キャストと向き合う

こんにちは、シンデレラグループ 新橋店 店長のTでございます。

当店に入店して早1年半が経ち、店長を任せて頂ける様になりました

プライベートではほとんどこういったお店には行かず、業界での経験もさほど無いので、周りのスタッフに助けて頂きながら奮闘する毎日でございます。
そんな僕ですが、店長になってから実際にあった女の子との出来事を書いてみようと思います。

『私の居場所を奪うな事件』
当店でも人気の女の子のお話で、お客様のリピート率は非常に高いのですが、遅刻が半端ない女の子がいます

予約があることを伝えても5.6時間の遅刻は当たり前で、そのまま来ると言って来ないなんてのもざらでした。

今有楽町(新橋の隣の駅)にいるので、10分くらいで着くと言って1時間後に出勤したこともありました。

何故怒らない?と思われるかもしれませんが、怒って直るならとっくに直ってるわけで辞めて頂くかが焦点でした

やはりお客様あってのお仕事で、ある程度寛大なお客様も多かったですが、それでもお客様の貴重なお時間を頂いて時間を守らず、あまつさえ来ないなんて僕には到底理解出来ませんでした。

ある日、お客様に謝罪するスタッフを横目に店長として決断をすることに

すでに大分遅刻しているその女の子に○時までに来ないならば辞めていただくという趣旨のメールを送り様子を見る事にしました

そして○時を少し過ぎ出勤してきた女の子の第一声が「あのメールどういう意味?」と、少し怒り気味に聞いてきた女の子に対し
【待ってくださったお客様の事】
【いつも謝罪しているスタッフの事】
【何よりも信頼を失うお店の事】
を淡々とお話しました。

返ってきた言葉は「そんな事言われても時間通り来れないんだからしょうがないじゃない!」

理屈もなにもあったもんじゃないその言葉に、笑いさえ込み上げてきそうでしたが、何故か真剣に言う女の子に不思議と怒りはありませんでした。

そこから小一時間「何故、あんたに辞めさせられなきゃいけないのか?」「私の居場所を奪うな!」などなど僕に対する罵声が延々と続きましたが、泣きながら罵声を浴びせてくる女の子からお店に残りたい一心が伝わってきたので何とか聞いていられました。

結論ですが、最後は出勤するまでシフトは上げないという事で折り合いを付け、この件は終わります。

その判断が正しいかどうかは僕には分かりません。

辞めさせるのが正しいのか、今まで通りにしていたのが正しいのか、他にいい方法があるのかは分かりません

ただ、今日もその子は出勤するとの電話がありました。

「今日は16時に出勤しますね♪」

これを書いている今の時間は、18時10分。
まだ来てません。

とても綺麗な女の子です。

子供のような性格で、怒られるとすぐいじけ、よく笑いよく泣く女の子です。
人気があるのも頷けますが、管理する側としては大変なわけです。

この子の場合は割と特別なケースかもしれませんが、様々な事情を抱えこの業界で働く若い女の子らは、大なり小なり扱いが難しかったりすると思います。

僕には正解がなんなのかわかりませんが、これからも真剣に女の子と向き合いながらお店を盛り上げていけたらと思います

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!