この半年を振り返って

風俗求人幹部naviをご覧の皆様、【新橋たっち】スタッフの鈴木と申します。
早いもので、私がシンデレラグループに入社して半年が経過いたしました。
15年ほど前に若干この業界の経験があった私ですが、やはり時代は流れていて、この半年は解らない事だらけでゼロから覚えるスタンスでここまでやってきました。
昔はインターネットも今のように普及していなくて、携帯電話もi-modeがやっと始まった時代でした。
今では広告も、特に風俗店の集客広告といえばインターネットが主軸となり、昔のようなキャッチ行為は一切なくなりました。
必然、店側がお客様を来店させるといった強引な営業は皆無となり、お客様が店を知り、お客様に選んで頂く、といった形になり、そのとっかかりとなるweb広告でいかに店舗の魅力と女の子の魅力を伝えるか、といった所が重要になります。
 
現在、私は受付業務等も一通り覚えたという事で、ネット関係の担当業務をメインにやらせて頂いています。
ネット関係は元々趣味の範囲で多少かじっていたので、とりあえず「大丈夫だろう」位の気持ちで任せてもらったのですが…これが非常に難しい。
新規で御来店されるお客様の数は自分の仕事内容次第だという意識と責任。
 
直属の上司である小島さんは「スペシャリストよりゼネラリスト」という方針で、オールラウンダーなスタッフ育成に主眼を置いています。
ですが、当社に入るまで12年程の間、製造業で工場勤務をしていた私が学んだ組織作り・チーム作りの理想系は「一専多能」ではないかと思っています。
各自は一通りの事は全て出来る上で、その中でも一つだけは他の誰よりも特化して優れている所があり、全体の方向性などはその分野に特化している人が主導を取る事によって、チームが分裂する事なく、一丸となって目標に進む。
 
そう考えると目指す理想としてはかなりハードルが高く、責任も重大です。
現在、私が主にやらせて頂いている、媒体関係・web関係の宣伝業務は、新しいお客様を呼び込む為、自分の店を選んで頂く為の最初の入り口なわけです。
今までやってきた既存の物をより良い形にしたり、今までやって無かった事を新しく始めてみたり、毎日知恵熱出そうな位に考えたりもしつつ、ルーティンワーク的な処理も繰り返したりしつつ、結果としての数字に一喜一憂して、また次を目指して…
 
正直いってきつい面も多々ありますが、やりがいも凄くあります。
結果が数字に結び付いた時なんか物凄く嬉しくてニコニコです。
 
この求人naviをご覧の皆様。
楽して稼げる、楽して働ける、という仕事ではありません。
ですが、楽しく働ける、その結果が評価されて稼げる、という仕事です。
もちろん仕事を楽しくするのは人間関係も大事ですが、それ以上に大事なのは、
 
「目標と努力と結果と評価」
 
自分の目標に向かって努力して、その結果が評価されるだけの良い結果だった時。
悪い結果になってしまった時には、今度こそいい結果を出そうとする事。
 
漫然と漠然と日々を過ごす為だけに働くのではなく、充実感を得られる仕事をしてみたいならば、シンデレラグループは相応しい会社だと思いますよ!
 
ギラギラと貪欲に毎日を過ごしたい貴方をお待ちしています。
 

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!