気付ける人と気付けない人

こんにちは。前立腺肥大気味のKといいます。
最近日々感じている事を書かせて頂きます。タイトルにあるように、人には2種類あると感じます。気付ける人と気付けない人。近い言い方だと、【気遣い出来る人と出来ない人】【周りに目を配る人と周りが見えない人】【常識を疑う人と鵜呑みにする人】【慣習に埋没する人と変えようとする人】というところでしょうか?

例えば電車。座席への座り方を見ているだけで、その人の人物像がある程度判断出来ます。

いきなりドカッ!と座る人もいれば、左右をよく見てゆっくり座る人もいます。前者の方とはお友達になりたくないですね。では、電車内の荷物の扱いはどうでしょうか?

以前に比べると、荷物棚を使う人が随分減ったと思いませんか?ここでも、2種類の人に分かれます。自分の荷物が周りに迷惑をかけないか…【気をつける人】【気が付かない人】。とても残念なのですが、気が付かない人のなんと多い事か…。是非、電車に乗る人みんなに気付いて欲しいものです。自分の荷物には責任を持とう!

次に、職場の中を考えてみます。例えば、職場のゴミ。ゴミ箱に入るゴミの量には限りがあります。私は紙や封筒類は多少切り刻んで捨てます。紙パックは折りたたみ、袋を結んで捨てるときは中の空気を抜いてから捨てます。この方が分量を減らせますし、他の人が捨てるときに『あっ!一杯だ!』というケースを減らせると思うからです。

ゴミ箱が汚れていたら雑巾で拭きます。みんなが気持よく使えた方がいいですよね。

でも、残念ながらそのような事に無頓着な人も多いのが現実です。
次に、傘置き場はどうでしょう?雨が2〜3日続いた後の傘置き場を見て下さい。空いているところに、無理やり傘を入れる…みたいな、ほぼ『ぐちゃぐちゃ』になっている筈です。こんな場合も、傘を入れ直して端の方に寄せてあげます。些細なことですが、この『気付き』がとても大事な気がするのです。

次に、単純に人と人との関係で考えてみます。
【物言わぬ人】の存在は貴重です。物言わぬ人ほど、思慮深く冷静に「ものの道理」を考えているものです。私はそしてあなたは、この【物言わぬ人】に気付けるでしょうか?気付いていないだけかもしれませんが、世の中は【物言わぬ人】によって動いているのではないでしょうか?

是非、皆が『気付ける人』であって欲しいと考えます。
そして、そのような人と一緒に仕事がしたいと思います。
シンデレラFCグループは、そのような方々との出会いを心待ちにしております。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!