ちょっとだけ、いい話

『魔法のチケットをプレゼントするよ☆
また、大きくなったら絶対キテネ!!!』

悲しそうな女の子は、その魔法のチケットを手にすると素敵な笑顔になりました

先週の日曜日、ディズニーランドでの出来事です。
悲しそうな女の子は、私の次女(5歳児)です。

アトラクションの身長制限に引っ掛かってしまい、楽しみに列に並んだのですが乗る事ができませんでした・・・・・。

遊園地などでは珍しい話ではなく、よくあることです(笑)

『ごめんね〜』と、普通は、これで終わりです。
安全の為、絶対に乗せられません。

『ごめんね〜』と、この対応で十分だと思います。
それ以上の対応も、それ以下の対応もお客様は望みません。

逆に、『今回は、特別にいいですよ〜』なんて、気前のいいスタッフがいたとしたら、スタッフの教育を疑い、本社に通報します!

無理なものは無理!仕方がないのです。決まりですから。

【時系列】
1.楽しみにしていたアトラクションがあった!
2.ワクワクしながら並んだ。
3.身長を測った。
4.断られた(泣)※普通はこの時点で終了!駄々をこねる子を、親が慰める。

☆ここからが、見習いたいところ☆

5.代わりに特別なプレゼントがあった☆
6.残念なはずが、嬉しくなった!
7.また、必ず行こうと思った!

楽しみにしていたアトラクションに乗れなかったのにも関わらず、おそらく乗ったとき以上に良い気分になった子供(お客様)の心理。大きくなったら必ず乗ろう!と思わせる演出?

隣で見てた親(私)は、『さっすが〜!!!』 
流石!オリエンタルランド!

そんな、どうでもいい?ことまで、お客様を気遣うキャスト教育?サービス精神?絶対に満足させてやる的なプライドの高さ?がっかりさせない、最後まで期待を持たせるプロ意識?

FCグループの全スタッフ&全女子コンパニオンにも徹底することができれば、ほんとうに素晴らしいと思った。

自店での接客の改善を日々考える私としては、日頃、常にコンビニスタッフからデパート、タクシー、居酒屋、ドラッグストア、等々・・・。お金を支払う場面では、あらゆる店員の接客対応には目を光らせていますが(酔っていたとしても)、久しぶりに感心させられました。※帰宅する間、帰宅後もずっとその事だけを考えていました。

おそらく日本で一番?、来園者数の多い施設。忙しいはずなのに・・・
イベント企画や、新アトラクションの企画やその他、考える事が沢山あるはずなのに・・親切丁寧な接客対応は、十分なはずなのに・・・

そこまで、考えてるなんて・・・

私にとって、凄く考えさせられた、ちょっと素敵ないい出来事でした。

因みに、【魔法のチケット】とは、フューチャー・ライド・カードという期限無しのファストパスチケット!※社用通路を使ってファストパスよりも断然早い!しかも、一組(何名様でも!)

ただ、それだけです(笑)

好きな人にとっては、最強のチケットらしいです。

頭ではなく、心で考えないとお客様の気持ちをガッチリ掴むのは難しそうです。

目指せ!!!五反田ディズニーランド!

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!