風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

【大人のおもちゃ】女性を悦ばせるアダルトグッズの使い方や道具選び

エッチする時のお助けグッズに便利な【大人のおもちゃ】。風俗店のオプションにもあるので、一度は利用した経験があるはず。

普段は何げなく使っている人が多いかも知れませんが、実は大人のおもちゃって奥が深いのです。

種類がたくさんあって何をどう使えばいいか迷ってしまうし、使い方をちょっと間違えたら女の子を悦ばせるどころか痛くさせてしまうことも。

そんなことにならないためにも、今回は大人のおもちゃの上手な使い方や選び方、知っておくと得する豆知識などをお届けします。エッチライフの参考にどうぞ!

大人のおもちゃはジョークグッズ? アダルトグッズやラブグッズとどこが違う?

よく聞く“大人のおもちゃ”という言葉ですが、他にも呼び方は色々あります。

性玩具、性具、淫具、アダルトグッズ、ラブグッズ……etc.

このうち、性玩具、性具、淫具は“大人のおもちゃ”をそのまま言い換えたもの。一方、アダルトグッズは大人のおもちゃだけでなく、エッチに関するグッズ全般を指します。

具体的に、アダルトグッズには下記のものがあてはまります。

・ポルノ写真やエロ雑誌
・AV、エロ電子コミック、アダルトゲーム
・官能小説、抱き枕、春画(セックスを描いた浮世絵)
・大人のおもちゃなど

つまり、厳密には大人のおもちゃはアダルトグッズという範ちゅうの一部となります。

また、ラブグッズは、女性向けアダルトショップがアダルトグッズをソフトに言い換えたもの。本来はアダルトグッズ全般を指すものですが、ラブグッズ=大人のおもちゃの意味で使われているケースが多いようです。

このように呼び方だけでもややこしい大人のおもちゃですが、そもそもなぜ「おもちゃ」なのでしょうか?

実は、医薬品医療機器等法において性具は医療用具に分類されています。そのため、本来なら製造販売には医薬品医療機器等法の許認可が必要です。

医薬品医療機器等法第2条第4項には

医療用具」とは、人若しくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人若しくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等(再生医療等製品を除く。)であつて、政令で定めるものをいう。

との項目があり、政令が定めるものとして別表に「性具」が明記されています。

また、裁判所は性具を下記のように法解釈しています。

人が性交若しくは性交類似行為(自慰を含む)に際し性感の刺戟、増進ないし満足のために性器に付着あるいは接触させて使用することを目的とする器具(1975年11月25日東京高等裁判所判決)

しかし、医薬品医療機器等法の認可を得るのはハードルが高く、現実には医療機器製造販売業・製造業の承認を得ていない事業者が大半です。そのため、これらの器具は医療機器の「性具」ではなく、あくまでも「おもちゃ」「ジョークグッズ」との建て前で販売されているわけです。

最近の大人のおもちゃはかなりお洒落なデザインですが、以前はバイブレーターを“電動こけし”と呼び「民芸品」として扱っていました。丸い先端部分にこけしの顔が描かれたバイブに見覚えがある方もいると思います。

これなども法規制を逃れるためのアイデアでした。現在でもドンキなど量販店のアダルトグッズコーナーではあくまでもジョークグッズとして、パーティー用品などの一種と同じ玩具扱いで販売されています。

 

大人のおもちゃにはどんな種類があるのか(男性用グッズも紹介!)

大人のおもちゃには色んなバリエーションのグッズがあります。女性用だけでなく、男性用や男女兼用のグッズもあって、その使い方も様々。

大人のおもちゃにはどんなものがあるのか、ここではその種類をご紹介します。

 

バイブレーター(女性用)

振動によって快感を与える性具。ペニスの形を模した棒状タイプと、カプセル型の2種類あります。

一般的に「バイブ」と略される場合は棒状タイプを指し、主に女性器を刺激するために使われます。

バイブは振動の仕方によってさらに色々な種類があります。

 

・うねり・首振りタイプ

棒状部分をうねらせて刺激を与えるタイプ

 

・三点タイプ

棒状部分の先端と、本体付け根に設けた二つの突起で三点責めできるタイプ。本体部分の突起は肛門とクリトリスを同時に刺激するように作られています。

 

・パールタイプ

内部に無数に詰め込まれた真珠状の小球が動くことで、刺激を与えるタイプ。

 

棒状ではなくカプセル型のバイブレーターは「ローター」と呼ばれます。かつてはピンク色のものが主流で「ピンクローター」と称されていました。最近はカラーバリエーションが増え、お洒落なデザインのローターが増えています。

ローターは、有線タイプとワイヤレスリモコン式のタイプに分かれます。ワイヤレスリモコンタイプの代表的なローターに『飛びっこ』(下の写真)があります。

 

ディルド(女性用)

見た目はバイブと似ていますが、振動しないタイプはディルドと呼ばれます。張形(はりがた)とも呼ばれ、日本では飛鳥時代にはその原型が存在したとも言われています。

両端が挿入可能な「双頭ディルド」もあり、こちらはレズビアンによく使われています。

 

電マ(女性用)

 

電動マッサージ器の略。本来は大人のおもちゃではなく、一般的なマッサージ器具として使われていました。

大人のおもちゃと同様にみなされるようになったのは、AV作品などで女性の陰部を責めるグッズとして使われたことがきっかけだと言われています。

 

真空ポンプ(女性用)

乳首用とクリトリス用の2種類あります。

乳首用はもともと妊婦用の搾乳器でしたが、責め具として応用されるようになりました。

クリトリス用は「クリキャップ」と呼ばれます。クリトリスを吸い出して、刺激を与えるために使われています。

 

アナル責めグッズ(男女兼用)

肛門を刺激するために使う男女兼用のグッズ。主に下記のようなものがあります。

 

・アナルバイブ

肛門に挿入できるように通常よりも先端が細く作られた棒状のバイブです。カプセル状になったアナルローターもあります。

 

・アナルパール

真珠状の球体を複数つけた肛門挿入用器具。数珠を模した「アナルビーズ」もあります。

 

・アナルプラグ

肛門に栓をするためのグッズ。アナル栓とも呼ばれます。肛門拡張プレイに使われるほか、浣腸をした後に排泄を我慢させるため肛門に挿入して使います。

 

拘束具(男女兼用)

身体を拘束して自由を奪うためのグッズです。主にSMプレイに使用します。縄やロープをはじめ、アイマスク(=目隠し)や手錠、手枷(かせ)足枷など色々なものがあります。

 

オナホール(男性用)

女性器を再現した筒状の容器。男性がオナニーで使用します。膣に相当する穴(=ホール)が膣口の反対側(子宮側)まで貫通している「貫通型」と貫通していない「非貫通型」に分かれます。

単に挿入するだけのタイプから電動式で刺激が得られるタイプまで様々で、価格も数百円~数万円まで色々あります。

 

ラブドール(男性用)

女性型のセックス専用等身大人形。ダッチワイフとも呼ばれます。素材はビニール製からシリコン製まで様々。主に女性器部分にオナホールを装着してセックスを楽しみます。

最近ではAI(人工知能)を内蔵し、人格を備えて会話が可能なロボット型セックスパートナー「セックスボット」と呼ばれるタイプも登場しています。

 

エネマグラ(男性用)

前立腺をマッサージして刺激を得るためのグッズ。「エネマグラ」はその商品名です。本来は勃起不全や前立腺障害解消用に使用する医療機器でした。

前立腺を刺激することによって射精をともなわない絶頂(ドライオーガズム)が得られ、その快感は女性のオーガズムに近いと言われています。

 

三種の神器【バイブ・ローター・電マ】を使いこなすには

大人のおもちゃの代表的なグッズであるバイブ、ローター、電マを使いこなすにはどうすればいいのか。そのコツをご紹介します。

 

バイブの使い方や選び方

バイブはもともと女性のヒステリー症状を治療するためのグッズとして19世紀後半にイギリスで開発されました(当時、ヒステリーは子宮のうっ血が原因と考えられてマッサージ治療が施されていました)。

バイブを使う時は女性の膣に合うサイズのものを選ぶことが大切です。特に初心者の場合、AVのようにいきなり極太バイブはNG。

女性の膣口が無理なく開くのは、処女の場合2.5cmぐらい、非処女では4.0cmぐらいだと言われています。ですから、バイブの太さは直径3.5cmからせいぜい4.5cmぐらいを選ぶのが理想的と言えるでしょう。

もっとも、膣口は分娩時には9.5cmまで広がる機能を備えており、妊娠を経験した後は5.5cmくらいまで無理なく広がるようになると言われています。相手が経産婦の場合、様子を見ながら太めのバイブを試してもいいでしょう。

挿入の際は衛生面を考えてスキンを被せた方がベターです。ローションをたっぷりつけて最初は弱めの振動でゆっくり挿入していき、膣内部が緩んできたところでピストン運動をするのがコツです。

 

ローターの使い方や選び方

ローターは棒状のバイブよりも小型で可愛いデザインのものが多いため、女性から人気のグッズです。

ローターにも色々なタイプがあります。

最もポピュラーなものは、小さなタマゴ型ローターとコントローラーがコードで繋がったシングルタイプでしょう。

他に、ローターが2個付いてクリトリスと乳首を同時に刺激できたりするダブルローター、棒状になっていて膣に簡単に挿入できるスティックローターワイヤレスリモコン付きのタイプなど。用途によって、それぞれ使い分けるのがポイントです。

ローターを使う際はいきなり肌に直接あてるのはなく、まずは下着越しに間接的に使って反応を見るのがベターです。

慣れてきたら、ローターとクリトリスの間に自分の指を挟み、指の小刻みな振動でクリを刺激するのも上級テクニック。

また、普通にあてがう以外にも、コードを手に持ってローターをブラブラさせながら股間などにあてがう振り子愛撫法も有効です。不安定なローターが股間に不規則なタイミングで触れるのが一種の焦らし効果となり、いつも違った快感を与えることができます。

 

電マの使い方や選び方

電マはもともとマッサージ器具。大人のおもちゃとして開発されたものではないため、いきなり女性を気持ちよくさせることは初心者には難しいかもしれません。

ですが、AVなどを観てもわかる通り、電マの威力は絶大です。一度電マの快感を知ったらもう他の性具では物足りなくなってしまう女性もいるほど。電マをマスターすれば、女体を自在に操れるようになるといって過言ではありません

電マは刺激が強いため、まずはバイブレーションを弱めにしておき、下着越しに触れるか触れないかのソフトタッチで愛撫するのがコツです。その際、電マだけではなくバイブやローターも同時に使うとより効果的。

また、電マにも色々なサイズがあるので、相手によって使い分けるのも重要ポイントです。大まかに分けて、ヘッド部分の直径が40~49mmのミニタイプと50mm以上の通常タイプがあります。

サイズだけでなく、タイプによって振動パターンなども異なったりするので、色々試して相手にフィットするものを選びましょう。

 

大人のおもちゃはどこで買えるのか? 購入する際の注意点は?

大人のおもちゃ屋さんと言えば、ちょっと前までは見るからにいかがわしい店がほとんどでした。

しかし、最近は明るい内装でカップルでも入りやすい店も増え、イメージは以前より確実にアップしています。

とは言え、やはり人目につく街なかで大人のおもちゃ屋を利用するのは恥ずかしいと入店をためらってしまう人は多いと思います。

そんな人はインターネット通販を利用するのが一番です。インターネットで検索すれば、大人のおもちゃ専門のネットショップはたくさん見つかります。

大人のおもちゃのネット通販店を選ぶ際にはいくつかポイントがあります。

 

・郵便局留め、または配送会社留めにできるか

送り先を家にしてしまうと、家族にダンボール箱を開けられるリスクがあります。局留めなどにしておくのが安全です。

 

・送り状の商品名は変えられるか

よほどの大人のおもちゃマニアでもない限り、送り状に商品名を明記するべきではありません。ほとんどのアダルトネット通販では、商品名を変えられるようになっています。

大抵は「パソコン部品」などと書かれていますが、別の商品名を希望することもできます。ただし、遠方から空輸する場合、商品名によっては飛行機に載せられないケースもあるので(化学薬品名など)注意が必要です。

 

・発送元の名前を変えられるか

大人のおもちゃのネット通販ショップは、自社名を偽名にして発送するのがセオリーです。しかし、配達人には偽名だけで「これはあのアダルトショップだ」とバレてしまう危険もあります。

それも嫌だという人は、発送元の会社名も自由に設定できる店を選びましょう。大手アダルトショップでは『NLS』がこのサービスに対応しています。

 

・発送料はいくらなのか

商品が安いと思っても、発送料を入れると結構高くついてしまうことは珍しくありません。発送料込みでいくらになるか事前によくチェックしましょう。「○○円以上購入で発送料がタダ」というケースもあります。

 

他にも「即日発送は可能なのか」「入金方法はどうなっているのか」なども重要ポイント。アダルト通販ショップを利用する際は、あらかじめ確認しておくことをお忘れなく。

 

未来型大人のおもちゃ・セックスボットの可能性

最近、ラブドールの進化形とも言うべきセックスロボット=セックスボットの開発が盛んに進められています。

2018年4月には、米国のRealbotix社が本格的セックスボット『RealDoll X』をリリースして話題となりました。

このセックスボットは会話に合わせて口を動かすリップシンクメカニズムを持ち、首は左右・上下・回転の動作が可能。目にはカメラを内蔵し、実際に見ているように動くだけでなく、まぶたも連動して動くとか。

また、人工知能(AI)搭載で人格を備えることも可能。まさに大人のおもちゃの近未来版と言っていいでしょう。

同社の創設者マット・マクマレン氏は「アダルト商品の次なる目標は、ロボットとのセックスだけではなくロボットとの結婚ができるテクノロジーである」と語っています。

今後、大人のおもちゃがどうなっていくのか。このセックスボットにそのヒントがあると言えそうです。

 

大人のおもちゃのまとめ

いかがだったでしょうか?

大人のおもちゃはちょっと前まで暗いイメージがありましたが、最近はインテリアとして部屋に置いてあっても違和感がないようなお洒落なものも登場しています。

また、機能面もどんどん進化しています。人工知能の発達によって、今後は「考える大人のおもちゃ」も出てくるかもしれません。そんな未来はすぐそこまで来ています。

我々のセックスライフを豊かにしてくれる大人のおもちゃ。普段あまり使ったことがないという人は、使わないともったいないですよ。

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓だん吉

廓だん吉

自称・風俗ウォッチャー。高校卒業後、金津園で童貞を喪失したのをきっかけに風俗遊びにどっぷりハマる。風俗雑誌の編集をしていたこともあり、仕事とプライベートで接した嬢の人数は軽く一千人以上。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
HTMLコーダー募集中!
英語スタッフブログ!