読書の秋に、どんな本を読みますか?

こんにちは、シンデレラFCグループ 人事部マネージャーの宇佐美です。

前回のブログから【3ヶ月】も間をあけてしまい
「あっ、季節が変わってしまった(-_-;)」
とあせってブログを書いています。

今回は『読書』についてお話をしたいとおもいます。

さて、皆さんは普段、本を読まれますか?

漫画でも、雑誌でも、小説でも、ビジネス書でも、ひとまず『文字』が書いてあるものを読まれているのは、とても良い事だとおもいます。

私は元々小説が大好きで、小さい頃からよく本を読んでいました。

その中でも記憶に深く残っているのが、次の4作品です。

○おっちょこちょ医
→子ども向けのお話で、クスッと笑ってしまうような始まりなのですが、中盤~後半では大人でも考えさせられようなとても良いお話です。

○ナルニア国物語
→映画化もされましたが、映画はハリーポッターのパクリみたいな扱いで不発でした(^_^;)
ただ、小説は想像力をかきたて、胸がワクワクする、まさにファンタジー!って感じのお話で、夢中になって読んでいました。

○スレイヤーズ
→今でいうところの『ライトノベル』で、これも魔法+コメディー+ちょっとエッチな感じでハマっていました。

○僕らシリーズ
→宮沢りえさん主演で映画化された『僕らの七日間戦争』をはじめとした、シリーズものです。
舞台が中学校~高校で、ちょうど自分自身も同年代だったので、共感しながらハマっていました。

この4作品以外にも、中学校~高校の6年間は毎月10冊ずつくらいは読んでいて、その大半が『小説』でした。

ただ、大人になってからは『小説』を読むことが全くなくなり、ビジネス書ばかり読んでいます。
いまデスクの上に置いてある本も次のようなものばかりです。

○教える技術 チーム編
○講師・インストラクター ハンドブック
○船井流・店長大全
○無印良品は、仕組みが9割
○WORK RULES
○急成長企業を襲(おそ)う7つの罠
○4つのブランドを立て直した八方ふさがりを打破するマーケティング

この『小説』から『ビジネス書』への変化は、年齢相応の変化だとはおもうのですが、でも、ひょっとしたら『知識』を得る一方『想像力』『発想力』の退化につながってしまっているのでは?とおもったりもします。

なので、最近では本屋で平積みになっている小説を手に取るようにしています。

さて、皆さんは『読書の秋』にどんな本を読みますか?

20170928.jpg

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!