからこそ繁華街には女の子と楽しく飲めるお店が多数存在し、人気を博しています。

女の子と会話をしながら飲めるお店として、古くからあるのがクラブです。銀座にある高級クラブになると座っただけで数万円、ホステスさんを指名したら青天井まで料金がかさむため、お金持ちの娯楽と認識されています。

それよりもっとカジュアルに楽しみたい方に人気なのがキャバクラ。女の子が隣についてくれて、楽しく会話をしながら飲めることで人気です。

女の子たちも商売なので自分を指名して欲しいためにアフターに付き合ってくれることもありますが、その見返りに同伴出勤など、ホステスの売り上げに貢献することが求められます。

そのため男性はお金がかかるだけでなく、せっかくお金を使ったのにたいしたデートもできず、身体も触らせてもらえないと不満を抱く方も多いようです。

「もっと気軽に女の子と飲みたい」……そんな男性の欲望を満たしてくれるお店があったらいいのに!

そんなニースに応えるべく登場したのが、ガールズバーです。

働いているスタッフは、バーテンダーもウエイトレスも女の子。あくまで店員と客の立ち位置なので、女の子に気を遣うことなく、気楽に飲める特徴があります。

一見、クラブやキャバクラと大差なさそうに感じられますが、最大の違いは女の子が隣に座るかどうか

クラブやキャバクラでは、指名でもフリーでも、男性客1人につき女の子が必ず1人はソファの隣に座ってくれて、会話をすることができます。

ガールズバーの場合、席というシステム自体が明確になく、女の子が男性客に張りつく感じではありません。

イメージとしてはスナックが一番近いのですが、スタッフの女の子と会話するのはカウンター越しかオーダー時のみ。ずっと自分だけについてくれるわけではないので、疑似恋愛を楽しみたい方には不向きでしょう。

そんなガールズバーがなぜ人気なのかと言えば、それでも最低限の会話は楽しめるから。

キャバクラでは隣に座ってくれた女の子としか会話できませんが、ガールズバーの場合は店内にいる複数の女の子としゃべることが可能です。ずっと一人と会話をするよりも大勢の女の子としゃべりたい方にはピッタリと言えます。

そもそも、キャバクラとガールズバーとで女の子の対応がなぜ違うのかはお店の業態に関係しています。

キャバクラは風営法第22項第2号の接待遊飲営業に該当しますが、ガールズバーはあくまで深夜酒類提供飲食店にカテゴリ分けされています。

堅い言葉なのでわかりづらいですが、簡単に言うとキャバクラは接待行為(=女の子が男性客の隣について会話)はOKだけど、深夜営業はNG

一方、ガールズバーはショットバーなどと同様、深夜営業ができる代わりに女の子が接待行為をすることは禁止されています。ですから、ガールズバーは深夜しか遊べない方にも人気があります。

また、女の子の服装も異なります。

キャバクラの女の子たちは気合を入れてドレスを着たり、ヘアメイクをバッチリ決めたりしては華やかに着飾ります。

ガールズバーの場合、コスプレはせいぜいイベント時だけで非常にカジュアル。中には制服はなくて私服着用のお店もあり、友達の家に遊びに行ったような感覚で気軽に飲めるのも人気の秘密です。

料金にも大きな違いがあります。キャバクラで飲むお酒と言えば、特に注文しない限りはウイスキーか焼酎を薄めて飲むのが普通。さらに、女の子のドリンクは別料金で支払う必要があります。

ガールズバーなら、最初から自分の飲みたいお酒を注文できます。女の子にお酒を飲ませてあげることもできますが、キャバ嬢ほどガツガツしてこないので、財布に優しいのもガールズバーの魅力と言えるでしょう。

 

実録・ガールズバー体験談

気軽に飲めるガールズバーですが、行ったことがない方にはどんな様子かわからないと思います。

そこで、筆者がガールズバーに行った時の体験談を紹介します。

筆者は社会人になりたての頃、先輩たちに連れられてキャバクラなどをよく飲み歩いていました。

ですが、キャバクラは自分にはどうもピンとこず、アフター後の見返りが面倒なこともあってあまり寄り付かなくなりました。そんな時に地元の駅近くにオープンしたガールズバーの噂を聞きつけ、仕事帰りに行ってみたのです。

そのガールズバーは雑居ビルの中にありました。

いかにもアングラな雰囲気でしたが、いざ入ってみると、店内はいたってカジュアル。店員さんはほとんど私服で、気軽に「いらっしゃいませ!」と明るく接客してくれます。

客層も30代~40代前後の男性が多く、中には50代の中年男性や女の子同士で来ている客もいました。

このお店はショットバーのように座って女の子と会話をするシステムで、カウンターがコの字型になっているのが特徴。カウンター内に女性スタッフが34人ほどいて、入れ代わり立ち代わり会話をしてくれるスタイルです。

料金表を見ると、客のドリンク代は1800円程度と普通のバーと同程度。一方、女の子に飲ませたい時はキャストドリンクを注文するのですが、こちらはどのお酒も1,000円でした。

女の子のドリンク代の方が高いことにちょっと納得いかなかった筆者は、自分が飲めばいいと思い、最初は自分のお酒だけをオーダーしていました。

しかし、周りをよく見ると、自分の飲み物を頼んだ後は女の子の分も頼んであげるのがデフォルトのようです。これを見た筆者もすぐに考えを変え、自分がオーダーした後に慌てて女の子のドリンクをオーダー。この時点で1,800円を費やしていました。

しばらくすると女の子が自分と筆者のドリンクを持ってきて、乾杯と同時に会話がスタート。

会話は女の子主導で「どこに住んでいるんですか?」、「お仕事はどんなことをされているんですか?」と内容はいたって普通でした。

当時20代前半だった筆者はなかなか会話を広げられず、ただ質問に答えるのが精いっぱい。でした。当然、会話が楽しくないと女の子はすぐに他のお客さんのところに行ってしまいます。

これでは楽しくありません。盛りあがるにはどうしたらいいか――悩んだ筆者が出した結論は、どんどんお酒を飲むこと。酔いに任せれば女の子との会話も弾むと考え、オーダーのたびに女の子にお酒を注文し、会話の流れをとにかく繰り返しました。

ようやく気持ちよく酔っぱらってきたのは入店から2時間が経過した頃。やっとエンジンが掛かってきた筆者でしたが、ふと料金表を見て愕然としました。

実はガールズバーにはドリンク代だけでなく、キャバクラと同じくセット料金が存在したのです。

このお店のセット料金は302,000円というものでしたが、キャバクラと違って時間が来たことをスタッフが教えてくれず、自動延長となっていました。

この時点で、延長料金もあわせてセット料金だけで10,000円。さらにオーダーするたびに女の子にお酒をおごり、それを5セット行っていたため、飲み物代は計9,000円。

これにサービス料10%と消費税5%(当時)が加算されて支払いは締めて20,000円オーバーです。普通にキャバクラで飲むのと同じか、それ以上の金額になってしまいました。

これがキャバクラなら好きな女の子を独占できますが、ガールズバーの場合は多くの女の子と話ができる分、特定の子と話せる時間はごくわずか。

当然、アフターの楽しみなどありません。ヌキもないのに20,000円以上の大金を支払う羽目になってしまい、青くなって店内を出てきました。

ガールズバーでは女の子と上手に会話し、ドリンク代をいかに抑えないとリーズナブルに遊べないと思い知った筆者は、それ以来ガールズバーに一度たりとも足を運んでいません。

 

ガールズバーを楽しむにはどうしたらいい?

筆者の情けない体験談を読むと、会話ができないと楽しめないと思うかもしれませんが、トークスキルさえあれば安く遊べるのがガールズバーです。

ガールズバーで働く女の子たちはコンビニでバイトするくらいの感覚で、キャバ嬢よりもハードルが低いと言われます。

そんな女の子たちを落とすにはどうしたらいいのか。筆者の友人の証言をもとにアドバイスをまとめると、こうです。

・ファッションは清潔感が第一
・会話は相手に合わせるべし

たった2つだけ? と思うかもしれませんが、実はかつての筆者はこれで玉砕しました。

当時の筆者はスーツ姿でしたが、毎日着ていたものなのでヨレヨレ。しかも美容院に行く手前だったため、髪の毛はボサボサと非モテ男子そのものでした。

女性は清潔感のある男性が好きなのに、これでは致命的です。今にして思えば、だからこそ面倒なので飲ませるだけ飲ませてお金を使わせようと判断したに違いありません(笑)。

友人に言わせれば、好感度の高い服は高級品である必要はなく、パリッとした白シャツにジーンズくらいのものでOKとか。テレビドラマに出てくる大学生くらいのファッションが最適とのことでした。

もう1つのポイントが、相手に合わせた会話。筆者のように相手にリードさせる会話ではなく、こちらが女の子をリードする会話が大事だそうです。

例えば、早い段階で女の子と自分の趣味に共通点を見つけるといいとか。音楽が好きな子ならミュージシャンの話、映画が好きな子なら最近見た映画など、女の子が食いつきそうなネタを見つけることがポイントとのことです。

最近はSNSが普及しているので、twitterやブログなどで自分の情報を発信している女の子もいます。来店前にそうした情報をチェックしておくと効果的とのアドバイスでした。

ホントかよ? と疑うことなかれ。その友人の現在のカノジョは、元ガールズバーの店員さん。それを聞けば納得するところがあるのではないでしょうか。

 

ガールズバーのまとめ

いかがでしたか? ハードルが低いようで、実は玄人向きとも言えるガールズバー。

遊び慣れた方ならばキャバクラよりも安い値段でハイパフォーマンスが望めます。一方、女性との会話を慣れたい方に練習の場としても最適。一度行ってみると楽しいかもしれませんよ。

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukushimax

野球やギャンブルを愛するフリーライター。共著ながら本の出版経験多数あり。2016年にシンデレラグループ横浜店で遊んだ際に、女の子から当コラムの仕事を紹介され現在に至る。風俗大好き。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!