風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

風俗夜這いプレイの遊び方と醍醐味とは? 歴史や起源も紹介!

風俗店のプレイでもお馴染みの夜這い

夜這いとは、夜中にセックス目的で女性が寝ている部屋を訪れること

今の時代にリアルにこんなことをしたら家宅侵入罪や強制わいせつ罪で訴えられてしまいそうですが、かつては日本各地で実際に行われていたという記録が残されています。

「ダメ!」と言われたら余計に燃えてしまう……夜這いにはそんな禁断の魅力があります。

夜這いプレイをより楽しむためにぜひ知っておきたい夜這いという風習の歴史から、作法(?)について改めて調べてみました!

かつて夜這いを成人式の儀式にした村があった!

先日、1月14日の成人の日には日本全国で成人式が行われたばかり。今年は139万人の男女がめでたく成人の儀をとり行いました。

今でこそ、成人式と言えば晴れ着などで着飾って和やかムードですが(一部には荒れる地域もありますが)、かつての日本ではまさに性人式とも呼ぶべき風習が実在した地域もあったようです。

長野県北部の某村には、毎年正月明けの深夜になると、成人を迎える男たちが一斉に家を出て、同じく成人を迎える女の家へ一目散に駆け出す儀式があったのだとか。そうして夜這いをかける形でセックスし、想いを遂げたというのです。

その際、女性の元へ辿り着いた順に一番槍、二番槍、三番槍と優先順位が決まり、その順番でしか女と交わることはできなかったとか。相思相愛だったとしても、他の誰かが先に辿りついてしまえば、情事が終わるまで待っていなくてはならなかったのです。

儀式の夜、一番槍を突き立てた男から想いを伝えられた女は、もしその想いを受け入れる気があれば結婚を前提とした交際を認められました。しかし意中の相手でなかった場合、一番槍以降も二番、三番…と朝まで複数の男性と枕をともにしたと言います。

この夜這い儀式は江戸中期頃に始まり、少なくとも昭和10年代後半頃まで続いていたと村の言い伝えに残されているとか。今ではにわかに信じがたい風習です。

夜這いの語源には様々な説があります。

例えば「呼ぼう」から転じたという説。

万葉集に「他国によばひに行きて太刀が緒もいまだ解かねばさ夜ぞ明けにける」という一文があります。 よばひは求婚を示す呼ぼうを意味し、夜這いの語源と言われます。平安時代には夜中に相手のもとを訪ねて求婚する妻訪い婚(つまどいこん)もありました。

また、文字通り、夜に這うことが語源になったとの説もあります。『竹取物語』には、かぐや姫に求婚した男たちが、彼女の姿を一目見ようと夜中に屋敷の周りを徘徊したとの一節が登場します。

江戸時代には、夜這いの風習は一般庶民の間にかなり広く浸透していたことを示す資料もあるようです。

明治時代に入ると、富国強兵策として、国民の道徳心を向上させるために夜這いが弾圧されるようになりました。

しかし、地方の農村部などではほとんど効果がなく、近代化が進む昭和初期まで相変わらず行われていたようです。

 

夜這いと強姦は一体何が違うのか?

夜這いと聞くと無理やりセックスに及ぶようなイメージを抱く方もいるかもしれませんが、実際の夜這いはレイプとはかなり違うものだったようです。

夜這いは、基本的に女性の合意のもとで行われていました。

気に入らない相手の足音が聞こえると戸を閉めきってしまう女性もいたとか。そうなると、男性は諦めてすごすご引き下がるしかありませんでした。

その一方、女性から積極的にアプローチするケースもありました。この場合、女性は昼間に意中の相手に紙に包んだ松葉を渡して合図したそうです。松葉は、おそらく「まつは=まつわ」の隠喩だったのではないでしょうか。

 

こうした夜這いセックスは、10代前半頃から許されていたようです。

日本の村にはかつて『若者組』と呼ばれる組織が存在しました。若者組は村落ごとに組織された成年男子の集団で、地域の規律や生活上のルールを伝える教育組織の役割を担っていました。男性は15歳前前後になると若衆組に編入され、一人前の村人として夜這いが公認されたと言います。

女性も13歳頃になると、同様に『娘組』に属しました。初潮を迎えた娘は夜這いの相手を務めることとなりますが、中には陰毛が生える15歳前後まで許さない村もあったそうです。。

ただし、初めて夜這いをかける若衆に性の手ほどきをするのは後家さんの役割と大抵決まっていました。後家さんがいない場合は、40歳以上の年長女性が相手を務めたのだとか。

夜這いのルールは村によって様々あったと言われます。『夜這いの民俗学・夜這いの性愛論』(赤松啓介・著/ちくま学芸文庫・刊)にこんな一節があります。

ムラによっては若衆仲間と娘組が相談し、あの子は気が弱いから、この娘がよかろうとか、あの子は気が強いから、あの姉さんがよかろうなどと親切に組合せを考えたり、夜這いの夜を定めたりして、筆下しさせた。
こうしたムラでは初めて夜這いしたとき、娘さんに誰の息子の某ですと挨拶して手拭いを差出すのもある。そうして十分に教育がすむと他の娘の家へも夜這いさせたり、馴れてくると勝手に好きな娘へ自分の好みで夜這いするようになる。

夜這いは、村の若い男女にとって性教育の役目も果たしていたようです。同書には、他にくじ引きで組み合わせを決める村もあったとも記されています。

昨今、性の乱れが指摘される日本ですが、かつては現代とは比べものにならないほどセックスに対してオープンだったのです。

 

風俗夜這いの遊び方と注意点を解説!

夜這いを単に女の子の寝込みを襲ってエッチすることと思っていた方も、改めてこうして歴史を聞くと奥の深さがお分かりいただけたのではないでしょうか。

そんな夜這いですが、今の時代にやったら犯罪です。しかし、どうしても夜這いを体験してみたいという方におすすめの手段があります。

それは、風俗店で夜這いを疑似体験することです。

風俗店の中には【夜這いプレイ】を取り入れているところがたくさんあります。無防備に寝ている女の子にイタズラできる夜這いは男のロマン。特に、少々Sっ気のある男性に人気が高いプレイです。

夜這いプレイを設けているお店はイメクラなどに多く見られます。お店によって遊び方には多少の違いがありますが、ここでは代表的な手順をご紹介しましょう。

 

1:プレイ前にシャワーを浴びておく

夜這いプレイに入る前に、シャワーを浴びます。その間に、女の子がシチュエーションに合ったコスチュームに着替えて準備します。お店によって色んな衣装が選べるので、好きなコスチュームを着せて楽しみましょう。

デリヘルの場合、部屋のノックを合図にドアを少し開けて、女の子の顔は見ずにそのままシャワーへ(お店によって異なります)。

店舗型の場合、浴室でシャワーを浴びた後、女の子がいる個室をこっそり訪問します。

2:忍び足でこっそりベッドへ

シャワーから出ると、女の子がベッドで寝ています。照明が薄暗く設定されているので、こっそりベッドに移動しましょう。大抵、事前にペンライトを渡されたりして夜這い気分を盛り上げてくれます。

女の子は寝息をたてていたり(もちろん、寝たふりです)、こっそりオナニーしていたりします。夜這いする際、女の子にどんなポーズで待っていて欲しいかは事前にリクエストできます。妄想を膨らませて、好きなシチュエーションを注文しましょう。

3:女の子にイタズラし放題!

女の子が寝ている間は、好きなようにイタズラしまくっても大丈夫。当たり前ですが、昔のリアルな夜這いのように女の子から断られるなんてことはありません。

せっかくなのでペンライトで股間を照らしたり、下着の匂いをクンクンしたりして普段はできない背徳プレイを満喫しちゃってください。

寝ている女の子が「だめぇ……むにゃむにゃ」などと寝言交じりに嫌がったり、手を軽く払いのけたり体勢を変えたりしても、嫌がる仕草もプレイのうちなので遠慮はいりません。

ただし、あまり強引に責めすぎるのは禁物。夜這いの歴史でも触れましたが、夜這い=強姦ではないのでくれぐれもご注意を。相手が寝ているからといって、間違っても本番行為を強要したりしないように!

さて、夜這い初心者は、女の子をどのタイミングで起こしたらいいのか気になると思います。

そこはちゃんと女の子が心得ているのでご心配なく。プレイの残り時間を見ながら、男性がたっぷり責めて満足した頃合いを見計らって目を覚ましてくれます(ただし、無理に責めすぎると早めに目を覚ましてしまうこともあるので注意)。

 

4:通常のプレイも楽しみましょう!

女の子が目を覚ました後は、通常プレイが楽しめます。女の子を責めるもよし、責めてもらうもよし!

事前にリクエストしておけば、そのままイメージプレイを続けることもできます。憧れのクラスの同級生の部屋にこっそり忍び込んだ……など、夜這いならではのストーリー設定を楽しむのもおすすめです。

 

夜這いプレイは男性が女性に仕掛けるのが一般的ですが、女性が責める『逆夜這いプレイ』もあります。Mっ気の強い男性向けはチェックしてみてください。

夜這いプレイを楽しむ最大のコツは決して照れないことです。言うまでもなく、女の子が寝ているのは演技。寝たふりをしているだけであって、実際に寝ているわけではありません。

だからといってシラけたりせず、本当に女の子が寝ていると思って演技に没頭しましょう(これは夜這いに限らず、イメージプレイ全般に言えることです)。

また、夜這いコースのプレイ時間や料金はお店によって異なります。遊ぶ前にぞれぞれのお店のホームページをチェックしたり、スタッフに確認したりして確かめてください。

夜這いプレイではアイマスクやローターなどが必須アイテムです。これらがあった方がプレイを楽しめるので、オプションはつけた方が得策。お店によってはコース料金にオプションが含まれている場合もあるので、事前によく確かめておきましょう!

 

夜這いプレイの醍醐味とは?

夜這いプレイの醍醐味、それは寝ている女の子の部屋に忍び込むというリアルな世界では体験できないスリルを味わえることにあります。

かつての日本で夜這いが盛んに行われていたように、夜這いプレイの興奮と快感は私たちの遺伝子にDNAレベルで刻み込まれていると言ってもいいでしょう。そう考えると、夜這いプレイがこれほど人気なのも納得できるというものです。

今回、夜這いの歴史を知ったことで、夜這いプレイの楽しみ方がより広がったのではないかと思います。夜這いプレイをしてみたくなった方は、お店のホームページを今すぐチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

【夜這いプレイが楽しめるおすすめ店】

『吉祥寺チロル』

 

『横浜コスプレデビュー』

←前の記事 次の記事→

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓(くるわ)だん吉

廓(くるわ)だん吉

風俗雑誌の編集部を経て、現在は風俗&アダルト関連記事のライターとしてウェブサイトをメインフィールドにコラムを執筆中。柔らかい記事からちょっと社会派な硬い記事まで大局的な視点で風俗業界を斬っていきます♪


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!