【挑戦者モトム】魅力満載!過酷さ満載?! “いきなり店長”になる覚悟はあるか?!

いきなり店長採用

シンデレラグループには「いきなり店長採用」という募集枠があります。

募集要項にも記載のある通り、配属初日から「店長」としての業務を始める事になるのですが、ここ最近「いきなり店長」に応募してくれる人が少なくなっているそうです・・(泣)

今回はそんな「いきなり店長」の募集数を増やすべく!その魅力について少しお話ししてみたいと思います。

 

いきなり店長の魅力その1~給与~

給料

 

「店長候補」や「店舗スタッフ」で応募した場合、店長の経験があってもスタートの給料はその枠に基づいた基本給でスタートするのですが、「いきなり店長」の場合、人によってスタートの給料がかなり高め(50万以上)に設定されます。

もちろん「堅実にイチから勉強し直したい」という気持ちも尊重しますので無理にとは言いませんが、自身の経験を十分に活かしたい!という方には「いきなり店長採用」での応募をオススメ致します。

ちなみに場合によっては「店長」ではなく、その上の役職である「マネージャー」として採用されるケースも過去にあり、その場合はもちろん「店長給」を更に上回る「マネージャーとしての給与(70万以上)」が与えられます。

 

いきなり店長の魅力その2~権限~

権限

以前のコラムでもお伝えした通り、店長になると給料が増えるだけではなく店舗の人事などの「権限」が与えられます。

☆祝☆主任昇格!店長になると、あんなことやこんなことが出来るぞ♪ 【風俗マネージャー出世街道⑤】

入社早々に店舗環境を見直すのは、人間関係が浅い事もあり難しいと思いますが「やってはいけない」わけではありません。
その他にも、スタッフの教育方針や女の子管理の方法など全て自身の考えで行う事が出来ます。
「社内規則を破るような」店舗運営はもってのほかですが、そうでない限り店舗運営の手法はある程度お任せ致します。

早急に結果を出すことが出来れば、スタッフやキャストからの信頼をより早く得る事ができ、その後の仕事もやりやすくなるでしょう。

 

いきなり店長の魅力その3~労働環境~

店長の背中

「風俗の店長」と聞くと、労働時間が長かったり休みがほとんど取れないイメージがあると思います。(実際、今でもそのような風俗店は星の数ほどあります)

しかし、当グループでは「完全週休二日制」を導入していますので「役職と高給が与えられる代わりに休みが減る」という事はありませんし、無意味な残業を強いられることもありません。もちろん休日出勤をする必要もありません。

「与えられた時間内に効率よく仕事をする」というのも店長に求められる資質の1つです。

いくら給料や待遇が良くても、休みがなく毎日残業して疲れきっている姿を部下が見たらどう思うでしょうか?「店長になりたい!」と思ってくれるでしょうか?

部下に「希望」を与えるのも店長の仕事です。そのために必要な労働環境は整っています。存分に「店長」の魅力をアピールしてくださいね。

 

いきなり店長の試練

試練

さて、ここまでは「いきなり店長の魅力」をお話しさせていただきましたが、「魅力」ばかりではありません。

文字通り「いきなり店長」になりますので、申し訳ないのですが新入社員気分を味わったり、仕事をイチから覚えるような時間もなく、スタッフやキャストと満足に信頼関係を築く時間もさほどありません。

また、具体的内容はここでお伝えできませんが、店長としての素質を見定めるためにいくつか「課題」も設けます。店舗の売上や人間関係も気にしつつ、与えられたこれら課題も全てクリアできて初めて「いきなり店長」として認められます。

 

いきなり店長に求める人材像

最後は「いきなり店長に求める人材像について」です。

他業種からの応募も問題ありませんが、正直な話「風俗経験者」の方が有利です。それを踏まえた「求める人材像」は以下のとおりです。

・今のお店の待遇に満足していない
・名ばかりの店長に飽き飽きしている
・小規模のお店の店長では満足できない
・地方ではなく、首都圏の風俗店で成果を上げたい
・店長になる実力があるのに、年功序列が邪魔して昇格・昇給できない
・次は「シンデレラFCグループ」を制覇したい!
  など

似たようなニュアンスであれば問題ありません!

5月に新年号、10月に消費増税を控えて始まった新年度。

令和

「いきなり店長」への挑戦者、お待ちしています!!

いきなり店長

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!