風俗遊びに役立つ! 女の子が悦ぶ超絶クリトリス愛撫術

唐突ですが、質問です。

「あなたは女性のクリトリスのことをちゃんと理解していますか?」

たぶん、多くの男性が「クリトリス? そんなの知っているに決まっているよ」と答えることでしょう。

しかしながら風俗店で働く女の子に聞くと、クリトリスについて誤解している男性もちらほらいるようです。

例えば、とにかく「クリトリスを刺激すれば女の子が悦ぶ」と思っていきなり強く責めてしまうケース、「クリトリスは皮を剥いて愛撫するもの」と思い込んでいるケース、中にはそもそもクリトリスの位置を勘違いしているなんてレアケースも……。

そんな勘違いをしたまま風俗で遊ぶことは、トラブルの元です。そんな悲劇を起こさないためにも正しいクリトリスの知識&愛撫方法をお伝えします!

 

そもそもクリトリスってどこにあるの?

性体験が少ない男性は、クリトリスの位置を正確に把握するのが案外難しいものです。

医学書の図解などであらかじめ学習していても、いざ実際に生身の女性器を目の前にするとかなり勝手が違うもの。なぜなら女性器の形状は女の子によって千差万別ですし、大抵の場合、平時のクリトリスは皮を被っていて外部から見えなくなっているからです。

クリトリスの大きさには個人差がありますが、平均して0.4mm~0.8mmぐらいと言われています。もっとも、これは平常時の大きさ。興奮すると、男性のペニスのように充血して勃起することで肥大化します。

クリトリスの位置をなるべく分かりやすくするため、図を2枚用意しました。

 

 

まず上は保健の教科書などでよく見かける図ですよね。大体の位置はこの図でイメージが掴めると思います。ただし、上述の通りクリストリスは基本的に皮に埋もれているため、常にこんな風に顔を覗かせているとは限りません。

そこで下の図をご覧ください。この図は体内に埋まっているクリトリスの全貌を示しています。ピンク色の部分がクリトリス(正式には陰核(いんかく)と呼ばれます)。普段顔を覗かせているのはほんの一部分で、実はこんなに大きい器官だったんですね。

 

 

クリトリスって何のためにあるの?

ところで上の図を見て「クリトリスの全体像って、オチ○チンみたいだな」と思った方はいませんか。

そう思ったあなたは正解。クリトリス=陰核はWikipediaではこう説明されています。

陰核(いんかく)は、ヒトの女性器を含む哺乳類の雌の性器に備わる小さな突起で、発生学的には男性の陰茎に相当する。

また、ネット上ではこうも書かれています。

陰核は、男性の陰茎(いんけい)と同じような構造で陰茎海綿体(かいめんたい)という海綿体からできています。男性器の亀頭(きとう)が包皮でおおわれるように、陰核亀頭も包皮でおおわれています。
男性の亀頭陰茎に存在する神経が数ミリ程度の陰核に集まっており、性的に非常に敏感なところです。

(ともに「性教育のおはなし」より引用)

このように、クリトリスの構造は基本的にペニスそのもの。となると、クリトリスが非常にデリケートな部位であることがお分かりでしょう。

例えば、オチ○チンをいきなり強い力でごしごしシゴかれたら、快感より痛みが勝るはず。ましてや普段は包が被っている亀頭を剥かれて刺激されたら……そりゃ気持ちいいどころじゃありませんよね。

しかも、あの小さなクリトリスの中にはペニスと同じ本数の神経が密集しているというのですから、どれぐらい敏感かは容易に想像できるというものです。

 

 

クリトリス愛撫の基本は焦らし&フェザータッチ

さて、クリトリスの正体についてある程度理解できたところで、実践的なクリトリスの愛撫方法に移りましょう。

クリトリスを愛撫する際は、オナニーでオチ○チンを触る時以上の繊細さが必要です。

具体的な方法としては、主に下記の2つ。

・いきなり触らない。周囲から徐々にタッチし、焦らしながらクリ包囲網を固めること。
・愛撫の基本は「フェザータッチ」。指の腹を使い、円や八の字を描くのが理想的。

上記を踏まえて、効果的なクリトリス愛撫術をご紹介していきます。

 

「パンティー越しタッチ」

女性にペニスを愛撫される際、直接いじられるよりパンツ越しの方が気持ちいいという経験、ありますよね。 

クリトリスを愛撫する際も同じことです。女性の場合、パンティーがシルクやサテンで出来ていることが多いため、余計に肌触りが良く、愛撫に適しています。

あくまでも軽く、撫でるように愛撫するのがコツ。直に触れないもどかしさが、女性をかえって興奮させます。特に、クリ愛撫の導入部で行えば効果テキメンです。

 

「ながらタッチ」

クリトリスはデリケートな部位ゆえ、そこだけを責めていると、女性はクリを意識しすぎる余りにかえって愛撫に集中できなくなってしまうことがあります。

それを回避するのが「ながらタッチ」です。「キスをしながら~」「おっぱいを揉みながら~」、同時多発的に愛撫することで快感の相乗効果が得られます。

ただし、クリトリスの位置を正確に把握していないと「ながらタッチ」は困難です。クリトリスを視認しなくてもノールック愛撫ができるぐらい経験を積んでおきましょう。

 

「ご褒美タッチ」

究極のクリトリス愛撫術、それは「愛撫しないこと」です。

何だか禅問答のようですよね。クリトリス愛撫の基本は「焦らす」ことだと前述しましたが、この「ご褒美タッチ」はさらにその上をいき、「焦らす」を通り越して「放置する」愛撫術です。

周辺からじわじわ責めていき、もうそろそろクリトリスにくるかなと期待させておいてあえて放置――これを執拗に繰り返すと女性はじれったくてたまらず「もう我慢できない、クリトリスに触って!」と自ら懇願することでしょう。

そうなったら初めて、クリトリスを愛撫するのです。「待て」の命令にちゃんと従ったご褒美として与えるとどめの一撃のタッチ。この愛撫術だと女性はほぼ確実に感じてくれるので、テクニックに自信がない方にもおすすめです。

 

「ペログリ」

クリトリスを舐める「ペログリ」は、指でのタッチと並ぶクリ愛撫の代表的な手段。クリトリスは乾きやすいので、唾液をたっぷりまぶしながら舐めるのはとても効果的です

ただ舐めるだけではなく、クリトリスにキスしながら軽く吸ってあげるといった動作も加えるといいでしょう。キスをすることで「これからここを愛撫する」という予告にもなり、女性の期待感が高まります。また、大切に扱われているという安心感にも繋がることで、興奮をより高めることができます。

 

「クリバイブ」

世の中には、クリトリス愛撫に特化したグッズがたくさんあります。こうしたグッズは、いかにクリトリスの特性を徹底的に研究した上で作られているため、使わないという手はありません。

中でもおすすめの商品は「クチュスティッキー Moppy(モッピー)」

Moppyは先端ブラシに角度が付いているためオナニー時でもクリに当てやすく、生活防水仕様だからローションや愛液に塗れても安心。さらに静音性に優れているので、夜中でも心おきなく利用できます。

口コミでは「振動があまり強くない」という声も聞かれますが、そこがかえって万人向きなところ。これぐらいの弱いパワーでじわじわ責められた方が気持ちいいという女性の方が圧倒的に多いと言っていいでしょう。

クリトリス吸引グッズも効果的です。おすすめなのは「サティスファイヤ Pro2」。まるで美顔器のようなスタイリッシュなフォルムで、クリトリスにぴったりフィット。吸引口が大きめで、肌に当たる部分は肉厚のシリコン素材なので痛くないのがメリットです。

 

「二所責め」

女性器のクリトリスと膣を「手マン+クンニ」で集中的に責める愛撫方法です。

やり方としては、まず舌を柔らかく使った優しいクンニから始めて、女の子が感じてきたら中指を挿入して愛撫します。この時、中指をフック状に曲げて、手マンでGスポットを刺激しながらクンニするのがコツです。

注意するべき点は、手マンを激しくやり過ぎないこと。クンニと手マンの快感が5対5になるように心掛けながら、あくまでも優しく愛撫してあげてください。

 

「チンズリ」

自分のペニスを使ってクリトリスを愛撫するのも効果的な方法です。亀頭の先端やペニスの裏筋を擦りつけながら、クリトリスを愛撫してあげましょう。

ペニスの感触は、指や舌とも違う独特なものです。特徴的なヌメリやツルツルとした感触はクリトリスにとっても心地よく、また視覚的な興奮も得られます。

ただし、風俗店ではこれはやらない方がいいでしょう。理由はお分かりですよね。そう、本番強要と勘違いされてしまうからです。

例え本番するつもりがなくても、女性器にペニスを押しつけられることは女の子にとって不安なもの。それに万が一、つるんとすべった拍子にアクシデント的に「入ってしまう」可能性もあります、いずれにせよ、風俗店で「チンズリ」は避けた方が無難ですよ。

 

 

女の子に悦ばれる超絶クリトリス愛撫術・まとめ

いかがでしたか。

冒頭で「自分はクリトリスのことをちゃんと理解している」と思っていたあなたも、ここまで読んだらその自信が少し揺らいできたのではないでしょうか(笑)。

クリトリスは誰もが感じる場所だと知りながら、しっかりと感じさせられていない場所でもあります。

これまでクリ愛撫に自信があったあなたも、そうではないあなたも、ぜひ今回ご紹介したクリトリスの豆知識や愛撫方法を活用して、ワンランク上のクリイキエッチを体感してみてくださいね。

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓(くるわ)だん吉

廓(くるわ)だん吉

風俗雑誌の編集部を経て、現在は風俗&アダルト関連記事のライターとしてウェブサイトをメインフィールドにコラムを執筆中。柔らかい記事からちょっと社会派な硬い記事まで大局的な視点で風俗業界を斬っていきます♪


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!