初心者でも楽しめるAF(アナルファック)完全攻略ガイド

風俗の世界では様々なプレイができますが、とりわけ変態度が高いプレイとされているのがアナルを使用するプレイ。

なかでもアナルにペニスやペニスバンドなどを挿入して行う疑似SEXはその最たるものです

普段使わない肛門を使用するプレイなのでいろいろ不安なところはありますが、一度やるとハマると評判の高いプレイでもあります。

「お尻の穴なんて臭いし、汚いし、不衛生」

「切れ痔になったり、お腹の調子壊したりしそう」

……なんて声も聞かれますが、コンドームやローションを使うなど正しいやり方で行えばAFは決して危険ではありません。それどころか、直腸から間接的に子宮に刺激を与えることで、通常のセックスとは違った快感が得られます。

そう、AFを経験しないなんて、単なる「食わず嫌い」。人生を半分損しているといっても過言ではありません。今回はそんなマニア御用達のプレイ・AFについて調べてみました。

AF(アナルファック)って汚くないの?

アナルを使ったプレイといえば、大抵は指にコンドームや指サックを付けてアナルに指を入れて手マンのようにして楽しむ、穴が広がってきたらアナル専用のバイブやアナルパールと呼ばれるグッズを用いたプレイをするというのが定番ですが、アナルプレイの最高峰とも言えるのがアナルファックことAF(エーエフ)」

AFとは、「アナルファック(Anal Fuck)」の頭文字である「A」と「F」をとった略語です。その名の通り、アナルにペニスを挿入する、もしくはペニスバンドなどの器具を用いてアナルに挿入して疑似SEXを楽しむというもの。つまりAFとは、お尻の穴を使ってエッチすることを指します。

風俗店のオプションに“AF可”と書かれているのをよく見かけますが、ファックなんてはっきり書いちゃっていいのでしょうか?

風俗店では本番(性行為)禁止なのは周知の通りですよね。この場合の「本番」とは性器=オマ○コを使った行為を意味しています。しかし、お尻の穴は法律的には性器ではなく、単なる排泄器官に過ぎません。だから、答えはイエス。堂々と「ファック」「セックス」と謳ったところで問題はありません。

そんなマニアックなAFという行為、挿入する部分が部分だけに当然リスクもあります。

ウンチを出す部位である肛門には大腸菌や緑膿菌などの雑菌がうようよいますし、場合によってはサルモネラ菌などの有害な雑菌もいたりします。

そのため、ペニスのような繊細な部分がそうした有害な雑菌と触れると感染症を起こす危険性があるのです。

また、AFは衛生面の不安だけではなく、物理的な問題も抱えています。

アナルは膣とは違ってそもそものサイズが小さいですし、もともと挿入することを考えられていないためか、締め付け具合も膣の3倍以上とかなり強力なもの。それだけにムリヤリに挿入したりすると切れてしまって痔になるし、または使い物にならなくなるケースさえあるそうです。

こうして見るとアナルファックは不潔だし、痛そうですが、にもかかわらず、AFが大好きという女の子はたくさんいます。

ちなみに、某週刊誌のアンケートではアナルプレイを経験したことがある女の子はなんと34%。約3人に1人以上という意外なデータもあるとか。

マイナスのイメージがある中でこれだけの経験者がいると言うこと自体、アナルプレイの高い人気を裏付けるものと言えるでしょう。

 

 

AFの魅力って何なの?

衛生面や物理的な問題も含めるとアナルプレイは少々危険なプレイですが、その分得られる快感は通常のSEX以上とも言われています。

男性からしたら膣以上に強い締め付けでペニスをホールドされる快感はたまりませんし、また女性にとってもアナルは膣や子宮の裏側に接しているため、挿入されると痛いよりも気持ちよくなってくるのだとか。

また、Sっ気の強い男性にとっては、AFに不慣れな女の子がムリヤリにアナルを犯されて苦悶の表情を浮かべるところがたまらないようです。

 

AFの魅力は大きく分けて、主に3つあります。

 

・本番に近い疑似感覚を味わえる

アナルファックでは「挿入している」満足感が味わえます。風俗遊びにおけるAFでは、何と言ってもこれが最大の魅力です。

 

・タブーな感覚を味わえる

「アブノーマルな行為をしている」という背徳感は興奮をより高めてくれます。本来、ペニスを入れる場所ではない穴に挿入することは、精神的な興奮を高めるのにうってつけです。

また、AFは視覚的な興奮も大きな要素。AFは肛門に挿入するので、女性器は丸見え状態になります。見た目にとてもイヤラしいですし、アヌス(肛門)にドッキングしたままで女性器を愛撫できるメリットもあります。

 

・女性の性感を開発する優越感が味わえる

肛門はもともとモノを入れるようにできていないため、AFは女性にとって苦痛です。しかし、慣れてくれば女性も肛門で感じるようになります。興奮してくるとアヌスの粘膜が敏感になり、快感が得られるようになるのです。

また、肛門の粘膜を通じてGスポットが刺激されることで感じるケースもあります。AF上級者に言わせると「アナルセックスは身体の内部に快感が走る」のだとか。また、男性には前立腺という性感帯がありますが、女性のアナルには性感帯がありません。そのため、直腸から膣へ間接的に刺激を受けるとことになります。この間接的な快感のおかげで、通常のセックスよりも長時間の快感を楽しめるとも言われています。

このように、AFだけでオーガズムに達することは十分に可能です。ただ、アナルの性感をそのレベルまで開発するにはコツと準備が必要です。

 

 

AF(アナルファック)を気持ちよく行うコツ

彼女や奥さんに「お尻の穴でしたい」とお願いしても、すぐにOKしてくれるとは限りません。だからこそ風俗店でAFをしたがる男性が多いわけですが、オプションでAF可能な風俗嬢であっても最低限のマナーは必要です。

アナルは大変デリケートな部位なので、楽しむためにはちょっとしたコツが必要になります。

そこでAFを楽しむにはどんなことに気を付けるべきか。順を追ってまとめてみました。

 

1:女の子をリラックスさせる

AFで最も大事とされているのが相手への信頼関係

「痛い」「汚い」アナルにペニスを挿入するわけですから、相手のことを信頼できないと成り立ちませんが、その前段階として挿入される女の子の緊張を解きほぐしてあげることが大切です。

リラックスしてない段階でAFをプレイを始めてしまうと、ただでさえ締まりがいいアナルの筋肉がより硬く縮んでしまいます。ただでさえ肛門は「挿入」には不向きなのに、緊張で固くなっていたらスムーズなAFなど不可能。女の子が「その気」にならなければ、肛門括約筋もなかなか緩んでくれません。こうなると、AFどころか指を挿入することさえ困難になってしまいます。

ではそうした状態を避けるために、具体的にどうすべきか。それにはとにかく優しく接して、普段以上に愛撫に時間をかけることです。キスや乳首舐めなど挿入前の前戯を普段以上に時間をかけて行い、女の子の緊張をじっくり解きほぐしてあげましょう。

風俗店でAFをする場合も、客だからといって「お金を払ってるんだから、痛かろうが汚なかろうがやってもらう」という態度は禁物です。

AF可能な風俗嬢とはいえ、肛門性交に慣れている女の子ばかりとは限りません。デリケートな箇所に挿入するのですから、それなりの気配りは重要。紳士的な態度で接して「この人なら優しそうだからアナルでエッチしても大丈夫かな」と思ってもらうことが大事です。

 

2:お尻の穴をよく洗って清潔に!

衛生面での不安が残るAF

挿入した後にウンチなどの排泄物がペニスや指に付着するとそれだけでテンションが下がってしまいます。

先述の通り、アナルには雑菌がうようよといるので、万が一ペニスに付着した場合は感染症にかかる危険性が非常に高まります。

こうしたトラブルを防ぐためにはアナルを清潔にしておく必要があります。

やり方としては、シャワーやウォシュレットを利用すると簡単に綺麗に洗えます。

ポイントは、アナルに直接水が当たるウォシュレットの場合は水の強さを「強」にすることがマスト。シャワーの場合はシャワーヘッドを外して水量を強めにして直接アナルに当てるのがベターです。

慣れている人だとお湯で浣腸をしてキレイにするパターンもありますが、他のものと比べると時間がかかるので、プレイ時間が限られている場合は不向きと言えるでしょう。

 

3:浣腸をしておく

浣腸は市販の「イチヂク浣腸」を使って、複数回行うのが理想的です。

一度に大量の浣腸液を注入すると、直腸が奥まで刺激されて大腸に溜まった余計な宿便まで下ろしてしまいます。

それよりも少量の浣腸液で何度も浣腸を繰り返すほうが効率的。ペニスが届く範囲だけキレイになればそれでいいのです。イチヂク浣腸の容量は30mlなので、3回ほど繰り返して100mlも注入すれば十分。お尻の穴に少し指を入れてみて、「便の固形物がない」「液体が茶色く濁ってない」「便の匂いが全くない」状態になれば、準備OKです。

 

コンドーム(指サック)を指にはめてゆっくり愛撫する

ここまでやったら、いよいよ挿入……と思うかもしれませんが、ちょっと待って。まだやることがあります。

彼女や奥さんとのセックスでは前戯をしますよね。同じように、AFをおこなう際にもしっかりした事前準備が大切です。まずは綺麗にしたアナルの筋肉をほぐす必要があるので、お尻の穴にローションをたっぷり塗り、指で愛撫しながら肛門をほぐしてあげましょう。

この時、指にはコンドームや指サックを付けて、さらにローションなどの潤滑油でゆっくりと愛撫していきます。肛門周辺からゆっくりゆっくりとマッサージで愛撫していき、ローションがなじんで肛門がほぐれてきたなと思ったら、いよいよ指を挿入。

ただし、いきなり2本も3本も入るわけがないので、最初は細めの指を1本。中指よりも人差し指や場合によっては小指から始めてみるのもいいでしょう。そして、挿入できたとしてもすぐに動かしてはいけません。慌てずに入れたままの状態で様子を見ながら、他の性感帯を愛撫します。

これで痛がらないようなら指をもう1本追加、という具合に様子を見ながらプレイをすることが肝心です。

ちなみに、この時、指の爪は短めに切っておくのがマスト。爪が長いとアナルを傷つけてしまう恐れがあるので注意しましょう。自宅だとベッドがローションで汚れるのが嫌だという方は、ホテルを利用するのがおすすめです。

 

ペニスを挿入する

いよいよクライマックス。大体、指が3本くらい入るようになったらペニスを挿入する頃合いです。

ここで注意すべき点は「いきなりピストンしない」こと。これ、鉄則です!

いきなりAV男優のように激しく腰を振るのは禁物。肛門にとってペニスは異物ですから、本能的に括約筋を締めつけて排除しようとします。その状態で勢いよくピストンしても女性は気持ちよくありませんし、場合によっては切れ痔などの原因にもなってしまいます。

それを防ぐには、挿入したまま、腰を揺らすように小刻みに動くのが効果的。

膣がペニスを全体的に包み込むのに対して、肛門は局所的な締め付けがメイン。挿入後はしばらく動かず、他の箇所を愛撫してリラックスさせることで緊張をほぐし、力が抜けてきたところでゆっくりとピストン運動を始めます。この時、腰を大きく振るのではなく、細かく前後に動かす方が快感を味わえますし、嬢の負担も少なくて済みます。

少しでも痛がったりするそぶりを見せたのなら、そこで止めておくのがいいでしょう。アナルはデリケートなので、あまり激しく動くと嬢の直腸を傷つける危険があります。また、コンドームが破れてしまうと衛生的にもよくないので注意が必要です

AFする際の体位は、バックよりも「後側位」が向いています。

下の図でお分かりのように、直腸は「仙骨」に沿ってカーブしています。そのため、いわゆる「バック」だと勃起して硬くなったペニスが入りにくい構造になっています。慣れてくれば受け入れることができますが、初心者には不向きな体位だと言えるでしょう。

そこでおすすめしたいのが「後側位」。直腸検査をする際のポーズを思い出してみてください。ベッドに横向きに寝ていますよね。

実はこの体位こそ、もっともリラックスした状態でペニスを受け入れられる体勢なのです。医療現場でも実証されているわけですから、試してみる価値はあるでしょう。挿入する際、女の子にを「フーッ」と息を吐いてもらうと、肛門括約筋が緩んでより挿入しやすくなります。

AFをスムーズに行うためには、ある程度のペニスの硬さが必要です。肛門は膣より締め付けが強いため、最初のうちは感覚的に慣れないかもしれません。勃起力を高めるように日頃から精力増強に励んでおきましょう。

 

 

AFができる風俗の業種と相場

 

・AF専門店

最初から、AFができることをウリにしている店です。在籍しているのはアナルファックに対応できる嬢ばかりなので、誰を選んでもAFを楽しめるメリットがあります。業態は店舗型から出張型までさまざまなものがあります。料金の相場は総額1万~3万円程度。プレイ時間によっては、さらに高額になる場合もあります。

 

・デリヘル

ほとんどの場合、AFは有料オプションプレイです。オプションの相場は 5千~1万円程度。店によって基本プレイにAFが含まれていたり、嬢によっては無料オプションで遊べるというケースもあります。

 

・ソープランド

ソープランドでは、AFをコースやオプションとして設けている店はほとんどないようです。

ただし、コンパニオンによってはAFに対応してくれるケースがあります。大抵の場合、コンパニオンがAF可能かどうかは公式ホームページに記載されているので、チェックしておきましょう。またはスタッフに「AFできる子はいますか?」と聞いてみるのが確実です。AFに対応してくれるコンパニオンは、高級店(総額5万円程度~)に比較的多く在籍している傾向があります。

 

・SMクラブ

SM店のなかにはAFコースを設けているお店も少なくありません。料金は2万~4万円程度。ただし、プレイ時間によってはさらに高額になる場合もあります。

 

上記がAFができる代表的な風俗店です。

AFはリクエストすればすぐできるというものでもありません。なぜなら、女の子側にも体調管理や食事管理といったそれなりの準備が必要だからです。

では、万が一、プレイ中に興奮してどうしてもAFをしたくなった場合はどうすればいいのでしょうか。

その場合、財布に余裕があるならできる限りプレイ時間を延長してあげるのがベター。なぜなら(上述した通り)AFを行うには時間がかかるからです。

最初から「今日はAFするぞ」という気分なら、予約時にスタッフにその旨を伝えてロングコースを予約しておけばOK。AFをする時はゆとりをもって挑むように心掛けておきましょう!

 

 

実録・AF(アナルファック)風俗体験談

さて、そんなAFですが…実は筆者はその締め付け具合が気になって、以前にAFをウリにしているお店に行ったことがあります。

これは数年前の話。場所は五反田のとあるM女専門のSM店でした。

当然ながら女の子はMの子たちでAFOK

むしろAFが好きでお店に入ったという文面がプロフィール内に記載されているほど。

普段ではお目にかかれない変態っぷりに大いにそそられました。

私が気になった女の子は人気のあるキャストのようで、早めに予約をしてその日を待ち望んでいました。

いざ対面となった日、ホテルで顔を合わせましたが…その様子はいたって普通。

若干ぽっちゃりしすぎな気はしないでもないですが、あどけない表情に気を許し、さっそくプレイスタートです。

 

まずはシャワーでアナルをじっくりと洗うのですが…
この女の子の場合は慣れているため、自分でシャワーヘッドを外して、ホースのようにしたシャワーでお湯の水量をドバドバと強めにしてガシガシと洗っていました。

……通常ならこれでいいのでしょうが、あまりにも事務的に自らアナルを洗う姿に筆者はドン引き。

とはいえ、プレイはまだこれからと言うことでなんとか気持ちを盛り上げていきますが、女の子のアナルを見たときに改めてドン引きしました。

歴戦の証ともいうべきか、女の子のアナルはもうやる前から穴がポッコリと開いている状態

何も愛撫などしなくとも指が2本は入るのでは?というくらいにゆるくなっていました。

これではAF特有の締め付けはないのでは?という感じがしますが、せっかく来たのですから筆者も気合で気持ちを切り替えて愛撫→ゴムを付けての指入れという形でアナルを徐々にほぐしていきます。

最初は女の子も痛がるそぶりを見せていましたが、だんだん指が入っていくと気持ちがよくなってきたのか、その喘ぎ声もどんどん大きくなっていきました。

 

そしていよいよペニスを挿入。

ゴムを付けたペニスをアナルに入れますが、その締め付けはやはり想像以上。

表現するのが難しいですが、いうなれば処女の女の子のあそこに挿入した感じ。

あれだけ使い込まれているように見えたアナルでも、処女の女の子よりも締め付けは抜群でした。

これだけ締め付けられると思わず激しいピストンをしたくなりますが、それはご法度なので、ゆっくりゆっくりとしたスローなテンポでピストン。

正直、締め付けがよすぎるだけで、あまり気持ちいいという印象はありませんでした。

いつしかゆっくりとしたピストンに嫌気がさしてきて、とうとう射精前に抜いてしまいました。

結局この時は手コキで射精してもらい、消化不良のまま終了。

女の子自体は気持ちよかったようですが、筆者は馴染めぬまま終了したというやや不完全燃焼な感じでした。

そもそもシャワーで洗っているところを見たときに引いてしまったのも一因かもしれません。

筆者の様なせっかちな人には、AFはもしかするとあまり向いていないプレイと言えるかもしれません。

 

 

AF(アナルファック)のまとめ

以上、AFの実態や体験談などお伝えいたしました。

知れば知るほど奥深いAFの世界。

これを読んで更に気になってしまった方も多いことでしょう。

風俗遊びの中でも中級者以上でないとやりづらいプレイですが、興味があればぜひ挑戦してみてください。

 

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円

コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!