風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

未知の興奮! 【聖水プレイ】をデリヘルで楽しむには

デリヘルのオプションでよく見かける「聖水」の2文字、気になる方は多いと思います。

本来の「聖水」は宗教的な儀式(主にキリスト教)で使われる聖なる水ですが、風俗店で聖水と言えば嬢のおしっこを指します。

“聖”の文字から想像がつくように「聖水」にはおしっこを崇めるニュアンスがあります。もともとはSMに端を発し、プレイのご褒美としてM男に与えられる女王様の尿を聖水と呼んでいたのです。

デリヘルの「聖水プレイ」はSMクラブほどハードなものではありませんが、オプションに聖水プレイを希望するお客はMっ気のある男性がやはり多いようです。

今回のコラムでは、そんなM男御用達(?)の聖水プレイについて掘り下げてみます!

聖水プレイと放尿プレイの違い

デリヘルなどで「聖水」を使ったプレイには、主に下記の2パターンがあります。

 

■浴尿

女の子のおしっこを身体に浴びるプレイです。

おしっこはただ浴びるだけでも生温かく気持ちいいものですが、水浴びの要領で洗面器などに溜めた尿を体にかけてみるとさらに楽しめます。洗面器が無理なら、両手を受け皿にしておしっこの感触を味わってみましょう。

また、顔面シャワーのように顔面に尿を浴びて楽しむ方法もあります。立ちション、立て膝(顔面騎乗)、シックスナインなど、女性のポーズによって色々な尿の軌道が楽しめます。

顔面に尿を浴びる際、気をつけなくてはいけないのが「絶対に目を開けない」ことです。尿が目に触れると目ヤニが多くなり、最悪の場合は目が開かなくなるケースもあります。大変危険ですので、十分気をつけてください。

 

■飲尿

女の子のおしっこを飲むプレイ。SMでいうところの「人間便器」です。

飲み方にはさまざまなバリエーションがあります。

まずは尿道から直に飲む方法。浴尿と同じように女性に色んなポーズをリクエストして、自分が飲みやすいポジションを探してみましょう。

また、一度容器に注いでから飲む方法もあります。グラスやコップなど、シチュエーションによって容器を変えてみると違った味わいが楽しめます。

体験してみると分かりますが、人間は体内に入れてはいけない異物を口にすると吐き出そうとする本能があります。そのため、初心者がいきなり飲尿に挑戦するのはかなりハードです。

また、尿道からほとばしるおしっこには思った以上に勢いがあります。直接口で受け止めても逆流して口から溢れ出してしまうため、飲み干すには訓練が必要です。

一方、風俗店のオプションで「放尿」というメニューを見かけることがあります。

こちらは主に女の子が客の目の前でおしっこをする姿を鑑賞するプレイです。

おしっこするのはM女性であり、恥じらいながら放尿(またはお漏らし)する姿を眺めて楽しむのが基本。その際、女の子によっては尿を浴びたり飲んだりしてもOKなケースもあります。

いずれにせよ、こちらのプレイで用いるおしっこは、厳密には「聖水」とは呼ばれません。混同する方も多いのですが、きちんと使い分けると「デキるお客」と思ってもらえますよ。

 

聖水プレイの魅力とは

「女性のおしっこを浴びたり飲んだりするなんて、変態がするプレイだ」……そう思う方も多いことでしょう。その気持ちもわかります。

しかし、聖水プレイは風俗店でも人気のオプションです。その魅力とは一体何でしょうか?

 

■聖水の「神秘」

女性器から液体が勢いよくほとばしる光景は神秘的なものです。

特にMっ気が強い男性にとっては、女性の体内から出る体液である聖水そのものが「ありがたい」存在。聖水は性的フェチの対象として崇拝すべきものと言えるでしょう。

 

■おしっこを間近で見られる

「おしっこが出る瞬間を見たい」と思っている男性は多いようです。その願望が叶えられるのも聖水プレイの魅力でしょう。

ただおしっこを見るだけなら「放尿プレイ」でこと足りますが、見る+「浴びる」「飲む」といった付加価値も味わえるのが聖水プレイの醍醐味。また、尿道からおしっこが出るところをよく観察すると、小陰唇がプルプルと小刻みに震えているのだとか。その光景が何ともエロく、病みつきになるようです。

 

■生温かい感触がそそる

聖水の生ぬるい温度や匂い、肌に触れた時の感触がたまらないという声もよく聞かれます。Mっ気が強い男性はなおさらそこにフェチな魅力を感じているようです。

ほかほかと湯気が立つおしっこは女性の分泌物であり、まさに「分身」。世間には「小便愛」(ウロフィリア)という排尿行為や飲尿行為、尿そのものに興奮を覚える性的嗜好がありますが、そうした変態性癖に近いと言えます。

 

聖水プレイをする時の注意点

デリヘルのオプションで聖水プレイをリクエストする場合、注意すべき点があります。

 

■プレイ場所

まずは、プレイする場所。聖水プレイを行うと、当然ですが床などが汚れてしまいます。そのため、聖水プレイには後片付けの手間がいらない浴室が最適。浴室なら尿で汚れても洗い流すだけでいいので、自宅はもちろん、ラブホなどでも気軽に聖水プレイができます。

仮にベッドなどで聖水プレイを行う場合、事前に準備が必要です。底にビニールシートやレジャーシートなど水を弾く物を敷き、さらにその上にバスタオルなどの尿を吸い取る物を敷いて万全の準備を整えておきましょう。

また、自宅で聖水プレイをしたら、室内に匂いが1日以上残ることは覚悟しておいた方がいいでしょう。匂い対策も聖水プレイの必須事項です。

 

■衛生面

尿は無菌であり、飲んでも害がないと言われています。実際、一時期には飲尿療法が流行したこともありましたが、だからと言って安心はできません。

尿は確かに体内にある状態では無菌です。しかし、体外に排出されて外気に触れた途端に雑菌が繁殖してしまいます。飲尿プレイをするなら、尿道に口をつけて直接飲むか、排尿後すぐに飲み干すことが必要です。

尿自体は無菌だったとしても、女の子が何かの感染症にかかっている可能性もあります。その場合、健康によくないことは言うまでもありません。

また、飲尿しなくても体に害を及ぼすリスクはあります。上述しましたが、過去には尿が目に入った男性の目ヤニがひどくなり、目が開けられなくなったという症例もあります。

聖水プレイをする際には衛生面に十分留意しておくことが必要です。

 

■相手選び

尿そのものに性的興奮を覚える「おしっこフェチ」ならともかく、ちょっと聖水プレイに興味がある程度なら初対面の女性のおしっこを浴びたり飲んだりすることに抵抗を覚えると思います。

でも、もしもそれが恋人のおしっこなら……? おそらくそこまで嫌ではありませんよね。

風俗店の聖水プレイも同じことです。いきなり初対面の嬢のおしっこを浴びるより、何度か遊んで気心が知れたオキニ嬢のおしっこを浴びる方がうれしいはず。

デリヘルなどで聖水プレイのオプションをつけるなら、店に何度か通って女の子と仲良くなってからの方がより楽しめます。

 

聖水プレイの料金は

デリヘルなどでは、聖水プレイは人気が高いオプションです。女の子も聖水プレイくらいできないと指名がもらえないため、仕方なく「聖水OK」にしている事情もあります。

「聖水をリクエストしたら、変態と思われるのではないか」といった心配は無用です。風俗店は普段できない非日常的な欲望を叶える場所ですから、遠慮する必要はありません。また、オプションをつけると給料もアップするので、女の子にとっても得になります。

聖水プレイに興味があるけど今までなかなか一歩踏み出せなかったあなた、聖水プレイは風俗店で3,000円程度のオプション料金を追加すれば可能です。勇気を出してチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

←前の記事:時間がなくてもできる【時短スローセックス】のやり方
 
次の記事→:やみつきになる快感! 風俗での【くすぐり】プレイの魅力とは

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓(くるわ)だん吉

廓(くるわ)だん吉

風俗雑誌の編集部を経て、現在は風俗&アダルト関連記事のライターとしてウェブサイトをメインフィールドにコラムを執筆中。柔らかい記事からちょっと社会派な硬い記事まで大局的な視点で風俗業界を斬っていきます♪


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!