自分を棚に上げる

シンデレラFCグループ【風俗求人幹部NAVI】を御覧の皆様こんにちは。
新橋たっち』に勤務しております、足立と申します。

今年はとにかく暑い日々が続いております。夏休み、お盆休み気分もそろそろ終わりに近づきます。体調などは維持しておられますか?

最近、私の勤める『新橋たっち』におきまして、人事異動がありました。これはもちろんマイナス人事ではなく、プラスに働く人事だと・・・そうしないといけないと思っております。周りを見回してみると、私自身『新橋たっち』においては2番目に古い人間になっていることに正に今気付きました!!ビックリであります。もちろんまだまだ未熟者で、日々勉強の毎日ではありますが、役回り的には責任を感じないではいられない立場となりました。それに従い、今までの業務とは違う事をする事が多く非常に緊張した日々を過ごしております。

その一つにスタッフの教育・・・。私が言うのも本当におこがましいのですが、あえて感じている事を申しますと、新人のスタッフに関しては直接の指導はあまりしていないのですが、その上に立ついわば店舗内での中間的なスタッフの指導・・・。これが本当に難しい・・・。それぞれ一年以上やっていればスキルも考え方もスタイルも皆違います。正直業務においては、私が教えられる事など、ほぼありません。だから難しいのです。

業務を教える事は、いわばマニュアルがあるので言ってしまえば簡単な事であります。接客という部分において、女の子とのコミュニケーションという部分について、人としてのモラルであり、対応の仕方でありを教えるというのは本当に難しいと思っております。

以前の上司に、『人に何かを教えるときは、ある意味自分の事を棚に上げないと無理ですよ。』と言われたことがあります。今、それの意味が分かったような気がします。そうしないと、教える事も、自分の成長も出来ないのです。

生意気な言い方ですが、そんな責任を感じるれる日々が心地よくもあります。私とて、未経験で入社して、一年と半年位の身です。時期尚早かもしれませんが、上記のような事で悩む事が出来るのです。年齢など関係ありません。新入社員の気持ち、中間管理職の気持ち、そして管理職の気持ちが貴方しだいではありますが、短期間で経験できるかもしれない職場です。人として、人間としてこれからの人生において魅力的な職場だとは思いませんか?

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!