『スタッフ』『在籍の女の子』そして『お客様』からの信頼

幹部ナビをご覧の皆様、おひさしぶりでございます。

新宿シンデレラに勤務しております、スタッフの『ヒロシ』と申します。

今ブログを書いていて気づきましたが、入社して8年と10ヶ月が経ちました。

あと2ヶ月で9年目を迎える訳ですが、私の社会人としてのキャリアは前職の商社での13年と、このシンデレラFCグループでの8年10ヶ月で、合計22年となります。

で、この後半のシンデレラでの日々はあっという間で、おおげさに聞こえるかもしれませんが「仕事の奥深さにのめり込んだ!」と言っても過言ではありません。

風俗は世の中から決してなくなる事のない「不変」な存在である一方で、業界内の「変化」はとてつもなく速く、昨年や昨日の成功ノウハウが今日も通用する保証は一切ありません。

そのため、私がいつも意識しているのは「この業界にルーチンワークは存在しない」という事です。

常に向上心を持って「新しいこと」を考えながら働きかけなければ取り残されてしまう。

仕事の20%程度のみが女の子の出勤確認、媒体更新などの決まり切った仕事(ルーチンワーク)で、その他の80%は臨機応変におこなう仕事(アドホックワーク)です。

そして、その80%の臨機応変におこなう仕事を柔軟かつ高品質でおこなう上で重要となるのが「常に感謝の気持ちを持ち、変化を受け入れる姿勢をもつ」事だと私は考えます。

上司からも、『相手に自分を受け入れてもらいたいのであれば、自分の考え方を言う前に、素直な気持ちで相手を受け入れることから始めなさい』といった言葉をいただいた事があります。

この姿勢は女性面接を担当する際にも活き、私が面接官をつとめる際は『相手のお話を聞くこと』を徹底するようにしています。

女性が自然と話をしたくなるような、心を開いて頂けるような、そんな自分であろうとすると、いかなる状況にも臨機応変に対応が出来るようになります。

(まだまだ完璧には程遠いですが…)

これを今のスタッフさんへ、そしてこれから入社をお考えの貴方にもお伝えしていければと考えています。

だいぶ堅い文章になってしまいましたが、なにかしらお伝えできていれば幸いです。

変化のない毎日に退屈し、もっと刺激や成長を望んでいる方は、風俗業界への転職をお考えになってみてはいかがでしょうか?

(皆さんと一緒にお仕事が出来る日を楽しみにしています!)

 

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!