風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

【ムフフな話?】風俗店の男性スタッフによる女性管理とは?

女性管理

「女性管理」・・なぜか”いやらしい響き“に聞こえてしまうのは私だけでしょうか?
(最近、風俗にも行けていないので欲求不満な筆者をお許しくださいませ)

というわけで、今回のテーマは「女性管理」についてです。

・管理って、一体なにをするの?
・俗に言う「色恋」ってやつですか?
・毎週、スリーサイズのチェックでもしているの?
など

色々「謎」に包まれている部分が多く、気になっている人が多い事でしょう。

先に言っておきますが、「下ネタ」はほとんど出てきませんのでご了承くださいませ!

 

■女性管理の概念

まず初めに「管理」という言葉の意味をおさらいしましょう。

【管理】
①ある規準などから外れないよう、全体を統制すること。
→「品質を管理する」「健康管理」「管理教育」

②事が円滑に運ぶよう事務を処理し、設備などを保存維持していくこと。
→「管理の行き届いたマンション」「生産管理」

③法律上、財産や施設などの現状を維持し、
またその目的にそった範囲内で利用・改良などをはかること。

(コトバンク・デジタル大辞泉より引用)

筆者が思う風俗の「女性管理」は、”この意味”から拝借すると次のようなことです。

・健康管理
・管理教育
・財産の現状維持、改良

どうですか?思ったより”真面目“ではないでしょうか?!(笑)

それでは項目別に解説していきたいと思います。

 

■女性の健康管理について

健康管理

女性の健康管理については「身体的・精神的」の2種類があります。

・身体的健康管理

女性が風俗の仕事をするにあたり、一番酷使するのは”肉体“そのものです。
キチンと健康管理が出来ていないとお仕事そのものが出来なくなってしまいます。

円滑に仕事をしてもらうためにも、未然に怪我を防ぐための知識・異常が現れた際の兆候など、私たちが知っている知識は女性に全て教え込まなければなりません。女性の体力を維持するために、シフトの時間・バランスも常々考え、提案する必要もあります。

僕達は医療資格を持っている訳ではありませんので、主治医・・とまでは及びませんが、そのくらいの気持ちでしっかり管理することが重要です。

 

・精神的健康

いわゆるメンタルケアも、女性を管理する上でとても重要な項目となっています。
仕事の特性上、他人に悩みを打ち明けにくい仕事でもあり、悩みを抱える女性はたくさん居ます。

精神に不安を抱えたまま仕事をしてしまうと接客に悪影響が生じ、お客様が離れてしまうキッカケにもなりかねません。さらに周囲のスタッフが対応に困ってしまうなどして、お店にも悪影響を及ぼしてしまいます。

そうならない為に、仕事以外の気晴らしに付き合うことも「管理」の一つです。
食事やお酒をたしなみながら、相談や仕事の愚痴を聞いてあげたりするのは日常茶飯事です。

だからといって「色恋」をする訳ではありませんよ!(女性が余計に病むだけです)
僕達は「ホスト」ではありませんので、そんなことをする必要はありません。

 

■女性の管理教育について

教育

接客の「教育」はもちろんのこと、「お店」に対して協力的になってもらえるような「教育」もしなければなりません。

さきほどお話した「色恋」をしてしまうとお店に懐かず、色恋をしている対象者にだけ懐いてる状態になりますので、万が一その対象者が居なくなってしまった場合、女性も一緒に辞めてしまう可能性が非常に高くなります。色恋管理されている女性の売上・知名度が高ければ高いほど、お店にとっては大きな損失になります。

そうならない為にも、個人ではなくお店が単独ではなく一丸となって女性をサポートすることができるような関係性を構築しなければなりません。

具体的には、

・居心地がよい
・スタッフの対応が良い
・お客様の質が良い 
など

お店に関する様々な事を”魅力的”に感じてもらえるように、日々努力する必要があります。

 

■女性の財産(稼ぎ)の現状維持、改良について

財産

「財産」というと少し堅苦しいので、ここでは「稼ぎ・収入」という言葉に変換してお話致します。

女性が風俗で働く理由は様々ありますが、誰しもが「お金」を得るために仕事をしています。 どんなに体調が良くても、お店に協力的であったとしても、稼ぎを得られなければ女性はお店を辞めてしまいます。

風俗のお仕事は普通の会社員・アルバイトと違い、個人の頑張りがそのまま稼ぎに直結する為、少しでも努力を怠ると収入を維持することが難しくなります。

収入の維持ができたとしても、それ以上の稼ぎを得たいとなると、お店もその女性に対する集客方法など様々な提案をする必要があります。 キチンと毎月の収入を管理していたり、意識している女性であれば問題ありませんが、そこまでしっかりしている女性は意外と少なかったりします。

仕事にやりがいを感じてもらい、1日でも多く稼ぎ、長く在籍してもらうためにも「お金」に対する意識付けはお店側が責任を持って行いましょう。

 

■女性管理のまとめ

まとめ

いかがでしたか?

自分が想像している以上に、真面目な話になってしまいました(笑)

女性管理と聞くと、本文冒頭に述べたようなチャラいイメージがあるかもしれませんが、意外とこんなにも「ビジネスライク」なんだよ!という事を、1人でも多くの方に知っていただければ幸いです。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!