風俗男性求人Q&A:「完全週休2日」と「週休2日」は何が違うの?

こんにちは、人事部マネージャーの宇佐美です。

 風俗男性求人サイトの「野郎ワーク」「ジョブヘブン」「メンズバニラ」「フェニックスジョブ」でよく見かける「完全週休2日」「週休2日」の文字。

 この2つの違い、皆さんはご存じでしょうか?

 もしご存じないままうっかり風俗店に入社してしまうと「ダマされたぁ!!」「損したぁぁ!!」て後悔するかもしれないくらいにとても大切なことなので「より良い転職」をする為にもこの機会にぜひ覚えてください。

 

で、さっそく結論を言ってしまうと、

【完全週休2日】=毎週「かならず2日の休み」があること。

【週休2日】=ひと月に1回でも「週2日の休み」の週があること。

 ーです。

 

 もうすこし具体的に言えば、完全週休2日であれば「ひと月に8日休み」があり、週休2日だと最悪の場合は「ひと月に5日休み」しかない事になります。これは年間で言えば96日」60日」なので、最大「36日」もお休みの日数に差が出ます!

 「完全」2文字があるかどうかだけでこれだけ内容に差が生まれるって、よく考えたら怖いことですよね…。

  

そして、この基礎知識を元に「男性風俗求人サイト」を見る際に「気を付けていただきたい事」2つあります。

完全週休2日と書いてあるのに、実際は週休2日の風俗店がある。

週休2日と書いてあるのに、実際は完全週休2日の風俗店はない。

 ①は、簡単に言ってしまえば「嘘」も混じっているという事です。「完全」て書いてあるのに実際はひと月に1週だけ2日の休みがありその他の3週は1日しか休みがない、と面接で言われたり、ひどいところだと入社してから言われたりする事もあるそうです。

 ②は週休2日て書いてある風俗店はそのとおり週休2日って事です。①とは違い嘘はないです。求人のアピールポイントになる「休日数」をあえて少なく書く風俗店はないです。

 なので、もしご自身が「完全週休2日」の風俗店で働きたいとお考えであれば「週休2日」と書いてある風俗店は自動的にサクッと候補から外してください。

そして「完全週休2日」と書いてある求人を「これ、本当かな?」と精査していくのが、最も効率的です。

 

以上、簡単な説明ではありますが、皆さんの風俗業界における転職活動のお役に立てば幸いです!(シンデレラFCグループにご興味頂けましたら、ぜひご応募ください!☺ご応募お待ちしております!)

 

【⇩店長候補 求人はこちら⇩】

【⇩女性店長候補 求人はこちら⇩】

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!