風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

一度は試してみたい!?
裏風俗についてメリット・デメリット・体験談など

風俗遊びが好きな人というのは普通の人よりも刺激を常に欲している人が多いように思えます。

そんな方にピッタリなのが「裏風俗」と呼ばれるジャンル。

風営法などの届け出をしっかりと出した風俗店をオモテとするなら、裏風俗はそうした法律を無視して作ったもの。

だからこそ危険なニオイも漂いますが……そんな裏風俗について調べてみました。

裏風俗のジャンル

裏風俗」……このワードを耳にして、どこかワクワクするという方も多いことでしょう。

ただでさえ風俗遊びが好きな方はどこか「非日常」や「刺激」を求めている人たちばかり。

そんな方からしたら、裏風俗という言葉はとても魅力的に映ることでしょう。

そもそも裏風俗とはその名の通り、「裏の風俗」。

一般的に風俗店(デリヘルなど)を開業する場合、風営法こと風俗営業法を遵守する必要があります。

その中には無店舗型性風俗特殊営業」の届け出を出して、実質的な認可をもらえないことには開業できません。

その他にも風俗店を開業する場合には様々な書類や申請が必要で、一筋縄ではそうはいきません。

そのためか、そうした新政党を面倒に感じる業者が勝手に風俗の営業を行っているものが裏風俗というもの。

主なジャンルとしては以下のようなものが挙げられます。

 

たちんぼ

最もオーソドックスな裏風俗の形態がこれ。

業者のスタッフや女の子本人が繁華街で男性に直接声をかけて、交渉。

成立すればお金を支払い一緒にホテルに行く形になります。

最近ではほとんど見られなくなりましたが、今でも東京の鶯谷、大阪の天王寺にはそうした女性や業者が多くいます。

女の子を直接品定めできるというのがメリットで、気に入った女の子がいたら積極的に利用したいところです。

 

裏マッサージ店

風俗のマッサージ店と言えば、基本的にはマッサージ後にハンドサービスでフィニッシュをさせることがほとんど。

風俗全体で見ればソフトなサービスの方ですが、裏マッサージの場合、肝心のマッサージもそこそこにすぐに本番行為に入っていきます。

裏マッサージ店の場合は日本人の女の子が働いているケースがあまりなく、ほとんどが中国や台湾から来た外国人。

アジアの方がほとんどですが、中にはロシアや北欧出身というケースも。

外国人好きなら試してみてもいいかもしれません。

 

デートクラブ

一概に風俗と呼べないところがありますが、デートクラブは基本的に男女の食事の場を提供する業者なので、風俗店を営むための必要な届け出を出していないことがあります。

確かに婚活パーティーなどのように複数の男女が一堂に会するというケースはい一般的な風俗店ではまずないことです。

ですが、男女が一対一の関係になってからが、デートクラブの本番。

この時男女間でいわゆる本番行為をする契約を結び、パーティー会場を出てから……となります。

建前では男女の恋愛関係の下で自然に発生したことと言えるので、裏風俗として成り立っていると言えます。

 

ちょんの間

言葉の意味は「ちょっとの間」。

まさに短時間で女の子を抱きたいという人にはうってつけのケース。

1956年に売春防止法が施行されてからはだいぶ減りましたが、今でも大阪の飛田新地や沖縄の安里や与儀には根強く残っています。

一般的なちょんの間は一見するとスナックや小料理屋のようなたたずまい。

だから風俗店には見えませんが、そこで料金を支払い、15分~20分の間で本番行為をして帰っていくというもの。

こちらもデートクラブと同じように男女の恋愛関係の下で成り立ったものという建前で営業しています。

 

裏風俗のメリット&デメリット

本番

そんな裏風俗の最大のメリットはというと「本番行為ができる」。この一点に尽きます。

いわゆるオモテの風俗は原則禁止で、バレると店員からも注意を受けて出入り禁止になるケースがありますが、裏風俗の場合は本番行為ありきのものなので、そうした心配は一切無用。

そして本番行為ができるにもかかわらずプレイ料金も交渉次第なので、場合によってはソープランドよりもリーズナブルな価格で遊ぶことができます。

また、女の子によってはゴムすらつけずに遊ぶことだってできちゃいます。

風俗遊びではほぼあり得ないと思われている「中出し」だってやろうと思えば簡単にできます。

 

ただし、その一方でデメリットも多数あります。

法を無視したグレーゾーンの営業なだけに警察に捕まるというリスクは常にあります。

女の子自らが立ちんぼをしているならばまだ大丈夫ですが、業者が女の子をあてがうスタイルの立ちんぼの場合、未成年の女の子がやってきたというケースもあります。

その子と一緒にいる時に警察のガサ入れに遭ったら……人生ゲームセットと言えるでしょう。

他にも女の子がとんでもないデブスだったなんてケースもあり得ます。

 

また、裏風俗で働いている女の子たちは性病対策を施していないというのがほとんど。

特にゴムなしでの本番行為をOKしている女性はまず危険です。

性病の中には生死にかかわる重大なものもありますので、遊ぶときは自己責任というくらいの気持ちがないといけません。

 

実録・裏風俗体験記~立ちんぼ編~

裏風俗体験談

……と、ここまで怖い話もいくつかしましたが、実は筆者もそうしたスリルを味わいたくて裏風俗を使ったことがある経験者。

過去に立ちんぼの女の子にお世話になったことがあります。

そこで筆者が体験した時の様子を紹介したいと思います。

 

裏風俗を実際に体験したのは今から5年ほど前のこと。

場所は都内屈指のラブホ街としても知られる鶯谷でした。

この街は駅を降りてすぐにラブホが乱立している街なので、少し歩いただけでも立ちんぼらしき女性から声を掛けられますが、この日いた立ちんぼの多くは外国人女性でいずれも40代中盤。

当時20代半ばだった筆者のストライクゾーンではなく、無視して歩いていると、ひとりの中年男性から声を掛けられました。

 

「お兄ちゃん、遊んでいかない? いい日本人の女の子がいるよ」

いかにも怪しい感じはしますが、日本人の女の子が今どき、立ちんぼで紹介されるということに驚いて話を聞いてみることにしました。

中年男性からの話によると、女の子は25歳のGカップ。

料金は45分で8000円(ホテル代別途)で気に入らなければ女の子は無料でチェンジすることが可能というものでした。

鶯谷のラブホは60分以内だと3000円を切るところもザラにあり、実際に声を掛けられたのもそうしたラブホの前でした。

恐らくこのラブホと何か関係がある感じがしますが、そこは特に気にせずにOKを出し、先にホテルに入りました。

 

筆者がホテルに入って5分もしないうちに、ドアがノックされます。

期待に胸を膨らませてドアを開けると……その前に立っていたのは先ほどの話とは遠くかけ離れていた推定年齢30代後半のやや小太りの女性。

しいて言えば、胸は大きめでしたが、それ以上にお腹の出っ張りが気になります。

筆者はこういう時、比較的すぐにあきらめるのですが、これはたまらないということでチェンジを希望します。

すると、やってきた女の子は「またか」という具合であっさりと姿を消しました。

恐らくキャンセルされることがほとんどなことが想像できます。

 

それから数分後にやってきた女性はというと、今度は先ほどの話に合う形の女性。

本当に25歳というわけではなさそうですが、持っているバッグやメイクの雰囲気を見ると20代なのは確か。

そしてややムチムチはしていましたが、胸もかなり大きめ。

ルックスの方は芸能人でいえば、筧○和子さんのような雰囲気の方でした。このレベルの女の子を8000円で抱けるならば大勝利と言えるでしょう。

とはいえ、時間はたったの45分。

前後のシャワー時間を除けばプレイ時間は実質30分もないので、挨拶もそこそこにしてさっそくプレイに入ります。

ディープキスなどのいわゆるイチャイチャ系のプレイはほとんどありませんでしたが、全身リップにフェラとご奉仕プレイは抜群のテクニック。

そして盛り上がってきたところで本番行為に入りますが、この時にゴムの有無を聞かれました。

 

わかっていたこととはいえ、本番交渉どころか、ゴムなしでもOKというところに驚きました。

筆者はビビりなので、ゴム付きで本番行為をすることに。

女の子のアソコはだいぶ使い込まれているようでゆるゆるでしたが、それでも感度&テクニックは抜群。

早漏気味の筆者ですが、女の子が騎乗位を初めて間もなく射精。

挿入してから10分以内にフィニッシュしたと思われます。

 

筆者があまりに早漏だったため、時間が5分ほどあまりました。

もう一発行くかと聞かれましたが、さすがに5分で2発目を放つ自信はないので、残り時間は職業病ともいうべきですが、女の子へ少しインタビューをすることにしました。

通常、この手の会話は嫌がられるケースが多いのですが、この女の子は結構あけすけに話してくれました。

話を聞くと、実際の年齢は28歳。

もともとは他店のヘルスにいたものの、無断欠勤の多さが理由で勤めていたお店をクビになり、この裏風俗に流れ着いたと言います。

裏風俗歴は筆者が出逢った当時で3ヵ月ほど。

もともと素股が苦手&本番行為が好きだったのもあって、裏風俗の世界にすぐに慣れたそうです。

ただし、生活はひっ迫しているのか部屋から出る時に女の子は部屋に備えられているティーパックを熱心に集めていました。

「節約しているからさ!」と明るく答えてはいましたが……その様子にどこか不安になったのを今でも覚えています。

 

受付にキーを戻していると、女の子は挨拶もなく姿を消し、筆者がホテルを出ると待っていたのは先ほどの中年男性。

最初に登場した女の子の件を詫びつつ、「またよかったら来てよ」と自身の携帯番号が書かれたメモを渡してきました。

その場では受け取りましたが、これ以上関わると危険な気もしたので、筆者は自宅に帰宅後、そのメモを破いて捨てました。

……筆者の場合は比較的アタリの裏風俗体験と言えますが、こうしたケースは結構なレアパターン。

皆さんも体験される際は注意してください。

 

裏風俗のまとめ

本番行為を気軽にできる一方でリスクも多い裏風俗。

仲間内で飲むときの格好のネタになりますが、利用する際は自己責任で臨みましょう。

 

風俗男性求人【シンデレラグループ】

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

幹部ナビコラム編集長

三度の飯より風俗遊び。通った風俗店は数知れず。 風俗好きが高じ、現在「幹部ナビコラム」の編集長をしております。 風俗業界のあんなことやこんなことを、余すことなく発信していきます!


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています