「写メ日記」の重要性

みなさん、こんにちわ。
吉祥寺店スタッフのHです。

入社約1年、仕事も板についてきた今日この頃です。

さて、今回は女の子にとっても、お店にとっても大切な広告媒体である「写メ日記」についてお話させていただきます。

風俗業界では当たり前のように毎日聞く写メ日記という言葉ですが、私も入社するまではその存在を風俗サイトで見かける程度で何となく知っていただけでした。
内容はそのまま、写真付きの日記やブログと言った感じのようなものです。
ちょっとぼかしていますが、知らない方は写真をみてもらえればイメージしやすいと思います。

ネット社会の現在、お店を探すときにスマホなどで検索する方も多く、写メ日記を見て女の子を選ぶという方もいますので、お店でも力をいれている販促ツールです。
なぜそこまで写メ日記が人気なのかというと、やはり普段の女の子の素顔や雰囲気が垣間見えるという点に尽きると思います。
また、更新の多い女の子であれば、その分お客様の目に付きやすく、毎日更新している子→頑張り屋さんということでお仕事も一生懸命で満足できるのではといった印象も持ってもらうことが出来ます。

入社当初、私はただ毎日「書いて」というだけで、あまり女の子の写メ日記の内容を見ていませんでした。
結果、女の子がやらされてるだけの日記になり、内容も淡白なものが多いという状況で私自身が見ても全く興味を惹かれない日記が量産される結果でした。

その反省から、今は女の子の日記をまずしっかりと読むことを心がけています。
様々な種類の日記を女の子が書いてくれますが、私が今特に大切にしているのが「お礼日記」「女の子の日常風景」です。
お礼日記では「感謝」「お客様を褒める」という点に留意しつつ、お客様への好意をしっかりと伝えてリピーターになってもらう事と、その日記を見たまだ遊んでいないお客様にこの子と遊んでみたいと思わせる内容になるように時には文章を一緒に考えたりしています。
日常風景については、その女の子のプライベートを覗き見するような感覚になるように、特に写真に重点を置いています。女の子自身が写った写真であることが大切ですが、より女の子の素に近い写真を意識して、構図や撮り方を調べたり、時にはカメラマンになったりもします。

また、忘れてはいけないのが、写メ日記は正に「継続は力なり」のツールという事です。
どうしても時間をとられる女の子にとっても面倒なこの日記ですが、継続して書いてもらうために、先述のとおり、投稿してくれた写メ日記をちゃんと読み、出勤時や手の空いた時に声掛けをしたり、時にはアクセス数の増減などのデータを照らし合わせて、お客様の反応を伝えたりしています。
そんな風に女の子と一緒に悩んで書いた日記。女の子がお仕事終わりに「日記見てきたって言ってた」なんて言ってきてくれるととっても嬉しいものです。

さて、このブログをご覧の方は当社に興味があるという方だと思います。
当然、今回書かせて頂いた写メ日記以外にも多くのお仕事がありますが、一つづつしっかりと覚えていけば、手ごたえを感じつつ、充実したやりがいのある仕事ができると思います。
また、昨今のコロナと言う状況でもしっかりと安定した企業であることも安心材料の一つだと思います。
世情で転職検討中の方も、今のお仕事でのお悩みのある方も、先ずは是非一度お話を聞きにこられてみてはいかがでしょうか?
いい意味で風俗業界というイメージが覆されると思います。

最後に最近よく食べる吉祥寺のラーメンを添えさせていただきます。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!