風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

ちょんの間の魅力&遊び方【全国ちょんの間スポット付き】

立ちんぼと並ぶ二大裏風俗とも称されるちょんの間。

名前は聞いたことがあるけど、実際には遊んだことがないという方も多いのではないでしょうか。

ちょんの間とはそもそも一体何なのか? そんな疑問から、ちょんの間の遊び方や全国のおすすめちょんの間スポットまでサクッとおさらいします!

ちょんの間の起源~ちょんの間は○○時代から存在した~

ちょんの間は小料理屋のような店構えで、店先に露出度の高い格好をした女の子が座っているような売春宿のことです。

女の子が顔見せしているため、実物を直接見たうえで遊べるメリットがあります(上写真を参照)。

よく知られているちょんの間のひとつに、大阪の『飛田新地』があります。妖しいネオンに照らされた女の子たちが店先に並ぶ光景を、写真や動画で見覚えがある方もいるのではないでしょうか。

Wikipediaでは、ちょんの間はこんな風に説明されています。

ちなみに、置き屋とは料亭や茶屋に芸妓(げいこ)のあっせんをする店のことです。

ところで、ちょんの間の“ちょん”って一体何でしょうか?

大辞林(三省堂)を引くと、こんな風に書かれていました。

1:ほんのちょっとの間
2:遊里での短時間の遊興 ちょんのま遊び

この語源からも想像できるように、ちょんの間でのプレイタイムは基本的に短時間。文字通り、ちょっとの間に行為をする風俗店なのです。そのため、ちょんの間はちょいの間とも呼ばれます。

興味深いのは、2番目の語源です。

遊里とは遊郭を指します。遊郭は安土桃山時代にできたと言いますから、ちょんの間遊びは近世日本にはすでに存在していたわけです。

1770年に刊行された洒落本『辰巳之園』では、当時深川(東京都江東区)にあった遊里・辰己の里に出掛けた男の台詞に「親玉隠れのちょんのまと出かけやした」というくだりが登場します。

また、江戸時代になると幕府公認の遊廓以外に、料亭などを隠れみのにした売春宿が登場。現代のちょんの間システムがすでにこの頃から成立していたとは驚きです。

 

ちょんの間の歴史~隆盛から衰退まで~

上記でも触れましたが、ちょんの間の成り立ちは遊廓の歴史と深い関わりがあります。

吉原を始め、江戸時代から明治・大正時代にかけて、日本各地に政府公認の遊郭地帯が多数存在していました。

しかし、第二次世界大戦で敗戦を迎えると、その状況が一変します。かの占領軍GHQが公娼制度を禁じたのです。

これによって遊郭は従来の形態では営業できなくなり、料亭やカフェに偽装して風俗営業許可を取る店が続出。表向き、女の子たちは飲食店で働く仲居女給を装いながら、裏では私娼として男性客の相手をしました。

これら政府公認(黙認?)の売春地帯は赤線と呼ばれました。その一方、風俗営業許可を取らずにモグリで売春行為をさせる飲食店街(青線)も存在しました。

赤線/青線地帯は1956年に売春防止法が制定されるまで隆盛を極めました。しかし、売防法が施行されると廃業を余儀なくされてしまいます。

多くの店はソープランドやラブホなどに鞍替えしましたが、飲食店の体裁のまま違法営業を続ける店もありました。これらの店が ちょんの間としてひっそり生き残っているのです。旧赤線/青線にソープやちょんの間が多いのは、こうした理由によります。

全国に点在するちょんの間には警察の摘発を逃れるために料理組合を名乗るところも少なくありません。大阪・飛田新地の『飛田料理組合』、松島新地の『松島料理組合』などがその例です。

しかし、ちょんの間の営業形態はグレーゾーン。当局の摘発により消えていく店も多く、店舗数は減少傾向にあると言われています。

 

ちょんの間は売春ではなく、あくまでも自由恋愛!?

記事の冒頭にちょんの間は売春宿と同義とありますが、正確に言えばちょんの間は飲食店。ですから、表向きにはちょんの間で売春は行われていないことになっています。

売春でないなら何かというと、ちょんの間で行われている行為は あくまでも自由恋愛

つまり、建前としてはこういうことです。

女性従業員と客が勝手に恋仲になってセックスしているだけだから、店は一切関係ない!

ソープランドで本番行為が可能となっているのと同じ理論というわけです。

そのため、女の子が自ら客引きすることはありません。

店先に女の子がいわくありげに座っていますが、彼女たちはただ座っているだけ。言わば、単なる看板娘です。

実際に客を呼び込むのはヤリ手婆ぁと呼ばれる女性(ババァと言われるだけに年配が多い)の役割です。このヤリ手婆ぁに女の子を紹介してもらい、気に入ったら、あとは女の子と直接交渉となります。

ちょんの間で遊ぶ時間が短いことは先に述べましたが、具体的なプレイ時間や料金はどうなっているのでしょうか?

大阪の三大ちょんの間を例にとると、下記の通り。

【飛田新地】
15分11,000円~

【松島新地】
20分10,000円~

【今里新地】
30分13,000円~

料金は、10,000円程度。比較的リーズナブルとは言え、プレイ時間が短いだけにコスパ的には微妙かも。

例えば、飛田新地でさらに長い時間遊ぶ場合、料金はこんな感じになります。

20分16,000円
30分21,000円
45分31,000円
60分41,000円

これなら格安ソープで本番した方が安上がりだと感じる方もいることでしょう。この料金は、ちょんの間ならではの情緒を楽しむ観光税(?)込みの価格と考えた方がいいかもしれません。

ところで、いくら何でも15分かそこらで一発ヤレるのか? と心配になるかもしれませんが、これが意外と大丈夫!

なぜなら、ちょんの間にはシャワーを浴びる時間がありません。ヤリ部屋に案内されたらいきなりプレイ開始。

アルコールティッシュで股間を拭いてもらい、コンドームを着けてゴムフェラされてある程度勃ったら挿入→発射! 並みの男性でも20分程度あればギリギリ間に合うはず(早漏気味なら言わずもがな)。

とは言え、ちょんの間遊びに慣れていない人や遅漏気味な人は、余裕を持って30分以上を選んでおいた方が無難かもしれません。

 

ちょんの間の現状~全国ちょんの間マル秘スポット~

ちょんの間は違法ながら、表向きには飲食店というグレーな風俗です。

それゆえ、当局も普段は見て見ぬふりをしていますが、摘発しようと思えばいつでも摘発できるのが現状。

実際、同業者や客から通報があったり、派手な営業をしていたりすると警察に内偵が入る例は少なくありません。

また、万博やオリンピック、サミットなどは開催されるタイミングで摘発されるケースもあります。

過去には、風営法改正などによる取り締まり強化で横浜市黄金町(こがねちょう)、神奈川県相模原市の通称“たんぼ”、沖縄県那覇市真栄原(まえはら)町などのちょんの間が消滅しています。

しかし、全国には生き残っているちょんの間は少なくありません。ここでは、かろうじてまだ営業中と見られるちょんの間をリストアップしてみます。

【北海道】
稲荷小路 (北海道旭川市)

【東北】
紙漉町 (青森県弘前市)

【関東】
堀之内 (神奈川県川崎市)

【中部】
伊豆長岡 (静岡県伊豆の国市)
有楽町(愛知県豊橋市)

【近畿】
宝山寺新地(奈良県生駒市)
飛田新地 (大阪府大阪市)
松島新地 (大阪府大阪市)
今里新地 (大阪府大阪市)
滝井新地(大阪府守口市)
信太山新地(大阪府和泉市)
かんなみ新地(兵庫県尼崎市)

【四国】
瓦町 (香川県高松市)
栄町 (徳島県徳島市)
堺町 (高知県高知市)
玉水町 (高知県高知市)
千舟町 (愛媛県松山市)
土橋 (愛媛県松山市)

【九州・沖縄】
別府温泉 (大分県別府市)
甲突町 (鹿児島県鹿児島市)
安里 (那覇市)

 

ちょんの間はいつ警察の摘発などでいつ壊滅してしまうかわかりません。遊びに行く際などは、最新情報をチェックすることをおすすめします。

 

ちょんの間の魅力&遊び方まとめ

短時間で一発抜けるちょんの間は、その手軽さや独特の情緒がウケて根強い人気があるようです。

しかし、取り締まりが厳しくなって店舗数は次第に減っているのが現状。2020年に東京オリンピック、2025年には大阪万博が控えていることもあり、この先も決して楽観視できる状況とは言えません。

今後、ちょんの間がどうなっていくのか見守っていこうと思います!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓だん吉

廓だん吉

自称・風俗ウォッチャー。高校卒業後、金津園で童貞を喪失したのをきっかけに風俗遊びにどっぷりハマる。風俗雑誌の編集をしていたこともあり、仕事とプライベートで接した嬢の人数は軽く一千人以上。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
HTMLコーダー募集中!
英語スタッフブログ!