風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

風俗で本番はダメ、絶対!……ってどうして? その理由を徹底解説

この世に男と女と風俗がある限り、永遠のテーマである“本番”問題。

やってはいけないとは聞いたことがあるけど、NGと言われると余計やりたくなるのが男の哀しい性(さが)――。

そもそも、どうして風俗で本番はダメなのという「そこからですか?」の疑問から、本番したらどうなるのかという具体例まで……風俗最大のタブー、“本番”について詳しく解説します!

風俗店で本番行為が禁止されている根拠は「売春防止法」

まず、はっきり断言しておきます。

風俗では「本番NG」! これ、日本の常識です。

 箱ヘル(=店舗型へルス)が盛んだった頃は、お店の壁に「本番厳禁。違反したら罰金100万円」なんて威圧的な貼り紙があって、カウンターに規則を破った輩の顔写真が貼り出されていたのをよく見かけたものです。

時は移り、今やデリヘル全盛時代。スタッフの監視が届きにくいホテルや自宅などでサービスが行われるようになったことで、本番リスクは以前よりも増しています。

 正直、男として「本番したい!」という気持ちは理解できなくもありません。密室で全裸になってイチャイチャしていれば、ヤリたくもなるというものです。でも、ダメなものは絶対ダメ。なぜかって? それは法律違反だから。

 風俗店で本番、つまりセ○クスをすることは「売春防止法」で禁じられています。

昭和3241日に施工された売春防止法(略称「売防法」)には下記の文言が記されています。

売春を助長する行為等を処罰するとともに、性行又は環境に照らして売春を行うおそれのある女子に対する補導処分及び保護更生の措置を講ずることによって、売春の防止を図ることを目的とする(第1章総則 第1条)

「不特定多数の相手方」――ここがミソです。男性客がオキニ嬢を「俺だけの恋人」だと思っていたとしても、女の子側にとっては哀しいかな「不特定多数」の中の一人。どんなに言い訳しても、風俗店での本番は単なる売春行為に他ならないというわけです。

 大切な商品である女の子を「キズモノ」にされるわけですから、本番行為をされたお店が怒るのも当然です。しかし、お店が荒ぶる理由はそれだけではありません。

 売春防止法には「売春場所を提供する業や、管理売春業に要する資金等を提供する行為等」をすると処罰の対象になると、はっきり書かれています(第13条)。

 つまり、女の子がお客と本番したことがバレると、お店が摘発されてしまうわけです。そりゃ「罰金100万円」と言いたくもなりますよね。いや、営業停止処分になることを考えたら、100万円ではむしろ安すぎ(?)というものです。

 運よく摘発をまぬがれたとしても、現代はSNSで簡単に情報発信できる時代ですから、ブログなどにうっかり書かれたりしたらお店にとっては大打撃。「あの店は本番できる」なんて悪い噂が拡散したら大変です。

 そうなると、本番目当てのタチの悪い男性客が集まってきてしまいます。すると女の子の質がガグンと落ちて、ひいてはお店の質が下がってしまいます。目先の欲望だけにとらわれず、風俗業界全体を考えた場合、本番しても得なことはありません。

 

健全かつスマートに遊べばお客も女の子もお店もWIN×WINに!

 本番と言えば、風俗の王様・ソープランドはどうなのでしょうか?

 ソープランドの場合、女の子と男性客は”自由恋愛”が建前となっています。そもそも建前で言うならソープランドは風俗ではなく、風呂屋(だから、入浴料が必要なのです)。

 つまり、ソープランドはあくまでも湯女が身体を洗うサービスをする場所。でも密室に全裸の男女がいたら間違いが起きても仕方ありません。そこは大人の自由恋愛なので、お店側は一切関知しません――これがソープランドの本番事情というわけ。ずるいですね(笑)。

 お店は女の子と直接、雇用契約を結んでいるわけではありません。”業務委任契約”といって個人事業主(つまり、フリーランス)として雇っています。だから本業(つまり、風呂屋)以外のサービスで女の子が客とコトに及んでも、そこは自己責任という理屈なのです。

 本番というキーワードから“裏風俗”を連想する方もいるかもしれませんが、もちろんこれは論外です。そもそも裏風俗自体が違法なので、むやみに近づくと危険な目に遭います。ぼったくりも多いので、どうしても遊びたいなら“自己責任”ということで!

 いずれにせよ、風俗遊びは健全なのが一番。間違っても本番強要なんてしてはいけません。スマートに遊べば、女の子からのサービスも良くなって結局は得します。女の子もお客もお店も、皆がWIN×WINになれるわけです。

 風俗で健全に遊びたいなら、お店選びにこだわることも重要です。それには、大手の優良グループがおすすめでしょう。

 なぜなら、大手グループ店は教育が行き届いていて法令順守を徹底しています。スタッフの意識も高く、女の子を大切にしています。だからサービスの品質が良く、本番なしでも気持ちよく遊べるんです。

 それでもどうしても“挿入”にこだわりたいなら、オプションでAFを選択してはいかがでしょうか。法律ではお尻の穴は性器と見なされてないので、アナルセ○クスは合法。正々堂々、本番感覚を味わうことができますよ。

 

ラッキー? アンラッキー? 風俗嬢から本番を誘惑してくる心理4つ

さて、風俗での本番の是非についてここまで説明してきました。でも、中にはまだこんな反論をする人もいるかも知れません。

 「女の子から誘ってきたらどうするの? その場合はOKなんじゃないの?」

 いえいえ、違います。例え女の子から誘ってきたとしても、売春は売春。男ならここはグッとこらえて「自分を粗末にするなよ」とクールにキメたいところです(笑)。

 確かに、女の子から本番を誘ってくるというケースもまれにあります。禁止されているのに自ら本番を申し出るなんて、なぜだろうと思いますよね。

 理由としては、まず“手抜き”が考えられます。一日に何人ものお客にサービスすれば、風俗嬢も疲れてきます。中には「フェラより本番の方が楽」「素股で腰を振るのがしんどいから、いっそ挿入して」と手抜きに走る女の子もいるのです。

 「次回、また指名してほしい」という理由で、タダで本番を許してしまう女の子もいます。指名されると指名料をゲットできるだけではなく、リピート率があがりますから、それだけ稼ぎがアップします。こうした行為は、基盤と呼ばれます。

 基盤とは反対に、円盤と呼ばれる本番行為もあります。円盤の“円”は日本円の“円”。つまり、追加料金をもらって本番させる行為をこう呼びます。目的はお小遣い稼ぎであるのは言うまでもないことです。

 かなりレアですが、女の子からの“逆ナン”というケースもあります。風俗嬢も人の子。お客が自分の好みのタイプだったからムラムラした……なんて話もごくまれに聞きます。

 女の子に本番を誘われるなんて羨ましい? そう思うかも知れませんが、前述の通り、風俗で本番しても得することはありません。

 生挿入なんてもってのほか。万が一、妊娠させてしまったら責任問題です。それに、生は病気のリスクも高くなります。女の子にもお客にも、いいことなしです。

 もちろん、スキンを装着すればいいという単純な話でもありません。本番しているのがバレたら、お店が営業停止処分を食らってしまいます。女の子は仕事を失い、お客は遊ぶ場所を失う……どちらにとっても悪い結果となってしまうわけです。

 もしも風俗店で女の子から本番を誘われたら「ラッキー♪」と思わず、そのお店はダメなお店だと思った方がいいかもしれません。簡単にヤラせてくれる女の子がいるお店は、あまり質が高い風俗店とは言えないでしょう。

 

風俗で本番はダメ、絶対! まとめ

日本がこれほどの風俗大国に発展した理由は、一体何でしょうか。それは、間違いなく非本番だったからです。本番禁止という制約がある中で、どうにかして擬似本番的な快感を得ようと創意工夫を重ねたからこそ、素股などの多彩なプレイが開発されたわけです。

 どうせ風俗で遊ぶなら、本番なしでもお客様に満足してもらえるように営業努力しているお店を選びましょう。その方が、きっと風俗の本当の醍醐味を味わえるはずですよ。

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

幹部ナビコラム編集長

三度の飯より風俗遊び。通った風俗店は数知れず。 風俗好きが高じ、現在「幹部ナビコラム」の編集長をしております。 風俗業界のあんなことやこんなことを、余すことなく発信していきます!


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!