風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

頑張れ女性スタッフ!即戦力になるための秘訣を伝授!

即戦力の秘訣

以前、「女性スタッフになったらやってはイケないこと」という記事を書きましたが、

今回お話するのはその「逆」です。

女性スタッフとして「即戦力になる為の秘訣」を伝授致します!

徐々に増えてきた「女性スタッフ」ではありますが、まだまだ人手が足りません。
これを読めば入社三ヶ月もすれば「即戦力」間違いなしです、頑張って実行しましょう!

それでは早速「即戦力」になるためのチェックポイントをいくつか説明します。

 

身だしなみの指導がちゃんと出来る!

身だしなみ指導

「身だしなみ」は、細かく述べると以下のような事になります。

・髪型
・服装
・メイク
・ネイル

もちろんこれらは、そのキャストに似合うのが大前提になります。

しかし働くお店のコンセプト、利用するお客様の年齢層を考慮しないと、
せっかくの良いメイク、服装、髪型でも女性の収入を増やす要因にはなりません。

だからといって女の子にもメイク、服装は「個人の好み」がありますので、
いきなり「直して!」と言ったところで、中々納得はしてくれません。

仮に男性スタッフがうまく説明しようとしても、具体的な化粧のやり方、化粧道具の種類、使い方はほとんど分かりませんので、結局キャスト任せになってしまうことがほとんどです。
(僕もいまだによく分かりません)

以上の事からも、こればかりは「女性スタッフに頼みたい業務ナンバーワン」です。

「服装やメイクをお客様好みに変えれば、予約も増えるかもしれないし、稼ぎにも繋がるよ!」

という事をキチンと説明し、メイク、服装の指導が出来ると男性スタッフは非常に助かります!

 

 

女性のケアを親身に行える!

キャストのケア

風俗のお仕事をしていれば、キャストは様々な理由で悩みを抱えます。

もちろん男性スタッフでも相談にのったり、解決をすることは出来ます。
しかし、男性スタッフはキャストの経験をしたくても出来ないので、
どうしてもキャスト側の具体的な心情を把握することが出来ません。

例えば「プレイ中に押さえつけられて無理やり挿入されそうになって怖かった」と相談された場合、

共感はできるかもしれませんが、実際に押さえつけられたらどれだけ怖いのかは分からないので、親身にはなりきれません。

しかし、キャスト経験のある女性スタッフであれば、押さえつけられることがどれだけ怖いかを知っているので、客観的な共感ではなく、親身に共感することが可能です。

女性は共感を得ることで安心感を得たり、孤独感を解消することが出来ます!

相談できる人が限られる仕事だからこそ、キャスト経験のある女性の存在は必要不可欠です。

 

 

快適な空間を保つことができる!

快適空間

女性スタッフはキャスト経験があるので、接客以外にも気づけることがたくさんあります。
例えば待機室の環境やブースの設備についても、キャスト時代の経験を生かすことが出来ます。

ちなみに女性スタッフを動員してから、以下のような事がありました。

生理用ナプキン、タンポン1つにしても、男性だとなにを買えばいいかよく分かりませんでしたが、女性がいることによって適切なモノを買ってきてくれて、女の子から大変喜ばれました。

お店のコスプレなども、ボタンが外れたり、破損があった場合はすぐ新しいのを購入していましたが、コスプレの補修等を行ってもらうことにより経費の削減ができました。

待機室の清掃や洗濯も、ズボラなやり方からキチンとしたやり方に改善され、余計な手間や経費を削減でき、清潔感の向上を図ることが出来ました。

女性目線の細かい気配りが出来れば、働く女の子を快適な気持ちにさせることが出来ます。

些細なことに思えるかもしれませんが、女の子がお店に定着する重要なポイントです!!

 

 

まとめ

女性スタッフ募集

いかがでしたか?

シンデレラFCグループを含め、風俗業界は本当に「女性のチカラ」を必要としています。

募集要項には「45歳まで」と記載がありますが、豊富な経験とやる気されあれば「50代」でも問題ありません!

ご応募おまちしております!!

 

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!