風俗嬢からメールオペレーターになったわけ

幹部ナビをご覧の皆様、はじめまして。

昼番メルオペのKです。

つい1年前まで風俗嬢として荒稼ぎしていていた私が、なぜこのシンデレラグループのメールオペレーターになったかをお話したいと思います。

私が19歳で風俗デビューをしたのは、実はここシンデレラグループでした(お店は内緒)

風俗で働いた理由は「大学の空き時間に効率よく稼ぎたかった」から。

大学ともに明確な目標もなく、風俗を4年生の就活時期になってもずるずると続けていました。

このまま一生風俗嬢なのか…と不安になり焦った私は、就職活動を始めるのですが…

面接へ行くと周りは学んだことや経験したことを話し、説得力のある自己アピールを堂々としていて私は自信を失いました。

私には風俗経験しかないから人に話せない。

アルバイトや特筆する経験がなくて魅力的な履歴書が書けない。

そこで私は、自分が経験した風俗業界ならスタッフとして力になれるのではないかと考え、シンデレラグループへ応募しました。

人に言えない恥ずべきことだと思っていたことが、ここでは自分の強みとなり貴重な人材として意見を尊重してくれます。

私のように、「自分なんて…」と思い、行動に移せない方も多いのではないでしょうか?

キャストではないにしろ、やはり特殊なお仕事ですし面接をお願いした時点でも本当にこれで良いのかと悩みました。

そこで当時、私が風俗業界で働く決心がついた記事をご覧ください↓

『新卒で風俗業界への就職をお考えの方へ』
https://www.cin-gr.jp/category_message/newGraduate.html

この記事をみたとき、「就職がしたいから」ではなく「働く女性の力になりたい」という答えが明確になったのです。

それから現在は新卒として入社してから半年以上が経ち、マニュアルを見ながらのたどたどしかった面接予約から、少しずつ女性の不安を考えた対応ができるようになったと思います。

このメールオペレーターというお仕事には正解がなく、(この言葉の選び方は微妙だったな…)(もっと補足して伝えてあげればよかった…)と日々改善点があり試行錯誤の連続です。

そこに仕事の難しさと楽しさがあり、女性の安心へ繋がったときのやりがいが大きいです。

先日先輩とご飯へ行き、お仕事のことやプライベートのことなども相談にのっていただきました。

勇気を出してスタートするには十分な環境が揃っていると思います。

私には風俗経験しかないから就職できない…ではなく実際に経験した私だからこそ、働く女性の力になりたい!

と思ったらぜひ行動してみてください♪

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!