今後の風俗業界

pho_0707.jpg

「風俗業界」

皆様はこの言葉を聞き、どのような印象を持つでしょうか。

おそらく、良い印象を持たれる方は少ないでしょう。

人間の三大欲求の一つである「性欲」を扱う重要な産業であるにもかかわらず、性風俗産業に対する差別というものはどの時代も変わることがありません。
社会に必要不可欠な職業であるのに不当に蔑視される傾向にあるこの業界は、他の職業と比べても社会的偏見による差別が激しいように思われます。

ところで、警察の発表によると日本の風俗店の件数は、2010年時点で約2万3000件にも上ったようです。
1店舗平均で20名の女性が在籍していると考えると、単純計算で約46万人の女性が風俗で働いていることになります。
19歳~55歳の女性の人口は約3000万人であるため、およそ65人に1人が風俗嬢だと考えられます。

この数字、すごいと思いませんか?

65人の女性のうち1人が、風俗業界で働き、ご飯を食べているのです。
彼女らはプライドを持ち、確立された一つの職業としてこの仕事に就いているわけです。

なぜ彼女らはこの業界で仕事を続けられるのでしょうか。

それはひとえに、誇りを持ち真剣に仕事に取り組んでいる男性スタッフたちの、万全なサポートがあるからだと言えます。
女の子が楽しく、また快く仕事ができるよう、縁の下から支えてあげる。
それが風俗店で働く男性スタッフの仕事となるのです。

本来性欲というものは、子孫を生み増やすためと、男女間の愛を高めるために与えられたものです。
性欲自体は何も悪いものではなく、いつ、誰に向けるかが重要なのです。

人間の三大欲求である「食欲」「睡眠欲」そして「性欲」を扱う産業は、競争はあるものの基本的に廃れることはありません。
性風俗産業で働いている者は皆、プライドを持ち自分と向き合い、仕事に取り組んでいるのです。

安定を望むのも良いでしょう。
上を目指すのも良いでしょう。

あなたの心持ち一つで、今後の風俗業界は大きく変わるのです。

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円

コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!