限られたマーケットで勝ち残るために

池袋モンデミーテの佐藤です。

今あるどの業界、業種においてもそうだったと思いますが、世間に新たに出始めたときは急激にシェアが広がっていくものです。その業種が伸びている間は新たな参入も多く、業種によっては全くの素人が始めても利益を上げることがあります。

しかしながら絶対的なシェアは存在するのであって、やがては限られたマーケットの中での消費者の奪い合いが始まります。そこで企業や経営者は様々な工夫をして自社の商品が売れるようアピールするのです。

風俗においても例外ではなく、今はただ店を開けているだけではお客様はやってきません。ここ池袋だけでもデリヘルやホテヘルは相当数あります。その中で自店舗を目立たせ、リピーターを獲得することができる店舗だけが勝ち残ることができるのです。

風俗を利用されたことがある人でしたら誰でも感じることでしょうが、同じ料金を払うのならレベルの高い女の子に相手をしてほしいと思います。だとしたらモデルのような綺麗な女の子だけが在籍しているお店は流行っているのかと言えば、そうではない場合もあります。理由は様々だとおもいますが、宣伝の仕方がターゲットを捕らえていない。コース内容、プレイ内容が単調だったりすることも理由の一つだと思います。確かに日常生活では出会うことのないような美女が、接客してくれれば一時の満足は得られるのですが、ただ単調なプレイの繰り返しだけですとやがて飽きがきます。

風俗を年間何度も利用する人はだんだんに理想が高くなります。ここで言う理想とは女の子の容姿レベルではなく、自分の性癖に対しての希望を叶えられるプレイ内容です。そしてプレイで肉体的な満足を得られたあと望むものは、気持ちの満足です。あのお店のあの女の子に会えば身も心も満たされるとなれば、何度も利用してもらえるのです。見た目がそれほど目立つことのない普通の女の子がリピート率上位だったりするのですから。

これからの風俗業で勝ち残るためには、ターゲットを絞り、そこで上手に宣伝が出来、実際来店されてからの満足度の高い店舗が繁栄することが出来ると思います。自店のコンセプトに共感してくれるお客様を掴むことです。

この先、さらに大きくなるであろう風俗業界の優良企業で、あなたの力を試してみてください。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!