風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

英語を武器に風俗業界で戦う -part1-

幹部ナビをご覧の皆さん、こんにちは。

バイリンガルスタッフ兼内勤スタッフのたけ子です。

今回は実際にどのような英語を職務中に使っているのかをお話しします。

① Hentai English

Hentai という単語は英語では「アダルトなアニメや漫画」を指す場合が多いです。

分かりやすくHentai Englishと言いましたが、詳しく説明すると【日本の風俗業界で使われている言葉】を英語にします。

例えば本番だったり、他にも日本独特の単語などを翻訳して文字に書き起こしたり、時にはお客さんにプレイ説明をしたりします。

② ある程度のリスニング力

これがないと成約が取れません。

お客さんの中には第3言語が英語の方も何人もいらっしゃるので、訛りがある英語を聞き取れる力も大切になってきます。

③会話力

英語があまり得意でない人にもわかりやすく説明出来る力が必要です。

勿論接客なので、お客さんの要望にお応えがなるべく出来るようにこちらからも提案をします。

【説明】【提案】を出来れば会話はバッチリです。

④解読する力

お客さんからのメール、海外媒体の登録の際の英語だったりと読む力も大切です。

他店の調査も英語が読めないと出来ません。

⑤翻訳力

例えば「キャスト」→「Cast」と変えてもあまりしっくりこないので、私なら「Angels」「Girls」に翻訳します。

そのままの単語を翻訳するのではなく、英語で馴染みのある単語や言い回しに置き換えたりすることが必要になります。


ここまで凄く偉そうに言いましたが、私も全てまだ未完成です(笑)

英語学習に完成はないので、現在進行形で勉強中です。

完璧であることはないので、まず少しでも英語が話せる方はバイリンガルスタッフにご応募ください。

勉強不足の面はそこから勉強するのでも遅くないと思います。

急にラグナロクを持っていてもゲームは楽しくないです。

暗黒の剣から始めるからこそ意味があるのです!
※意味がわからない方は気にしないでください。

狭いように見えてバイリンガルスタッフの門は案外広いですよ。

さて、ここでどんな英語の【武器】が必要なのかがわかりました。

次に必要なのは…そう。レベリングです。

試練の山である程度まで上げます。

レベリングもしておいたら後が楽ですよね?

英語も一緒で今すると後が楽なんです。

次回はレベリング方法についてお話します。
※英語勉強法です。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
HTMLコーダー募集中!
英語スタッフブログ!