風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

パネマジを見抜くには? 写真に騙されないで女の子を選ぶコツ

風俗店の公式サイトには、在籍する女の子の写真がたくさん掲載されています。

ですが、それらの写真はより可愛く美人に見えるように修正されているケースがほとんど。実際に呼んでみると、写真と実物が違うことがあります。これをパネマジと言います。

パネマジに騙されずに女の子を選ぶコツはあるのでしょうか? パネマジの功罪とその見抜き方を解説します!

パネマジはなぜ無くならない? 風俗店が写真を修正する理由とは

風俗店で遊ぶ際、ほとんどの方はパネル写真を見てルックスで女の子を選ぶと思います。
しかし、写真で顔出ししても鵜呑みにできません。写真加工ソフトで修整されている可能性もあるからです。

女の子の写真を修整して実物より美人に見せることをパネマジパネルマジック)と言います。

最近はパソコンで簡単に写真修正が出来るようになりました。写真で「この子、可愛いな」と思ったけど実際に会ったらパネマジだったという経験が一度はあるのでは? せっかく高いお金を払うわけですから、それは避けたいところです。

そもそも、プロのカメラマンやヘアメイクを使って撮影した写真をなぜ修整する必要があるのでしょうか。

理由はいくつかありますが、一番は「商品価値を高く見せるため」

パネマジと聞くと詐欺のようなイメージを抱きがちですが、パネマジを行っているのは何も風俗業界だけではありません。

街角に貼られている広告ポスターを思い浮かべてみてください。見栄えをよくするために商品写真やモデルの人物写真を加工するのは一般的。写真から受ける印象次第で売り上げが大きく変わるため、手を加えるのはもはや“常識”となっています。

風俗もそれと同じです。風俗店にとって、お店で働く女の子は言わば「商品」。公式サイトなどに載せる写真は宣伝用の広告写真です。だから、サイトを見た客から予約電話がより多く鳴って、女の子が売れるように見栄えをよくするわけです。

パネマジの手法は様々です。実物よりも可愛く見せるために「顔」のシワを消す、目を大きくする、鼻筋を高くする、エラを削るなど。また、タトゥーが入っていて客の受けが悪いと判断した場合、修正でタトゥーを消したりすることもあります。

あるいは顔だけでなく、貧乳気味の女の子の胸をちょっと盛ったり(=大きくする)、太めのウエストを少し削ってクビレを作ったりする例もあります。

昔の韓国デリヘルなどでは別人のように加工された人形っぽい女の子の写真が多く見られましたが、昨今では客の目が肥えたため、あからさまな修正は減っているようです。

また、写真修正ソフトが進歩したのに加え、修正技術者(レタッチャー)の腕やセンスがアップした今ではパネマジは格段にレベルアップしています。

例えば、ちょっとした色調補正や光(明るさ)の補正だけでも見栄えがグッとあがったりします。最近では、大幅にいじらずに最低限の修正でなるべく本人らしさを残した写真の方がお客の受けがいいようです。

良心的な店になると、レタッチャーが仕上げてきた写真に対して「すごく良い修正なんですが可愛すぎるのでもう少し本人寄りに戻して良いです」と逆注文をつけてくるパターンもあるとか。

これだけSNSや口コミが発達した今の時代、あまりに写真と実物が違いすぎると店の悪い評判がすぐ広まってしまいます。以前のように、パネマジで一見客を騙して儲けることはやりにくい世の中になっているのです。

風俗店がパネマジをする理由は他にもあります。ズバリ、それは「身バレ防止」。風俗店で働く女の子は、風俗嬢であることを親や彼氏、友達などに隠しているケースがほとんどです。そのため、身元がバレないように写真を修整することがあります。

本人を特定できるような特徴がある場合、修正で加工したり、消したりする例はあります。例を挙げれば特徴的なタトゥーやホクロ、ネイルアートなど。また、私物のアクセサリーや下着が写り込んでいる場合に修正で手を加えたりすることもあります。

このようなパネマジはむしろ必要悪と言えるかもしれません。

 

パネマジに騙されないコツ6つ

パネマジは風俗を営業するうえで必要悪とは言え、客の心理としてはなるべく実物に近い写真を見たいと思うものです。

修正技術の発達もあって、優れたパネマジを100%見抜くのは実は容易ではありません。

しかし、パネマジを回避するコツはあります。パネマジに騙されない比較的有効な手段をいくつか紹介してみます。

 

パネマジに騙されないコツその1「写真の背景に注目する」

パネマジを見抜く方法として紹介されることの多いコツです。

女の子の顔や身体を細くする場合は、photoshop(フォトショップ)という写真加工ソフトの「歪みツール」というツールを使ったりします。

このツールを使用すると、女の子の後ろの背景も一緒に歪んでしまうため、レタッチャーの腕によっては少し不自然な仕上がりになってしまうことも。

しかし、修正技術の進歩により、背景もナチュラルに加工できるようになってきました。最近はよほど注意して見ない限り、この方法で見抜くことは難しくなりました。

 

パネマジに騙されないコツその2「動画を見て判断する」

最近は公式サイトなどに女の子の動画を載せる店が増えてきました。

写真の修正・加工は当たり前になった昨今ですが、動画の加工はまだ難しいのが現状です。

がっつり修正しようとすれはハリウッドのCG並みの技術と経費が必要でしょう。最近はスマホなどのアプリで動画加工できるものがありますが、「加工しました感」が丸出しで、自然な修正は困難です。

逆に言えば、動画は写真のようにごまかしが効かないということ。動画で見て「可愛い」と思える女の子なら、実物も可愛いと判断して間違いないでしょう。

 

パネマジに騙されないコツその3「ブログや写メ日記から判断する」

風俗店で女の子を選ぶ際、公式サイトの写真より写メ日記を参考にするという方も多いと思います。

こうしたブログに掲載されている写真は「素」の女の子を確認するうえで有効な判断材料となり得ます。

写メ日記の写真もアプリで加工されたものが増えてはいますが、素顔を出している女の子も珍しくありません。なぜなら、その方が客の受けがいいからです。

今や女の子にとって重要な集客ツールである写メ日記ですが、ここまで人気となったのは女の子の普段の姿が見られるから。公式サイトのプロフィールだけでは分からない「素顔」や「人となり」を写真や文面から垣間見ることができるのが一番の理由でしょう。

それゆえ、写メ日記の写真にあまり過度な加工をしない女の子もたくさんいます。顔バレを防ぐために素顔全開ではないとしても、顔のパーツを見るだけでも「実物はこんな顔だろうな」と判断する有効な手掛かりになるのです。

ただし、自撮りの場合「奇跡の一枚」もあるので、なるべくさりげないスナップショットを参考にするのがポイントです。

 

パネマジに騙されないコツその4「口コミサイトに目を通してみる」

口コミも有効な判断材料となります。口コミに「○○ちゃんと遊んだら写真と実物が全然違っていた」などと書かれていた場合は、要注意。

ただし、口コミをあまり過信するのも危険です。口コミはあくまでも他人が見た評価基準ですから、参考にする場合は客観的に判断するようにしましょう。

具体的にはまず一人の口コミだけでなく複数の口コミをチェックすること。他の投稿者も同じことを書いているなら、信ぴょう性はそれだけ高くなります。

また、その投稿者が信頼できる人物かどうかをチェックするのもポイント。それは口コミに対する他の人の反応を見れば分かります。「参考になりました」といったコメントがたくさんついているようなら、情報の信ぴょう性は高いと言っていいでしょう。

 

パネマジに騙されないコツその5「あまりに美人揃いの店は疑え」

女の子の在籍写真があまりに可愛い子ばかりの場合、パネマジを疑ってみた方が良さそうです。この場合、写真を加工しているだけでなく、そもそもどこかの広告モデルなどの写真を無断で借用している悪質店である可能性があります。

このような写真は、グーグルなどの画像検索機能を利用するとパクリ元の写真が判明することも。疑わしい場合はチェックしてみてください。

 

パネマジに騙されないコツその6「体験入店の女の子を狙え」

店としては、体験入店してくれた女の子をなるべく早く売ってあげたいと思うもの。そのため、待機室などで店のスタッフがポケットカメラで撮影した写真などを公式サイトに取り急ぎアップしたりします。

こうした場合、写真を修正している時間がありません。ほぼ無修正のままサイトに載せるため、パネマジが入り込む余地はないと言えるでしょう。

【パネマジを見抜くには?】まとめ

以上、パネマジについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。

パネマジを回避する方法はいくつかありますが、絶対に見破る鉄板ルールがあるわけではありません。写真から実物をある程度は想像することができますが、実際には会ってみるまでわからないものです。

逆説的ですが、写真に騙されないで女の子を選ぶ一番のコツは「女の子のルックスにこだわりすぎない」ことだったりもします。

現役の風俗フォトレタッチャーに「いい修正写真とは何か」と質問すると「電話が鳴る(=予約電話が殺到する)写真」と答えます。

では「鳴る写真、鳴らない写真の一番の違いは?」と突っ込んで聞くと、大抵こんな答えが返ってくるのです。

「修正の有無に関わらず写真から出る女の子の雰囲気」

女の子の内面的なエロさや人柄の良さは写真から伝わるものです。それを見抜けるようになれば、パネマジに悩まされずに済むはず。例えルックスが写真より劣っていたとしても、そんな女の子となら充実したプレイが楽しめそうです。

パネマジは風俗店にとって言わば必要悪。これからも上手に付き合っていきましょう。

風俗のパネマジ(写真修正)はどこまで許される?

←前の記事 次の記事→

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓(くるわ)だん吉

廓(くるわ)だん吉

風俗雑誌の編集部を経て、現在は風俗&アダルト関連記事のライターとしてウェブサイトをメインフィールドにコラムを執筆中。柔らかい記事からちょっと社会派な硬い記事まで大局的な視点で風俗業界を斬っていきます♪


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!