風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

東京オリンピックで風俗業界はどう変わるのか?【2019年最新事情】

2020東京オリンピック開催に向けて、スポーツ熱がますます高まっている昨今。

このお正月には、TVでスポーツ中継番組を楽しんだ方も多いと思います。

年が改まって、2019年。来年7月24日の東京オリンピック開催まで、いよいよあと500日余りと迫りました。

となると、風俗好きにとってやはり気になるのが、オリンピックが風俗業界に与える影響ですよね。

オリンピックと風俗に関してはこれまでにも色んな噂が飛び交ってきましたが、実際のところはどうなのでしょうか。

というわけで、2019年版最新事情を改めてまとめてみます!

東京オリンピック開催は風俗業界にとって追い風になる!?

新年早々、暗い話はアレなので、まずは明るい話題から。

日本政府観光局の最新発表によれば、2018年11月の訪日外国人の数は約245万1千人。11月の統計としては過去最高の数字だったとか。

東京オリンピックが決定して以来、外国人観光客の人数は年々増加しています。来年の開催期間中には、さらに多くの観光客が世界中から訪れるでしょう。

さらに、今年(平成31年度)から導入予定の出入国管理法改正案によれば、今後5年間で最大34万5150人の外国人労働者が増える見込みと言われています。

そうなると、無視できないのが外国人の風俗店利用客の存在です。世界に類を見ないほど独自の発展を遂げた日本のガラパゴス風俗ですが、今後は外国人の利用に向けて急速に国際化していくと思われます。

これまで、日本の風俗業界には英語対応できるスタッフが少なかったため、外国人客の受け入れに消極的だったのは事実です。

しかし、時代は変わりつつあります。

風俗店のホームページを見ると、日本語以外に英語や中国語での表記を取り入れたお店が次第に増えてきました。

こうした取り組みは、日本の性風俗文化を海外に正しく理解してもらうために重要だと言えるでしょう。

外国人への対応において、風俗業界が頭を悩ませているのが、日本独特の風俗ジャンルをどう理解してもらうかという問題です。

日本の風俗にはヘルス、イメクラ、ソープランド、ピンサロ、オナクラなど様々な種類があります。外国人がそれぞれの違いを理解するのは困難な話(日本人でも正確に説明するのは難しいですよね)。

また、日本の風俗店は本番行為(セックス)を禁止しているのも、外国人には理解されにくい点と言えるでしょう。

海外の風俗店は基本的に本番サービスがデフォルトですから、事前に正しい知識を与えておかなくてはトラブルになってしまう危険性があります。

そのため、ホームページを外国語対応にするお店が増えているわけです。

また、そうした事情を踏まえて、英語が堪能なバイリンガルスタッフを置くお店も登場。外国人専用風俗店として需要を伸ばしていると言います。

【外国人専用風俗店が登場】

品川高級出張マッサージ『Gran Erotic Massage Tokyo』

 

東京オリンピック開催を機に、こうした取り組みはますます増えていくに違いありません。オリンピックによって風俗業界に特需が訪れるでしょう。

 

東京オリンピック開催で出稼ぎ風俗嬢の人数が増える!?

オリンピック開催によって恩恵を受ける外国人利用客が増えそうですが、一方、日本人の利用客にとってメリットはあるのでしょうか?

もちろん、あります。それは……出稼ぎ風俗嬢の急増

東京オリンピック開催期間中は、メイン会場がある都内には海外からはもちろん、日本中からも多くの観客が詰めかけます。

そうなれば、風俗の利用客が増えるのも当然。オリンピック観戦の興奮さめやらぬまま、夜の歓楽街に繰り出すにわか風俗ユーザーが激増するでしょう。

そうしたユーザー目当てに、地方から出稼ぎ風俗嬢が東京に押し寄せると十分に予想されます。

特に、デリバリーヘルスは“体験入店”の女の子で新人ラッシュを迎える可能性大。新人の女の子と遊びたいお客が連日のように詰めかけ、都内を中心に風俗業界が活性化するというわけです。

活性化するのは、都内の風俗店だけではありません。2020東京オリンピックでは、東京都以外の会場でも競技が行われます。

主な地方会場は、以下の通り。

さいたまスーパーアリーナ(埼玉県さいたま市)……バスケットボール

霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉県川越市)……ゴルフ

横浜スタジアム(神奈川県横浜市)……野球・ソフトボール

江の島ヨットハーバー(神奈川県藤沢市)……セーリング

富士スピードウェイ(静岡県駿東郡)……自転車競技(ロード)

宮城スタジアム(宮城県宮城郡)……サッカー

札幌ドーム(北海道札幌市)……サッカー

これらの都市の風俗も利用者が増え、少なからず恩恵を受けると予想されます。東京オリンピックの開催は、都内だけではなく地方にも活性化をもたらすチャンスともなり得るのです。

 

東京オリンピックでダメージを受ける風俗は?

一見、東京オリンピックの開催は風俗業界にとっていいことずくめに思えます。

しかし、過去のケースでは、こうした国際的イベントの開催時には当局による風俗の取り締まりが強化されてきたという事実も見られます。

いくつか例を挙げてみましょう。

1990年 花の万博(大阪)
大阪で風俗店の大規模な摘発が行われ、ソープランドが壊滅。

2002年 日韓ワールドカップ
新宿・歌舞伎町で大規模な浄化作戦が行われ、多数の風俗店が姿を消す。
横浜市・黄金町のちょんの間が一斉摘発。

2016年 伊勢志摩サミット
“売春島”と異名をとっていた、伊勢志摩国立公園内の渡鹿野島(わたかのじま)がほぼ壊滅状態に。

……確かに振り返ってみると、国を挙げてのイベントは風俗浄化のタイミングと無関係とは言えないようです。

他にも、2020年の東京オリンピックを控えて、コンビニが成人雑誌コーナー撤廃を進めているといった動きもあります。

また、少々気が早い話ですが、2025年の大阪万博開催時には飛田新地などのちょんの間が摘発されるのではないかとの噂も囁かれています。大阪は過去に花の万博の例もあるだけに、心配している向きも多いとか。

とは言え、それほど悲観的になる必要はないでしょう。

なぜなら、こうした浄化作戦によって摘発される風俗店のほとんどは、裏で本番行為をしていたり、ぼったくり行為を行っていたり……といった悪質な違法店。法律を順守している優良店、特に良心的な大手グループの店舗などはまず安心と言っていいと思われます。

むしろ、来年の東京オリンピック開催によって悪質な店舗は(裏風俗も含めて)一掃され、優良店舗のみが生き残るになるかもしれません。

長い目で見た場合、東京オリンピックの開催は日本の風俗業界にとってメリットになる可能性大です。

 

東京オリンピックで性病パンデミックが懸念されている?

現在のところ、投稿オリンピック開催に伴って大規模な風俗浄化作戦が行われるといった声は聞こえてきません。

しかし、コトは予断を許しません。

その根拠として、性病の罹患者が水面下で増えている点が挙げられます。性病の中でも、特に増えているのは【梅毒】と言われています。

梅毒は本番行為やオーラルセックスで感染する性病です。

かつては大変怖い病気でしたが、最近は治療薬の進歩によって“薬ですぐに治る”という認識が広まりました。それが性病パンデミック(伝染病の流行が拡大して、複数の地域に多くの患者が発生する)病気の蔓延を招いた要因とされています。

東京オリンピックなどのイベントで風俗利用者が増えるため、さらに梅毒患者が増えるのを当局は心配しているようです。そのため、これから先の取り締まりが厳しくなる可能性も否定できないのです。

こうした事態から身を守るには、自らの危機管理意識を高めるしかありません。

具体的には、きちんと定期的に性病検査を行っている優良風俗店で遊ぶことです。大手の風俗店であれば、こうした検査を徹底しているのでまず心配はないでしょう。

やはり、長い目で業界全体を眺めると、東京オリンピック後も生き残っていくのは優良店になりそうです。

 

東京オリンピックで風俗はどうなる?【2019年最新事情】まとめ

2020年の東京オリンピック開催まであと少し。

開催決定直後は、オリンピックによって東京の風俗は壊滅するのでないかといった悲観的な論調が目立ちましたが、現時点ではその兆候はなさそうです。

むしろ、東京オリンピック開催は日本の風俗業界にとって追い風になる可能性があります。外国人利用者の急増でグローバル化が進む一方、悪質店が排除されてホワイト化が進んでいくだろうと期待できます。

そうなれば、遊ぶ側にとっても働く側にとってもWIN×WINのいい関係性が築けるというもの。

東京オリンピックが開催される来年夏まで、しっかり見守っていきたいものですね!

←前の記事 次の記事→

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓だん吉

廓だん吉

自称・風俗ウォッチャー。高校卒業後、金津園で童貞を喪失したのをきっかけに風俗遊びにどっぷりハマる。風俗雑誌の編集をしていたこともあり、仕事とプライベートで接した嬢の人数は軽く一千人以上。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
HTMLコーダー募集中!
英語スタッフブログ!