SEO大激震か!?

1ケ月のご無沙汰でございました。
シンデレラFCグループでSEOを担当しておりますiでございます。

7月27日、SEOに関する大きなニュースが日本中を駆け巡りました。
Twitterの私のTL(フォロワー600名程度のアカウントですが…)がこの話題で埋め尽くされてしまうほどのビッグニュース!

そのニュースとは…
検索サービスで日本で最大のシェアを誇るYahoo!Japanが、なんとGoogleの検索エンジンを採用!というもの。あまりの驚きにはじめは意味がわかりませんでした。ホント驚かしよりますわぁ。

今後は米Yahooが開発したYST(ヤフー・サーチ・テクノロジー)は廃止され、Yahoo!JapanはGoogleのエンジンを使用します。移行時期は年内とのこと。一方、アメリカのYahoo!はマイクロソフト社が開発したBingという検索エンジンを使用します。実際アメリカYahoo!のエンジンはすでにBingになっているようです。

ここで、実際に検索してみましょう。
キーワードは「風俗 求人 男性」。

実際にこのキーワードを検索窓に入力してこのサイトに辿りついた方もいらっしゃるのでは?かく言う私もシンデレラFCグループ入社のきっかけは、この「風俗求人幹部NAVI」。Googleの検索窓に「風俗 求人 男性」と入力したことがきっかけでした。

そうなんです。
検索エンジン対策は求人活動にとって超重要!
青森県の片田舎。実家のノートPCで仕事を探していた人間が、今、東京都渋谷区のオフィスで20店舗以上ものサイトの検索順位をあげるべく奮闘しているのです。

そうなんです。
SEOは人1人の人生を変えてしまうパワーを持っているのです!!

すみません。ちょっと興奮してしまいました。
これから4種類の検索エンジンで検索します。キーワードは「風俗 求人 男性」。

■yahoo.com(米ヤフー)
http://bit.ly/aDjXws

■Bing
http://bit.ly/9Ix5qS

■Yahoo!Japan
http://bit.ly/ccrPFs

■Google
http://bit.ly/d0IUTm

以上を見ていただくと、すでに米ヤフーのエンジンにはBingが導入されていることがお分かり頂けると思います。検索結果が同じですよね?

一方、米ヤフーとYhoo!Japanの検索結果は異なります。これは日本ヤフーが米ヤフーとは違ったエンジンを使っていることを意味します。日本独自の検索エンジンですね。米ヤフー(つまりBing)では、「風俗求人幹部ナビ」は堂々の1位です。しかしながら、Yahoo!Japanでは1ページ目はおろか見つけることができません。何らかのペナルティを受けている可能性があります。原因を追及しなければなりません。

Googleの結果はどうでしょう?
おお!1位です。

いかがでしょう?検索エンジンによってこれだけ順位に違いがあるのです。日本においてはヤフーのシェアが大きいのでヤフーで上位表示するのはとても大切です。だから、私は今、Yahoo!Japanの結果に頭を痛め、胃から出血している、というわけです。嘘ですが。。

現在このサイトを高く評価してくれていないヤフーの検索エンジンが、Googleに変わります。繰り返しになりますが、このサイト、googleでは1位です。ということは…バラ色の時代が待っている!と思いたいところです。しかし、事はそれほど単純でも、簡単でもないだろうと思われます。日本ヤフーはグーグルの検索エンジンに独自のスパイスを利かせて検索サービスを提供するかもしれません。その時、この風俗求人幹部ナビが今のグーグルと同じ評価を受けられるのか否か?これはふたを開けるまで分かりません。

では、このエンジンの移行が実施されるまでの間、SEO担当者は何を考え、何をすべきなのか?

正直、考え中。

ヤフー向けのSEO、グーグル向けのSEO、施策として行うことは異なります。Googleに変わることに備えるならばGoogle向けのSEOにシフトしていくのが定石なのかもしれません。しかし、実際にエンジンが変わった時に、その施策が新ヤフーにフィットするのか?これは不安です。ならば少し慎重に、ネガティブ要素の排除を徹底して行うのも手かもしれません。ヤフーにも、グーグルにも、これをやったらダメ!ということがあります。サイトのソース、リンク、サーバー設定、などなどをチェックして、危険な要素をきれいに掃除する絶好の機会ととらえるのも一案。スタッフミーティングが必要ですね。

風俗業界といえどもSEOにガチに取り組んでいます。
有名講師によるコンサルティング、セミナーの他、有力SEOベンチャーとの情報交換など、おそらく期待以上に勉強できる環境が整っています。金になるSEOを体験したいならシンデレラFCグループという選択肢は間違いなくトップランク。あなたの参加をお待ちしております。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!