風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

年収1,000万円を稼げる人たちはどんな仕事や生活をしているのか

「お金をたくさん稼いで、いい暮らしをする」

男なら誰もが憧れる人生ではないでしょうか。

そんな人生を送るにはどれぐらいの年収が必要だと思いますか?

“いい暮らし”のイメージは人それぞれですが、一般的に考えるなら「豪華な食事をする」「いい服を着る」「高級車を乗り回す」「高価な時計をはめる」「いい女と付き合う」というところでしょう。

余裕をもってそのような生活を送るには、ざっと年収1,000万円は必要でしょう。

年収1,000万円と聞くと遠い世界に思えるかもしれませんが、決して手の届かない金額ではありません。

今の時代、年収1,000万円をもらっている人は日本にどれぐらいいてどんな生活を送っているのか、また、年収1,000万円を実現するにはどうすればいいのか、具体的にシミュレーションしてみました。

年収1,000万円を稼ぐ人はどんな仕事に就いているのか

厚生労働省がまとめた国民生活基礎調査などによれば、単独サラリーマンで年収1,000万円以上稼いでいる日本人の割合は人口全体のうち、わずか4%だそうです。共働き夫婦などで世帯年収1,000万円を超える例を合わせても全体の1割程度とか。

これを年代別に見てみると、

[30代] 単独年収:1% 世帯年収:5%
[40代] 単独年収:9% 世帯年収:15%
[50代] 単独年収:22% 世帯年収:25%

年齢層が上がるにつれて年収1,000万円を超える割合は増えるとは言え、全体から見ると少数派であり、年収1,000万円超えが一つのステータスとなっている現状がよく分かります。

ここで言う年収1,000万円は、あくまでも何も天引きされない額面給与のことです。この1,000万円から税金や保険料などを引くと、手取り800万円前後の計算になります。

では、年収1,000万円ほど稼ぐのはどんな職種が多いのでしょうか?

一般的には、一流の外資系企業や商社、マスコミ、あるいは医者や弁護士、芸能人などが考えられます。

ちなみに『就職四季報2020年版』(東洋経済新報社)が発表した「総合職の平均年収が高い会社ランキング」によれば、ベスト10は下記の通りとなっています。

1位:キーエンス(電機・事務機器)2,088万円
2位:三菱商事(商社・卸売業)1,541万円
3位:ヒューリック(不動産)1,530万円
4位:朝日放送テレビ(放送)1,479万円
5位:伊藤忠商事(商社・卸売業)1,461万円
6位:三井物産(商社・卸売業)1,420万円
7位:丸紅(商社・卸売業)1,322万円
8位:住友商事(商社・卸売業)1,304万円
9位:電通(広告)1,273万円
10:三菱地所(不動産)1,229万円

以下、年収1,000万円超えの企業は52位にランクインした竹中工務店(1,001万円)まで有名企業がズラリ並んでいます。

こうして眺めてみると、年収1,000万円を超える企業に就職するのは狭き門。有名大学の新卒学生ならいざ知らず、中途採用で転職を狙うのはかなり困難と言えそうです。

 

年収1,000万円を稼ぐ人の生活レベル~家賃やマイカーの車種は?~

それでは、年収1,000万円を実現している人はどんな生活をしているのか。都内に暮らす年収1,000万円超え世帯を例に見てみます。

 

まず、年収1,000万円を稼ぐ人はどんな家に住んでいるのでしょうか?

賃貸の場合、年間の家賃は年収の20~25%が目安と言われています。その割合で計算すると、年収1,000万円の人が1ヶ月にかけられる家賃は16万~20万円程度。これだけ支払えば、かなり広い部屋に住めることでしょう。

住宅を購入する場合、住宅市場動向調査報告書(国土交通省)の資料によると年収1,000万円世帯の平均的な住宅購入費は約5,000万円とされています。

この金額をローンなどの内訳でさらに詳しく見てみると、頭金として自己資金で支払う額が約2,000万円、残り3,000万円をローンで返済するケースが多いようです。

 

では、人生で住宅の次に高い買い物と言われる車に関してはどうでしょうか?

金融機関によって多少の差はありますが、金融機関が融資してくれるカーローンの限度額は年収の30%~40%が一般的。年収1,000万円の人であれば、組めるカーローンは最大で300万円から400万円という計算になります。

それを踏まえて考えた場合、年収1,000万円あれば500万円ぐらいまでの車なら購入しても差し支えないと言われています。

500万円ほどで購入できる車は、国産車ならトヨタ「クラウン・ロイヤル・ハイブリッド」(421万円~)、「エスティマハイブリッド」(431万円~)、日産「フーガ」(480万円~)。外車ならBMW 「2シリーズクーペ」(518万円~)あたりがおすすめだと言えるでしょう。

 

風俗業界なら最速で年収1,000万円稼げるかも

年収1,000万円の高給取りなら、このようにワンランク上の贅沢な生活を実現できます。

しかし今の時代、出世して昇給を狙うのはなかなか難しいのが現状。かと言って、今さら年収1,000万円以上をもらえるような一流会社に転職するのは夢物語……。

そんな風に考えて、現状から一歩抜け出せない方は多いのではないでしょうか?

ちょっと待ってください。諦めてしまうのはまだ早いかも知れません。諦める前に、風俗業界に転職するという選択肢を考えてみてはいかがですか?

風俗業界は一般的な企業と違い、経歴や年齢は一切関係ない完全実力主義。しかも給与が高く設定されていて、仕事に真面目に取り組んで結果を出せば最速で年収1,000万円超えを目指せる環境が用意されています。

「リアルに人生一発逆転を狙いたい」――そんな野望を抱く全ての人に門戸を開いている世界、それが風俗業界と言えるでしょう。

風俗というと昔は「ブラック」というイメージがありましたが、今はそうではありません。むしろ、コンプライアンスを遵守し、しっかり法令を守った経営をしない店は淘汰されてしまうご時世。その点、大手グループならまず心配は無用です。

 

年収1,000万円を稼ぎたい人には風俗業界がおすすめ

年収1,000万円という響きは、誰にとっても魅力的です。

年収1,000万円あれば人生が変わります。もしも今の環境で年収1,000万円を狙えるならそれもいいでしょう。しかし、それが難しいようであれば、思い切って今の自分を変えてみないことには年収1,000万円超えは達成できません。

そのための有効手段の一つが、風俗業界です。

風俗業界が稼げる理由は上述した他にもあります。風俗業界は、不況に大きく左右されることがありません。なぜなら、性欲は人間の根源的な欲求の一つであり、決してなくなるものではないからです。

風俗業界の市場規模は5兆を超すと言われています。国内のゲーム市場が約5,000億円で風俗業界の10分の1ですから、その規模がいかに大きいかイメージできることでしょう。つまり、それだけ風俗は世の中から必要とされているのです。

年収1,000万円は今からでも実現不可能な数字ではなく、諦めるのは早計です。そして、大切なのは年収1,000万円に辿り着く道は決して一つではないということ。勇気を出して一歩前に踏み出せば、すぐそこに道が開けるかも知れませんよ。

こんな時代だからこそ、夢に挑戦してみませんか。

←前の記事 次の記事→

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓だん吉

廓だん吉

自称・風俗ウォッチャー。高校卒業後、金津園で童貞を喪失したのをきっかけに風俗遊びにどっぷりハマる。風俗雑誌の編集をしていたこともあり、仕事とプライベートで接した嬢の人数は軽く一千人以上。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
HTMLコーダー募集中!
英語スタッフブログ!