チサンマンションほか、名古屋の裏風俗事情

2027年のリニアモーターカー開通に向けて、駅前の大規模な再開発が進んでいる名古屋

名古屋駅の周辺はソープ街を始め、箱ヘルが広がる風俗地帯。箱型ファッションヘルスはデリヘルに押されて店舗数は減少気味ながら、まだ10軒弱は残っています。また、キャンパブ(キャンパスパブ)なる風俗もあります。

キャンパブとは名古屋発祥の風俗で、ピンサロの一種。ラウンジタイプと個室タイプがあり、ラウンジタイプはソファーの間に間仕切りがないのが特徴。店内は暗いため隣の様子はよく見えませんが、生々しい雰囲気は興奮必至です。

そんな名古屋の代表的な風俗は、やっぱりヘルス。新幹線駅近くにソープ街が堂々と立ち並んでいるのも名古屋ぐらいのものですが、名古屋のソープランドはヘルスに比べて影が薄いんですよね。

その理由としては、お隣の岐阜県に有名な泡街・金津園があるのもさることながら、それより一番の理由はヘルスで本番ができちゃうお店が多いと噂されているからでしょう。

今回は本番できるお店が多いと囁かれる名古屋ヘルスの裏風俗事情について迫ってみます。

 

ここがヘンだよ名古屋風俗? 名古屋ヘルスのガラパゴスシステム

名古屋の箱型ファッションヘルスには他の地域にない特徴がいくつかあります。

ひとつは「入場料」を取るお店が多い、ということ。

この入場料とはソープランドにおける入浴料みたいなものです。お店に入るときに支払い、入場料を払ってはじめて写真パネルを見ることができるというシステム。入場料は大抵、一律2,000円となっています。

フリーで入って写真パネルで指名する場合、指名料金はかからないお店が多いようです。

また、名古屋の箱型ヘルスには裏メニューが用意されているお店が多いのも特徴です。

名古屋のヘルスではコース表に通常コース以外に「VIPコース」「GOLDコース」などのメニューが並んでいるお店があります。筆者の経験上、こうしたお店は本番できる可能性が大。つまり、VIPやGOLDは「本番可」の隠語になっているわけです。

もともとそうした土壌があるだけに、名古屋の風俗では「ヘルス=本番あり」という認識がいまだにあるようです。通常コースで遊んだ場合でもゴム付きなら本番オッケーと割り切っている女の子もいたりします(実際、筆者も何度か遭遇しました)。

喫茶店のモーニングサービスや名古屋メシに代表されるように、名古屋にはサービス過剰な文化がありますが、風俗業界にもそうした文化はしっかり根付いているようですね。

 

 

名古屋裏風俗のメッカ「チサンマンション」とは

名古屋の裏風俗と言えば、忘れてはならない性地……もとい、聖地があります。

ご存知の方も多いかもしれませんが、それは「チサンマンション」。名古屋の繁華街・栄に位置し、名古屋風俗好きならここを知らないとモグリと言われるほどの超有名な風俗マンションです。

栄は名古屋駅から地下鉄で5分ほどの場所にある随一の歓楽街。店舗型ヘルスはもちろん、キャンパブや風俗エステ、おっぱいパブ、セクキャバといった豊富なジャンルの風俗店が揃っています。

そんな中でも異彩を放っているのが、件のチサンマンション。風俗店が多数入居しており、このチサンマンションの店舗型ヘルスには本番できるお店が多いというのが好事家の間では定説となっています。特に、人妻や熟女系のお店は本番確率が高いとか。

チサンマンションの正式名称は「チサンマンション栄II番館広小路」。

住所は愛知県名古屋市中区栄2丁目4-5です。地下鉄東山線伏見駅の4番出口を出て、広小路通りをまっすぐ栄方面に5分間ほど歩けば茶色いマンションがあるのですぐに見つかるはず。(詳しい場所は下記の地図を参照してください)。

チサンマンションは昭和57年に分譲マンションとして建てられましたが、バブル崩壊後に建物の価値が急落し、ローン返済に困ったオーナーたちが風俗店に貸し出して現在のような風俗密集マンションになったようです。ちなみに、一般人も入居しています。

正式名称を見て気付いた方もいるかも知れませんが、栄にはチサンマンションがもう一棟存在します。「チサンマンション広小路」という紛らわしい名称ですが、こちらは風俗マンションではないのでくれぐれも間違えないように(笑)。

風俗マンションである「チサンマンション栄II番館広小路」はA棟、B棟に分かれています。入ってすぐのところにあるエレベーターがA棟、突き当りまで行って左に曲がってすぐのエレベーターがB棟のエレベーターです。

多くの店舗が受付とプレイルームを別々の部屋に分けており、A棟で受付後、B棟に行き、そこで別のスタッフに部屋へと案内されることもよくあります。風俗店のスタッフ、お客、女の子などがエレベーターで行き来する光景はチサンマンションでは日常茶飯事となっています。

 

 

チサンマンションで本番率が高いと噂のヘルスは?

さて、チサンマンションで本番確率が高いと噂されるお店を紹介していきましょう。

 

■ファッションヘルス「N」

所在地:A棟9F
料金:50分13,000円~
営業時間:10:00~24:00

チサンマンションを代表するファッションヘルス。料金はAプランからCプランまであります。

 

■熟女ヘルス「M」

所在地:B棟11F
料金:30分10,000円~
営業時間:10:00~24:00

和風の個室が情緒たっぷり。コンパニオンのコスチュームも長襦袢姿で色気ムンムンです。

 

■人妻ヘルス「H」

所在地:B棟3F
料金:50分13,000円~
営業時間:10:00~24:00

人妻ヘルスですが、女の子の年齢層は三十路より若め。イベント開催時には60分10,000円で遊べます。

 

■熟女ヘルス「T」

所在地:B棟4F
料金:30分11,000円~
営業時間:9:00~24:00

チサンマンションの中でも破格と言っていいお店。サービス濃厚な女性が多く、熟女好きにおすすめ。

 

■熟女ヘルス「E」

所在地:B棟8F
料金:30分10,000円~
営業時間:10:00~24:00

上述の「T」と並ぶ激安店。昭和エロス漂う美熟女が揃っており、新人も定期的に入店しています。

 

■人妻ヘルス「J」

所在地:A棟3F
料金:50分11 ,000円~
営業時間:10:00~24:00

 

筆者も昔、チサンマンションのとある人妻ヘルスで本番させていただいたことがあります。

ある時、素股でアソコにペニスをグリグリ押しつけていたら、コンパニオンがやおら立ちあがって部屋を出ていってしまったことがありました。

「ひょっとして本番強要を疑われたか? スタッフにチクられて出禁にされるかも。いや、まさか罰金100万円?」なんてビクビクしていたら、戻ってきた嬢の手にはコンドームが……。

「入れるならコレしてね」

嬢は慣れた手つきでゴムを装着し、筆者のペニスをオマ○コに導いてくれたのでした。あの時はちょっとビビったけど、いい思いをさせてもらいました(笑)。

 

 

名古屋の裏風俗事情まとめ

名古屋の風俗は、箱型ヘルスだけでなくデリヘルも本番率が高いと言われます。最後にこちらもざっとご紹介しておきましょう(あくまでも噂をもとにピックアップしています)。

AV○NCE 70分17,000円~
A○75分 10000円名古屋本店 75分10,000円~
ス○ーピース本店 50分8,000円~
GRA○ND STAGE 60分21,000円~
奥様鉄道69 70分16,000円~

いやはや、名古屋風俗は奥が深いですね。

名古屋は「ビジネスマンが出張で行きたくない街ナンバー1」とよく言われますが、それはあくまでも表向きの話。派手に宣伝して荒らされたくないがための一種のオキニ隠し(?)かも知れません。
こと裏風俗に関しては、名古屋は行きたい街ナンバー1と断言していいでしょう。

念のためお断りしておきますが、本コラムは裏風俗を推奨するものではありません。風俗店での本番は違法行為です。遊ぶ際はくれぐれも自己責任でお願いします!

【関連記事】

裏風俗マンション!? 名古屋の仰天風俗事情

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓(くるわ)だん吉

廓(くるわ)だん吉

風俗雑誌の編集部を経て、現在は風俗&アダルト関連記事のライターとしてウェブサイトをメインフィールドにコラムを執筆中。柔らかい記事からちょっと社会派な硬い記事まで大局的な視点で風俗業界を斬っていきます♪


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!