仮想現実

幹部ナビブログをご覧の皆様こんにちは、デザイン部の者です。

ここ最近、ゲーム業界でなんとなく「VR」なんてのが話題となっております。
「VR」とは早い話バーチャルリアリティで、ティスプレイのついたヘッドギア的な物を頭にがぽっと被ってゲームをしたりする装置です。
今回は画面が赤一色というわけではないのでかなり期待が高いようです。

これまではFPSやレースゲームのように自分の視点でのゲームはありましたが、とっさに横は向けないし、やはりテレビでゲームをやってる感は否めませんでした。
しかしVRでは360度全方向を取り囲む3D空間の中で、まるでプレイヤーがゲームの中にいるようにプレイできるらしいのです。

となると、あの映画の主人公のように空を飛んだり、フォースをどうにかしたり、F1レーサーになってチャンピオンと走ったり、勇者になって魔王を倒しに行ったりが、これまでにない臨場感で楽しめる~となれば期待せずに入られません。

…と言いつつ、これを読まれてる方ならそんなことより、臨場感、迫力、リアリティ推すなら大人のゲームはどうなのよって話になってくると思います。

その興味がどちらに向いているかは別として、実際にVRが普及してしまえば風俗いらないんじゃないの?みたいな声もちらほら聞こえてきて、かなり危機なのではないかの心配もあります。

ただ、まだ憶測に過ぎませんが、現実と錯覚するかのような空間で、理想の女性があんなことやこんなことをしてくれても結局は相棒が右手だと最初は良くてもそのうち仮想と現実の落差に虚しくなりそうな気がするのです。

そこに風俗店としてはビジネスチャンスが生まれてくるのではないかと思います。
例えば撮影機材の云々は置いといて、女の子のページのムービーをVRで観て程よいところで続きはリアルで♪みたいな動線にしたり、VRコースまたはVR専門店なんてのを作って黒子に扮した女の子が映像と連動して…なんてのもどうか?と、アイディアを練ったりできるわけです。

まだ先の話ではありますが、VRが主流になれば風俗業界でもこれまでにない遊び方などが出てくるかもしれません。

新しい楽しみ方を考えたりそれを広めたいというような好奇心旺盛のアナタ!そんな方を我々は大歓迎しております。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!