風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

ストリップ女子も急増中、脚光を浴びるストリップの現状と歴史

皆さんはストリップ劇場に行ったこと、ありますか?

ストリップと聞くと、今ではもうさびれてしまった時代遅れの風俗と思う方もいるかもしれません。

うらぶれた劇場、客が数えるほどしかいない観客席、むせかえるような汗とおしろいの匂い……そんなものをイメージする方もいるでしょう。

しかし! 今、ストリップ劇場に若い観客、それも女性客がつめかけ、密かなブームとなっていると言われています。

そんなストリップについて、歴史や楽しみ方などを調べてみました。

満員御礼の劇場も……今、ストリップ熱が再加熱中

2018年は風俗業界とテレビメディアの歴史においてエポックメイキングな出来事があった年でした。

去る10月2日、衝撃的な光景がテレビ画面に映し出されたのを記憶している方も多いのではないでしょうか。

なんと、天下のNHKがストリップを取り上げたのです! しかも、劇場内にカメラが入り、踊り子のショーもお茶の間に流したのでした。

放送したのは、NHK総合テレビのドキュメンタリー番組『ノーナレ』。「裸に泣く」と題された番組内では、女性客が多く詰めかけているという最近のストリップ事情が描かれていました。

女性客の多くは、ステージで舞う踊り子を見て涙を浮かべるのだとか。もちろん、それは憐れみではなく、感動の涙。彼女たちは自身が抱える生きづらさを踊り子たちに重ね合わせ、自己投影しているのだと言います。

「自分のコンプレックスを肯定してくれるよう」
「踊り子さんと一緒に闘っている気がする」

女の裸を見て、ぽろぽろ泣く女性客たち。

時代の流れとともにストリップが変わりつつあることを印象付けてくれる番組でした。


※画像は2018年10月2日放送『ノーナレ』(NHK総合)より

 

【昭和~平成ストリップ】ストリップショーの進化と歴史

かつて、ストリップは男性が見て楽しむものと相場が決まっていました。

現在のようなストリップは、いつどのような経緯を辿って誕生したのか? ストリップの近代史をひもといてみます。

 

ストリップは、単に女の子が裸で踊るだけのものではありません。踊り以外にも趣向を凝らしたさまざまな演目があります。

天狗ベッド指ポンショー花電車……etc. それぞれの詳細については後述しますが、ストリップとはショーアップされた一種の大衆演芸なのです。

このようにショーとしてのストリップが日本で始まったのは、1947年1月。新宿の帝都座五階劇場で行われたステージが最初だと記録されています。

「ヴィーナスの誕生」と題されたその出しものに、当時の観客は目を見張ったとか。

舞台のカーテンが幕を開けると、大きな額縁の中に両腕で胸を隠して立つ下着姿の女性の姿が……。それは、まさにルネサンス期にボッティチェリによって描かれた名画『ヴィーナスの誕生』そのものでした。

静止したポーズのまま立ちつくす裸の女性。わずか4~5分のショーでしたが、カーテンが静かに閉まると、観客席からは「ほぉーっ」と一斉にため息が漏れたと言われます。

このショーを考案したのは東京宝塚劇場(現・東宝)の元支配だった秦豊吉(はた・とよきち)という人物でした。東大法学部を卒業後、三菱商事に入社した彼は、その商社マン時代に欧州で見たショーからこれを思いついたのだそうです。

その翌月には、同劇場で催された公演「ル・パンテシオン」に19歳の新人ストリッパー・甲斐美春(美和)が登場。彼女は額縁の中で西洋画のようなポーズで堂々と胸を露出し(ただし、薄い布をまとっていた)、度肝を抜いたと言います。

当時は、ストリップとはいえ乳首を露出するのはご法度の時代。このショーには、女性の裸を動かない一枚の絵で“芸術”として表現することで当局の摘発を逃れるという意図もありました。

このショーはたちまち評判を呼び、大成功。『額縁ショー』と命名されました。それに刺激されるように、他の劇場もさまざまなショーを考案するようになります。

上半身裸の踊り子がブランコに乗る「ブランコショー」。ブランコが揺れるたびにスカートがひらひらめくれるのが最大の見ものでしたが、当局には「ブランコが勝手に揺れているだけ」と説明したそうです。

踊り子にお酒を飲ませる劇場も登場しました。酔った女の子がふらふら動くのが色っぽいと評判でしたが、こちらも「女の子が酒好きで困っているんですよ。注意しているんですけど」と当局に言い逃れしていたとか。

やがて、動きをつけたショーを見せるストリップ劇場も登場しました。

同年3月、東京・有楽町の日劇小劇場が『東京レビュウ』公演で踊り子が腰をくねくね振りながら衣装を脱ぐショーを披露。このショーは「りべらるショウ」と呼ばれました。“りべらる”は当時人気だったエログロ雑誌『りべらる』からとった名前です。

胸と股間を覆う布をはらりと落とす瞬間、照明を暗転させる演出が当時は衝撃的でした。この演出はアメリカのストリップをまねたとか。ちなみに、この時の座長だった堺俊二はタレント・堺正章の実父だそうです。

この成功が、日劇小劇場を日劇ミュージックホール(=日本劇場。2018年2月に閉館)へと進化させたと言われています。

また、舞台の上で行水を浴びる「行水ショー」も人気でした。ステージに客を上げて背中を流させる演出が評判だったとか。これなどは観客参加型ストリップの先がけと言えるでしょう。

1948年には、東京・浅草の常盤座が始めて本格的に踊りを取り入れたストリップを上演。規制の緩和によって演出はさらに過激になっていき、踊り子はブラばかりでなくパンティーまで脱ぐように。ストリップ熱はますます高まっていきました。

この頃、ストリップ業界に一人のスターが現れます。志水敏子、またの名を「ジプシー・ローズ」と呼ばれたストリッパーです。

彼女は、その卓越したダンスのテクニックで観客を魅了しました。特に、腰とお尻を回転する技術“グラインド”は肉体表現の極致と謳われ、彼女の楽屋には作家の吉行淳之介や画家の東郷青児、棟方志功などの文化人が出入りしたと言われます。

こうした機運もあってか、当時のストリップは単なる裸の見世物とは一線を画し、大衆娯楽として受け入れられました。

東宝(日劇ミュージックホール)や松竹(東劇バーレスク・ルームなど)も劇場に参入。松竹はストリッパーを主人公にした映画『カルメン、故郷に帰る』も制作しました。

1950年代には浅草のフランス座ロック座、東洋劇場などのストリップ劇場が幕間にコントなどの演目を取り入れるようになりました。ここから渥美清や萩本欣一、ビートたけしなどそうそうたる顔触れのコメディアンが輩出されたのです。

1970年代になるとその流れが一変します。関西を中心に、性器を全開にして観客に見せる特出しショーを売りにしたストリップが話題に。この特出しショーによって、一条さゆりなどのスターも生まれました。

一条さゆりはのちに逮捕されましたが、「ストリップは大衆娯楽、猥褻にはあたらない」と主張。特出しはストリップの手法として一般化していきました。また、出演者のカップルが本番行為を見せる白黒ショー、客と踊り子と舞台でセックスできる生板ショーなどが広まったのもこの頃のことです。

その一方、生板ショー要員に、出稼ぎ外国人女性を踊り子として雇う劇場が増えてきました。

こうした女性の多くはフィリピンや中南米の出身でした。ブローカーたちを通じて来日し、さらに日本各地のストリップ劇場にコネクションを持つプロモーターの手でストリップ劇場へと送り込まれたのです。

ちなみに、彼女らは正規のビザではなく観光ビザで入国したため、ストリップ劇場で働くことは違法行為でした。

1980年代に入ると、ストリップ業界に旋風が巻き起こります。新たなスターが次々と誕生したのです。オナニーショーで一世を風靡した清水ひとみ、アイドル的な人気を誇った伝説の踊り子・影山莉菜……etc.

また、この頃からストリップの舞台にAV女優が登場するようになります。

憧れのAV女優に生で会えるだけでなく、普段はモザイクに隠された局部も拝めるとあって舞台は人気に。名前だけで客が集まるため、劇場側も大喜びでした。

今もその流れは変わらず続いています。元アイドルでAV女優の小向井美奈子の例などは比較的記憶に新しいところでしょう。

 

ストリップの遊び方~料金や応援方法は~

ストリップ劇場の料金は地域で異なりますが、一般的には入場料金5,000円前後となっています。

劇場によっては早朝割引やシニア割引、学生割引も行っており、3,000円~4,000円で鑑賞できます。

また、最近は女性客からの人気が高まっていることもあり、女性料金を設定する劇場が増えてきました。女性は一般料金よりも安く、3,000円前後で鑑賞できるところが多いようです。

 

ストリップの楽しみ方の一つに、ライブならではの臨場感があります。

一度でもストリップ劇場に足を運んだことがある方なら、踊り子を大声で応援するファンに圧倒された経験があるのではないでしょうか。

しかし、ここで引いてしまってはいけません。ストリップの魅力は、舞台と客席との一体感。ストリップを思いきり楽しみたいなら、恥ずかしがらず踊り子に声援を送ってみるべきです。

オーソドックスな応援方法は手拍子です。初心者は、曲のリズムに合わせて手拍子するだけでも一体感を楽しめるでしょう。

ストリップ劇場は舞台と客席が近いため、手拍子していると踊り子と目が合ったりします。これもストリップの醍醐味。そんな時は照れずに、一際大きな手拍子を送ってアピールするのも有効です。

なお、踊り子が登場・退場する際やポーズが決まった時などは拍手を送るのがマナーなので、心得ておいてください。

上級者はタンバリンリボンを使って応援します。

タンバリンのリズムは、場の空気を盛り上げるアイテムとして最適です。しかしかなり目立つため、軽快に奏でるには熟練が必要です。

応援するのはいいのですが、変にリズムやテンポを外してしまうとかえって踊り子がやりにくくなったりもします。事前に予行練習をしておいた方がいいかも知れません。

リボンは、踊り子が決めポーズを披露した時などに舞台に向けて投げます。リボンが伸びきった瞬間に、素早く巻き取るのがスマートに応援するコツ。ただし、慣れないと踊り子や観客にリボンが当たってしまう危険もあるので、十分な注意が必要です。

タンバリンやリボンによる応援は大抵の劇場で容認されていますが、騒音で近隣に迷惑をかけないようになどの理由でタンバリンなど鳴り物の使用を禁じているところもあります。あらかじめ確認するか、周囲の応援方法を見てマナーを守って応援してください。

応援の声が大きければ大きいほど、踊り子も気分がノッていいパフォーマンスをしてくれるというもの。応援は踊り子のステージを左右するといっても決して過言ではないのです。

ストリップ劇場に足を運んだ際は、踊り子を積極的に応援してあげましょう。

 

ストリップ用語の基礎知識

ストリップには色々な専門用語があります。ここではその代表的なものを解説するので、ストリップ遊びの参考にしてみてください。

 

ソロベッド

ダンスを中心としたショー。進行に合わせて少しずつ衣装を脱いでいきます。

 

タッチショー

観客に、順番におっぱいを触らせるショー。

 

指ポンショー

タッチショーの応用。複数の観客に、順番に指を膣に挿入させます。

 

天狗ベッド

天狗のお面を用い、鼻の部分を局部に挿入してオナニーするショー。お面の代わりに張型(疑似チ○ポ)を使うこともあります。

 

白黒ショー

男女の出演者が舞台上でセックスする様子を観客に見せるショー。

 

生板ショー

観客から参加希望者を募り、舞台上で客とダンサーがセックスする様子を見せるショー。希望者が2名以上の場合はじゃんけんで選びます。複数の客が同時にセックスするダブル生板ショー、トリプル生板ショーもあります。

また、生板ショーはマナ板ショー生板本番と呼ばれることもあります。

 

花電車

踊り子が自らの局部を使って芸を見せること。

吹き矢を飛ばすラッパを鳴らす筆で習字を書くバナナやキュウリを折る炎を吹くなど様々な芸のパターンがあります。

 

ポラロイドショー

踊り子のステージが終わった後に行われる有料の写真撮影会。料金は1枚につき500円~1,000円。好きなポーズをリクエストできます。

大抵はインスタントカメラを使いますが、最近はデジカメを使う劇場もあるようです。

 

愛の小部屋

踊り子から性的サービスを受けられる個室のこと。基本はフェラか手コキで、料金は5,000円前後。

劇場の外などに設置されており、広さは3畳程度。踊り子以外に、本番要員として外国人女性などを雇っているケースもあります。

最近ではこのサービスはほとんど見られなくなりました。

 

今でも見られる! 全国の主要ストリップ劇場リスト

最近は客の激減によって閉館するストリップ劇場も少なくありません。現在も営業を続けている劇場をピックアップしてみました。

【東京】

浅草ロック座(東京都台東区浅草2)

シアター上野(東京都台東区上野2)

DX歌舞伎町(東京都新宿区歌舞伎町2)※2019年6月30に閉館予定

新宿ニューアート(東京都新宿区歌舞伎町1)

渋谷道頓堀劇場(東京都渋谷区道玄坂 2)

池袋ミカド劇場(東京都豊島区東池袋1)

 

【南関東】

ライブシアター栗橋(埼玉県久喜市栗橋東6)

わらびミニ(埼玉県蕨市中央1)

川崎ロック座(神奈川県川崎市南町5)

横浜ロック座(神奈川県横浜市中区宮川町3)

大和ミュージック(神奈川県大和市大和南1)

 

【中部】

まさご座(岐阜県岐阜市春日町1)

 

【関西】

DX東寺(京都府京都市南区西九条猪熊町18)

東洋ショー劇場(大阪府大阪市北区池田町11)

 

【四国】

ニュー道後ミュージック(愛媛県松山市道後湯の町18)

 

【九州】

A級小倉劇場(福岡県北九州市小倉北区京町2)

 

海外のストリップ事情とは

伝統と情緒あふれる日本のストリップ劇場ですが、ストリップショーの本場と言えば、やはり海外。特に、アメリカやフランスなどの欧米諸国は早くからストリップ文化が発達していました。

そこで、本場アメリカはラスベガスを例にとって、ストリップ事情をご紹介します。

ハリウッド映画などに、ストリップ劇場で半裸の女性が踊り狂うステージを観ながら主人公たちが酒を飲むシーンが出てきたりします。海外のストリップは大体あんな感じと考えていいでしょう。

劇場は基本的に自由席となっているので、好きな席に座ってショーを楽しめます(VIP席は別料金)。ダンサーにトップを払いたくない人は、後ろの方にこっそり座った方がいいかもしれません。ちなみに、チップは1ドルぐらいで十分。チップの渡し方は自由です。パンツのひもに挟んだり、胸の谷間に挟んだり、そのままショー会場の床に置いたりと好きなように渡せばOKです。

ダンスを終えた後、ダンサーがしきりに話しかけてきたら、プライベートダンスのお誘いです。個室に行き、1対1でダンサーさんと1~2曲、踊ることができます。相場は約20ドル。プライベートダンスを受ける義務はなく、ひたすらショーを見ながらお酒を飲むこともできます。


プライベートダンスの様子

 

注意すべきなのは、ラスベガスのストリップには「トップレス」と「フルヌード」の2種類があるということ。

トップレスのストリップ劇場ではお酒が飲めますが、フルヌードの劇場では法律で飲酒が禁じられています。それ以外の違いはないので、お好みで観たい方の劇場に足を運ぶといいでしょう。

 

ストリップの現状と歴史まとめ

性風俗が多様化したことでかつての輝きは失っていますが、ストリップには根強いファンがいます。

また、冒頭でも触れたように新たな客層も獲得して人気を盛り返しつつあるようです。
女性客以外にも、外国人観光客も多く訪れていると言われます。

ストリップ文化は形を変えながらも、この先も生き残っていくのではないでしょうか。

いや、生き残ってほしい――切にそう願わずにいられません。

←前の記事 次の記事→

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓(くるわ)だん吉

廓(くるわ)だん吉

風俗雑誌の編集部を経て、現在は風俗&アダルト関連記事のライターとしてウェブサイトをメインフィールドにコラムを執筆中。柔らかい記事からちょっと社会派な硬い記事まで大局的な視点で風俗業界を斬っていきます♪


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!