風俗の王様・ソープランドの遊びかた

数ある風俗遊びの中でも最高峰に位置付けられているのが、ソープランド。

一般的な風俗店よりも料金が高額な店が多い一方、通常の風俗店では体験できない本番ができるため、風俗好きな男性から高い支持を集めています。

全国各地にソープランドが密集しているエリアがあり、地域ごとに風情を楽しめるのも人気の要因です。

今回はそんなソープランドについて調べてみました。

ソープランドの歴史

風俗の王様という異名を持つことでも知られるソープランド。表風俗の中では唯一、本番行為ができる風俗店です。

ソープランドは店舗型の業態で営業しており、個室には湯船があることで知られています。

ところで、ソープランドにはなぜ湯船があるのでしょうか?

江戸時代には吉原遊廓などで男性客を取る遊女の他に、風呂屋女と呼ばれる裏遊女屋なども数多くいました。

今で言えば、立ちんぼの女性が銭湯の前で待っている状態で、かつての日本では売春はごく当たり前の光景だったのです。

ところが明治時代になると、日本の売春制度は海外の外交官たちから非難されるようになりました。

売春婦は次第に姿を消し、それと同時期に誕生したのがソープランドの前身であるトルコ風呂です。

トルコ風呂は、中東地域の伝統的な公衆浴場をヒントに日本に持ち込まれたと言われています。そこでは、蒸し風呂で女性が男性にマッサージを行っていました。今でもソープランドの個室に湯船やサウナが置かれているのは、この名残なのです。

日本にトルコ風呂第1号店ができたのは、1951年。以降、トルコ風呂は年々拡大の一途をたどります。

当初は女性が着衣のままマッサージをするだけでしたが、次第に過激になっていき、やがて女性が裸になって男性のペニスを手コキする“スペシャルサービス”=通称:おスぺが導入されると人気が爆発。

1958年に制定された売春防止法により赤線(公認の売春地帯)が廃止されたことで、その界隈で売春行為をしていた女性たちがこぞってトルコ風呂で働くようになりました。

この頃から、トルコ風呂は現在のソープランドのように最後までできるようになった(つまり本番できるようになった)と言われています。

もともと中東文化の公衆浴場であるハマムをモチーフにしたトルコ風呂でしたが、やがてトルコ=本番の代名詞となっていきました。

これに激怒したのが、在日トルコ人でした。自国の名称が風俗のジャンルになっているのですから、怒るのも無理もない話です。

そして1984年、東京大学のトルコ人留学生が当時の厚生省に名称変更を申し出たことで、国会でも問題化。公募の結果、トルコ風呂はソープランドに名称が変更されたというわけです。

ちなみにこのトルコ人青年が厚生省に抗議した際、通訳として担当したのは現・東京都知事の小池百合子でした。

トルコ風呂からソープランドに名称が変わっても、営業形態が変わることはありませんでした。ソープランドは今も本番ができる風俗として知られています。

現在、ソープランドの新規出店は条例によって規制されています。そのため、デリヘルなどに押されて、店舗数は減少の一途を辿っているようです。

 

ソープランドの種類

高額と思われがちなソープランドですが、一般的なヘルスと同額か、もっと安く遊べるお店も存在します。

ソープランドの料金形態はお店の格式で異なり、主に高級店中級店大衆店と分類されています。

それぞれのランクについて説明しましょう。

 

大衆店

プレイ時間は45分から60分前後で、一般的なヘルスとほぼ同じ設定。

そのため、プレイ料金は高くても20,000円程度とソープランドの中では格安です。中には10,000円を切るお店も存在します。

女の子の質は安かろう悪かろうで期待できないと思われがちですが、実際にはマ○トプレイなどを省いたソフトサービスをウリに、20代前半の若くて可愛い女の子を揃えているお店もあります。

合法的に本番行為ができるヘルスと考えれば、納得の金額設定と言えるでしょう。

 

中級店

プレイ時間は90分から120分と少々長め。女の子のクオリティは大衆店より高い店が多いようです。

サービスを楽しみたいお客が大衆店よりも多く、プレイ時間が長い分、2回はヌケるのも魅力です。

そう考えれば130,00050,000円前後のプレイ料金は悪くないと言えます。

 

高級店

プレイ時間120分以上と長くなります。

料金は50,000円以上と高めですが、それだけ払って遊ぶだけに女の子のクオリティは最高級。中には現役AV女優が在籍しているケースもあります。

女の子の容姿だけでなく、プレイも超一級品です。

高級ソープのサービスを代表するものに「即即プレイ」があります。即即とは「即尺、即ベッド」の略。個室に入室後、シャワーを浴びずにいきなりフェラチオサービスを受け(=即尺)、その流れでベッドでの本番プレイになだれ込みます(=即ベッド)。

ちなみに、高級店ではスキン(コンドーム)を着用することなく挿入でき、中出し可能な店も少なくありません。こうしたサービスはノースキンの頭文字をとって「NS」(エヌエス)と呼ばれています。

また、高級店はプレイ時間が長くてゆったりできるため、マ○トプレイも充実。テクニシャンのソープ嬢が多く、泡踊りなどのサービスもたっぷり楽しませてくれます。さらに、浴槽でフェラチオしてくれる潜望鏡といったハイレベルなサービスもほとんどの女の子が可能。入浴タイムも無駄にすることのない濃厚プレイは、まさに高級店ならではです。建物も広く豪華なので、まさに王様になったような気持ちになれることでしょう。

 

このように、ひとくちにソープランドといっても、料金形態によってプレイ内容はまちまちです。

本番行為だけを楽しみたいならリーズナブルな大衆店。極上の女を抱いて、ゆったりした時間を過ごしたいなら高級店と、目的別に遊べるのもソープランドの特徴と言えるでしょう。

 

実録・ソープランド体験談

筆者も過去にソープランドに通い詰めた経験があります。

川崎・堀之内にある6015,000円の大衆店でしたが、さすがに毎回通っていると飽きてくるものです。

そんな折、当時の同僚から「高級店のソープランドはプレイ内容が違う」という話を聞き、人生初の高級ソープランドへ突撃してみることにしました。今回はその時のお話です。

遊びに行ったのは、吉原。当時勤めていた会社は上野にあり、吉原の最寄り駅である鴬谷には電車で1駅という好立地でした。

ボーナスをもらった12月半ば、180,000という超高級店を予約しました。ネット上で掲載されていた写真はモザイクがかかってない珍しいもので、どの子も芸能人のような可愛いルックスです。

筆者は当時大好きだった女優の矢○亜希子似の20代前半の姫を指名しました。

電話で予約した際、上野駅から吉原まで送迎してくれるとのアナウンスが。予約時間に上野の待合せ場所に行くと、黒塗りのベンツが筆者を待っていてくれました。

これだけでも高級感が漂いますが、お店はさらにゴージャス。床一面が赤いカーペットで覆われ、壁はまるで高級旅館のよう。イスはクッションが柔らかく、用意されたお茶は金粉入りという派手さでした。

待つこと5分。女の子のご案内です。

2階に上がると、本当に矢○亜希子のようなルックスの女の子がいました。しかも、会って早々にディープキスしてくる大サービス。いきなりのキスに驚いた筆者は個室に入る前からペニスがビンビンです!

個室では彼女のプレイはさらにエスカレート。三つ指を突いて挨拶を終えるなり、筆者のベルトを緩めてズボンを下ろして即尺開始です。濃厚な舌遣いで、あと少しで発射しそうになるほどじっくり舐めてくれました。

その後、ようやく洗体タイム。筆者の腕を取り、あそこの毛をたわし替わりにして摺りつけながら洗ってくれます。体を密着させているため、柔らかなおっぱいがニュルニュル当たっていい気持ち!

湯船に浸かると、彼女は「ここでしゃぶりたい」と言って、筆者の腰を浮かせました。そして、水面から顔を出したペニスをパクッ。これが筆者にとって潜望鏡初体験でした。

お風呂から出た後は、ベッドプレイです。

指入れで責めると潮を吹き、その後は攻守交替してバキュームフェラ。それが終わるといよいよ挿入ですが、女の子はなんと筆者のペニスにコンドームを付けずに挿れようとしてきました。

思わず「ええっ!?」と驚きの声を挙げる筆者に、女の子は「私は中出しもサービスですけど、お兄さんはどうします?」と臆せず言い放ちます。

どうやらNSは女の子独自のサービスのようでしたが、さすがに病気が怖くて普通にゴム付きをリクエストしました。

ドッキングすると騎乗位でガンガン動いてくれて、あっという間に射精。完全マグロ状態の騎乗位で射精したのは、筆者の長い風俗経験でもこの時だけです。

1回の発射で筆者は満足でしたが、女の子はすぐに「2回戦に行こう!」とノリノリ。まだペニスが元気になっていないのを見ると、マ○トプレイを提案してくれました。

筆者をマ○トに寝かせ、ローションを塗りたくってあらゆるプレイをしてもらったおかげでペニスは復活。

結果、150分のプレイ時間で筆者は3回戦まで抜いてフィニッシュ。時間いっぱいまでペニスをしゃぶったりいじったり、終始楽しませてくれて大満足でした!

 

ソープランドのまとめ

いかがだったでしょうか? 

ソープランドは料金によってランクが異なり、プレイの質もかなり違います。

筆者は高級店で80,000円支払いましたが、考えてみれば3回ヌいたので、1発に付き26,000円程度。ホテル代がいらないことを考えるとデリヘルと大差なく、意外とコスパがいいと言えます。

高額を使うのは抵抗あるかもしれませんが、普段お目にかかれないレベルの女の子に会える可能性もあります。たまには奮発してソープランドで遊んでみるといいかもしれませんよ!

【風俗の種類】風俗11種類の違いを初心者にもわかりやすく解説

日本一のソープ街・吉原の遊び方 その歴史と現在

中日本・西日本最大のソープランド街! 金津園の遊び方

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

fukushimax

野球やギャンブルを愛するフリーライター。共著ながら本の出版経験多数あり。2016年にシンデレラグループ横浜店で遊んだ際に、女の子から当コラムの仕事を紹介され現在に至る。風俗大好き。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!