あなたは風俗店員には向いてないかも?現役男性風俗マネージャーが語る、風俗業界に求められる素質とは何か?

風俗店員の適正

マネージャーの杉本清美です。

風俗業界は「キャスト」ばかりに目が行きがちですが、

私たちスタッフ側の人間も、常に人を求めています。

 

それはなぜか?

 

理由はテーマがそれるので詳細は割愛しますが、男女ともに「入れ替わりが激しい世界」だからです。

当グループも、ありがたいことに募集をたくさんいただきますが、

ぶっちゃけ「この人、絶対すぐ辞めるな」と面接・研修段階で思うことが多いのも事実。

そこで今回は、お互いに貴重な時間をロスしないためにも、ひとつでも該当するなら

「あなたは風俗店で仕事するには向いてないかも?」

という内容を、現場の経験を踏まえてお伝えしたいと思います。

 

「風俗、行ったことありません♪」

風俗店員に向いてない【圧倒的ワーストナンバーワン】です。

 

あなたはラーメンを食べたことがないのに、「ラーメン屋やりたいです!」と、

ラーメンこの道一筋20年の頑固親父の目の前で、堂々と言えるでしょうか?

 

無言でどんぶりを投げつけられて即、終了です。最悪茹でられます。それと同じことです。

当社の面接官も、風俗一筋で頑張ってきた人たちばかりです。

風俗に行ったことがない社員も正直たくさんいますが、

そのような人たちが昇格している話を聞いたこともありませんし、見たこともありません。

 

ちなみに僕の入社当時の上司は、寝ても覚めても風俗みたいな人でした(食べるのも好きな人でした)。

そして僕も、入社当時あった貯金60万をすべて「風俗」に使いました。

やれ某地雷専門店、やれ某ニューハーフ専門店、やれ某熟女専門店・・

数えればきりがありませんが、たくさん足を運んで「お勉強ついでに気持ち良く」なってきました。

そーゆー人が基本的に「店長」になれる素質があると筆者は思います。

 

「女の子とあんまり喋れません!」

デスクワーク・受電・受付業務は、正直「誰でも出来る内容」です。

メイン業務は「女の子とどう向き合うか」です。

実はこれで躓いて退職する人がほとんどです。

新人社員は、最初はあまり女の子と接する機会がありません。

基本的には、雑務・受電等がちゃんと出来るようになって

初めて女性と喋る機会が与えられるような、業務習得過程となっています(店舗により多少異なります)。

ここまで平均的に3~5か月くらいかかりますので、

後になって「女の子とあんまり喋れません」と言われたところで、

教えている僕たちからしたら「今更そんなこと言われても」状態ですし、

それまでに費やした時間や接待費用(飲みに連れて行ったり)が無駄になります。

そのような方はたとえ受電・受付業務などが上手くこなせていたとしても、

総合的に「コミュニケーションが取れない」と言う判断になりますので、

申し訳ないのですが筆者や他のスタッフはそのような新人に期待を持てません。

 

「じゃあドライバーやろうかな・・走るだけやん!」と思った画面の前のあなた、ごめんなさい。

ドライバーさんは、さらに女性に気配りをしなければなりません。

物理的な車内環境はもちろん、気持ちよく送迎が出来るような対応。

仲良くなればお悩み相談や愚痴を聞いたり、時には雑談に花を咲かせたり・・

もしかしたら、店舗スタッフより「ハイスペックを求められる・・」かもしれませんね。

そして最後に、「人一人の命」を預かっていることをお忘れなく。

 

僕は軽快な下ネタと、腰の低さで徐々にコミュニケーションをとることに成功しました。

 

ただ入社して2~3年くらい経過したある日、

「下ネタの内容がえげつない」と、上長に軽く注意されたこともあります。

 

ちょっと注意されるのが遅い気がしますが、そのとき既に結果を出していたので、

おそらくそれほど強く言われなかった・・のかもしれませんね。

 

「女の子たちに囲まれて仕事がしたいから☆」

風俗の現場は思っているほど「華やかな職場☆」ではありません!

申し上げにくいのですが、この仕事を始めて「女の子が嫌い・怖くなった」人達もたくさん見てきました。

女の子もお金を稼ぎに来ているので、お金も払ってないあなたと雑談している時間があるなら、

「写メ日記」を書いてる方がよっぽどお金につながります。

わいわい喋って騒ぎたい娘もいれば、逆にスタッフとはほとんど喋らない娘もいますし、

在籍期間が長くて重鎮のような存在になっている気を使わなければいけない娘もいますし、

病んでリストカットしてたり安定剤を常用している娘などたくさんいます。

 

つまり様々なタイプの女の子がたくさんいる世界です。

そのような女の子たちを、それぞれ柔軟にお相手しなければなりません。

「精神力の強さ」が、かなり必要なポイントとなります。

お陰様で気配り気遣いにおいても、

 

超精密動作が出来るスタープラチナ的なスタンド能力を身につけることが出来ましたし、

今では「凍てつく波動」で、厄介な女の子達を雰囲気で騒がせない事も出来るようになりましたので、

大抵の女の子は問題なく接することが出来ます。

 

このネタが分からない方は、

今すぐ「ジョジョの奇妙な冒険・スターダストクルセイダーズ」を読む、

ドラクエのモンスターのレベルを上げて、「凍てつく波動」がどんな効果なのか、確認をお願いします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もちろんこれらに該当するからと言って100%ダメ!と言う訳ではありませんが、

正直よほどの改善・努力をしないと、昇給昇格はこの業界では難しいものとなるでしょう。

むしろ、お金が無くても、いいスーツを着てなくても、

女性とのコミュニケーションスキルとやる気があれば、

そのうちお金も稼げて良いスーツを身につけることができる可能性が非常に高くなると、筆者は思います。

 

応募する前に今一度、女性にも同じことが言えますが

「風俗業界で働く素質があるか、ないか」ご検討をいただけると幸いです。

最後に、自慢ではありませんが、筆者はフリーター上がり・社員経験ゼロでスタートしました。

 

 

 

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!