私が感じたシンデレラグループ

皆様、いかがお過ごしでしょうか?
私は、横浜人妻店の店長を勤めさせて頂いている者です。
おかげさまで、年末年始は大盛況のうちに幕を閉じました。
誠に有難う御座いました。
人妻店の店長を勤めさせて頂くようになってから、2度目の年末年始でしたが
店長想いのスタッフとの団結力によって、一つの壁を乗り越えることができました。
また、私自身一回り成長できたように思えます。
私がシンデレラグループに入社当時は、右も左もわかりませんでした・・・。
ですが、先輩方に優しくご指導頂き、今現在に至ります。
シンデレラグループに入社させて頂いて、感銘を受けたことがあります。
それは、『発想の自由がある』ということです。
自由と一言で申しましても、好き勝手にできる、という意味ではありません。
例をあげますと、お店のコンセプトや方向性を、私を含め、スタッフ全員で考え、
定めることができるということです。
風俗業界には、様々なお店があります。
その中でも、人妻のお店にしたり、コスプレのお店にしたり
スタッフ一丸となって理想のお店を作っていくこともできるという素晴らしい
意味での『自由』です。
当グループの代表は、役職だけではなく、内勤スタッフ一人一人の提案や悩みを
聞くためだけに時間を割いてくれています。
チャレンジしてみたい方向性を提案すれば、実現することも可能なのです。
ふつうの大企業でしたら、社長の顔すらしらないなんてザラ。
ましてや話を聞いて頂くなど、そんな機会もまずないでしょう。
他とは違うところ、普通ではできないことが、このシンデレラグループにはあるのです。
仕事をするからには、上を目指したいと思いますよね?
私は、思います。
マニュアルがあり、それに従って仕事をする会社が多い中、適切な指導を
して下さって、その中でも自分の意思を伝えることができ、その上、実行していくことの
できる、当グループの仕事には、とてつもなくやりがいを感じます。
『次はこうしていきたい』と、はっきりした目的意識をもち、目的に向かい
努力をし、そして、仕事をする上で向上心が生まれる。
それが、シンデレラグループの素晴らしいところだと思います。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!