風俗店の女性内勤スタッフがキャストを面接する際に意識してほしい事

女性面接官とは

「面接」と聞くと、「男性」が行うイメージがありますが、
近年は女性が面接を行っている一般企業も増えてきているそうです。

風俗業界でも、応募者から「男性の面接だとちょっと怖い・・」という意見が増えてきたため、
女性内勤スタッフがキャストの面接をする機会が増えてきました。

とはいえ、面接する人間の性別が変わっただけなので、
「女性内勤スタッフになったから面接のやり方が全然違うのか?」と言ったらそうではありません。
基本的にやることは一緒です。

ですが、以前の記事でも書いたように女性目線でしか分からない事があるのも事実です。
応募してくるキャストは全て女性なので、これを生かさない手はありません。

そのような事がしっかり分かっていれば、女性内勤スタッフは男性の面接官とは一味違う魅力的な面接」が出来るようになり、応募者に好印象を与える事ができます。

逆に理解できていなければ「女性なのにそんなことも分からないの?」と、応募者やお店の責任者から問い詰められる事になるかもしれません。

そうならないためにも、
今回は「女性内勤スタッフがキャスト面接する際に意識してほしい事」をいくつかお話致します。

 

安心感を応募者に与えること

冒頭でもお話したように、女性内勤スタッフを希望する応募者は風俗経験の有無にかかわらず、
男性に対して怖いイメージを持っている人がほとんどです。

残念な話になりますが、風俗業界では実際に応募者が面接で男性からセクハラを受けたり、
威圧的な言動で責められたりした事のある女性がたくさん居ます。

それ以外にも、面接場所で待ち合わせしていたら面接官と偽った男性に拉致されてしまったという話も珍しくはありません。
こんな怖い話が噂になれば、応募者が「風俗店の男性」を敬遠してしまうのは仕方のない事です。

そのような怖いイメージがない「女性内勤スタッフ」を指名しているのですから、ふてぶてしい態度や乱暴な言葉遣いは厳禁です。
女性ならではの柔らかい物腰や口調を心がけ、安心感を与えるようにしてください。

安心感

まずはこの点が意識できないと、女性内勤スタッフが面接をする意味がありません。

 

お手本になるような身だしなみを

面接官が身だしなみを正すのは男女ともに当たり前ですが、ここで気にしてほしいのは応募者の身だしなみです。

前回の記事でも書きましたが、男性は女性の身だしなみ関連の知識に乏しい人がほとんどです。

応募者の服装、メイク、髪型を見て「キャストとしてふさわしいか?」
採用するお店のコンセプトを考慮し、かつ自身のキャスト経験を生かして判断出来るようにしましょう。

私が思うに、最近は「お洒落に関心がない」というより「お洒落したいけど周りに知識を教えてくれる人がいない」という女性の割合が多いような気がします。

男性の場合、ざっくりとした事しかアドバイスできなかったりしますが、
女性内勤スタッフの場合は具体的にアドバイスをする事が出来ますので、採用・不採用に関わらず女性の力になれます。

身だしなみ

そのためにも、改めてお手本となるような身だしなみを女性内勤スタッフは常に心がけるようにしましょう。

・・不採用の人に身だしなみの指導をする必要があるの?と思う方もいるかもしれませんが、
他店舗と比べてもらった時に「シンデレラグループは女性内勤スタッフの面接が丁寧ですごくよかった」
と思ってもらえれば、口コミ等で噂が広まり、応募者がお店を選ぶ際の参考にしてくれます。

 

例)とあるお店の待機室にて

Aちゃん「Bちゃんメイク上手だよね!」

Bちゃん「これね、シンデレラグループの面接に行った時に、女性内勤スタッフの人に教えてもらったの!」

Aちゃん「え?女性内勤スタッフが面接でメイクとか教えてくれるの?いいなぁ~・・(シンデレラグループ・・・後で調べてみよう♪)」

 

 

風俗店のスタッフとしての自覚を持とう

安心感を与えることは非常に大切ですが、甘やかすという意味ではありません。
応募者を甘やかすような面接ばかりをしていると、
スタッフの言う事を聞かない女性が増えて在籍女性の質が下がり、お店の環境も悪くなってしまいます。

なんと応募者の中には「面接が女性内勤スタッフなら厳しくないだろう」という理由で
女性内勤スタッフを指名する女性も居ます
ので、男性以上に油断は禁物です。

女の子に優しくしてあげる気持ちも必要ですが、考え方を間違ってしまうとお店のタメになりません。
(稼ぎたい女の子のタメにもなりません)

スタッフ側の人間として自覚をしっかり持ち「優しく、時には厳しく」接することが面接でも必要です。

どんなことがあってもめげない世話焼きなお母さんみたいな雰囲気で臨むくらいがちょうどよいと、個人的には思います。

 

女性面接官の歴史を作るのはアナタかもしれない

まとめ

いかがでしたか?

風俗店の女性内勤スタッフの存在は歴史がまだ浅く、どのような心構えが正解なのか分かるまではもう少し時間がかかると思います。

ただ、少なくともシンデレラFCグループで女性内勤スタッフをやるのであれば、今回お話した内容は全て理解し行動できると即戦力として活躍することが可能です!

【関連コラム】

頑張れ女性内勤スタッフ!即戦力になるための秘訣を伝授!

これからシンデレラFCグループで「女性内勤スタッフ」として働くアナタにアドバイス!

 

 

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!