初めての店長BLOG

幹部NAVIをご覧の皆様、こんにちは。
横浜コスプレデビューのFと申します。

前回の寄稿から更に半年が経ちました。
環境は何も変わることなく、自分自身一定のリズムを保ちつつ、
日々の業務に取り組んだ結果として、一つ大きな変化が訪れました。
その大きな変化とは、前回までの店舗スタッフBLOGではなく、
こちらの店長BLOGに寄稿することになったということです。

だからといって、毎日の基本業務は以前と全く変わることなど無いのですが、
以前とは違い、店の舵取りが全て私に委ねられるという重責があります。

今までは周りの皆と歩調を合わせる、
どちらかといえば【チームワーク重視】での仕事が中心でしたが、
これからはチームワークではなく【リーダーシップ】が要求されます。

日々移り変わる様々な変化を敏感に察知し、素早く判断を下し、的確な指示を出す。
この【リーダーシップ】というものは言うのは簡単なのですが、
実際に自分がやっていくとなると実に厄介なものになります。

はっきり言ってしまうと、私にそんなリーダーとしての資質などありはしません。
ですので、判断に迷った場合や、「誤った指示を出したかも?」と疑問に感じたとき、
問題をうやむやにしたり先送りにせずに、すかさず周りの人(否、もう周りの人ではなく【部下】ですね)にどう思うか?と聞くようにしています。そして間違えたと思ったら即座に訂正、それがたとえ180度の方向転換であっても、躊躇することなく実行するように心がけています。
しかし部下たちも最初のうちは遠慮があるのか、なかなか私の意見や指示を否定はしません。
ただ、ちょっとしたキッカケで自分の言葉が私の意見や指示を大幅に変え、更にそれが正解だったことが成功に結びついたことがあれば、、徐々に自分の意見を言うようになり始めます。

もちろん、部下の言うことにいちいち振り回されていては頼りないって言われるだけですし、また、部下たち全員がバラバラの意見に割れた時には、どれかひとつにまとめる必要があります。そんな時にスパっと鶴の一声、全責任は自分が持つから全員黙って下駄を預けろと強く言えること。
私の目指すリーダーシップというのはそういうものでありたいと常々思ってます。

なんだか理想論ばかり並べたような話ですが、
日々の業務に真剣に取り組んでいれば、必ず評価され、その理想を実現できるチャンスを与えてくれる、そんな会社にあなたも来てみませんか?学歴も経験も世渡りの上手さも必要ありません。

やる気のある方、お待ちしてます。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!