結婚後に直面した失業、転職……でも風俗業界に出会えて人生が上向いた

「転職は男にとって人生の一大事」

そんな風に大上段に構える時代はもう終わりました。

今や転職を経験するのは決して珍しいことではありません。
先行き不透明なこのご時世、一社に骨を埋める方がむしろレアケースだと言えます。

転職にいたるきっかけは「会社が倒産した」「リストラされた」など人それぞれでしょう。
あるいは「給料や福利厚生が不満」でもっといい条件の会社に入りたいという理由も多いのでは?

転職するならより良い条件でジョブチェンジしたいと思うのは当然ですが、現実はなかなかそう上手くいきません。
ヘッドハンティングでもない限り、「給料」「勤務時間・休日」「人間関係」などの条件を前職よりも全て上回る転職は(よほどの運がないと)困難でしょう。
ましてや若い頃ならともかく、一般的には30代半ばを過ぎた辺りから転職の条件はどんどん厳しくなってくるものです。

 

「同級生のアイツは俺より何倍も稼いでいるのに、自分はどこでつまずいたんだろう。ああ、こんなはずじゃなかったのに……」

 

――そんな苦境の打開策となる転職の手段があるのを、あなたはご存知でしょうか? 

この記事では、実際に人生の危機を回避した4人の事例をもとに、転職先としての「風俗業界」の魅力をご紹介します。

 

 

もはや風俗業界は特殊な世界ではない

4人を危機的状況から救った「風俗業界」。

皆さんは、転職先候補に「風俗業界」を考えたことがこれまであったでしょうか?

よほど風俗好きでもない限り、答えはNOでしょう。

風俗業界というと一般的に「ブラック」な印象を抱く人がほとんどだと思います。中には「風俗店は暴力団関係者が運営するもの」といまだに信じている人もいるのではないでしょうか。

そうしたイメージから風俗業界は就職先としては長年敬遠されてきました。しかし、昨今はよりよい人材確保のためにコンプライアンス経営を徹底する風俗店が増えています。

暴力団などにいたっては『暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律』(暴対法)の厳罰化により、排除する動きが活発化しています。一昔前と比べると風俗業界は「ホワイト」化が進み、扱うのが性的サービスという面を除けば、待遇は一般企業と大差ないと言えるでしょう。

風俗業界を転職先に選ぶメリット

1:高収入を得られる

風俗業界は高収入なのが一番の魅力です。基本給が高いのはもちろん、お店の売上をアップさせれば歩合給がさらに上乗せされます。頑張れば頑張った分だけ、目に見える形ではね返ってくるところが風俗業界の魅力です。

 

2:年齢制限がない

一般企業では、転職に年齢制限が設けられていることがほとんどです。表向き、求人票に「年齢不問」と書かれていても、30代後半や40代だと面接でやんわりと断られてしまったりします。しかし、風俗業界は年齢は一切不問。40代での転職は珍しくなく、中には50代で転職に成功しているケースもあります。

 

3:前職での経験不問

風俗業界では前職での経験不問です。風俗業界で働いた経験がなくても、やる気があれば採用される可能性は十分あります。また、資格やマネージメント経験がなくてもハンデになることはありません。
そのうえ、中途採用でも正社員になれますし、入社時期によるハンデも一切ありません。

 

4:福利厚生が手厚い

風俗業界の福利厚生は一般的な業界と遜色ありません。週休二日(ローテーション制)、一日8時間勤務で社会保険も完備しているところがほとんどです。
また、地方出身者などのために社宅や個人寮も用意されています。

 

もちろん、風俗業界には「世間体が悪い」というデメリットもあります。「友達や家族に仕事の内容を聞かれた時、どう答えたらいいか困る」などといった声はよく聞かれます。風俗業界を転職先に選ぶ際はそういった点をよく考慮することも大切です。

ただ、大手グループの中には風俗の店名ではなく一般的な社名で給与明細や保険証を発行するなどして「身バレ」対策をしてところも少なくありません。風俗業界に転職するなら、そうした優良店を選ぶようにするといいでしょう。

これからご紹介するのは風俗業界に転職して人生のピンチを乗り越えた4人。注目すべきは、いずれも「既婚者」という共通点です。彼らは自らを信じて風俗業界に飛び込むことで家族の信頼を勝ち得て、人生の一発逆転に成功したのです。この事実からも、風俗業界は転職先としてもはや「特殊」な世界ではないことがお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

風俗男性求人に興味がある方はこちら

 

 

販売員、TVマン……異業種からの転職に賭けた男たち

事例1:奥さんと4人の子どもを抱えて風俗業界に転職

 

今の業界に入る前は、風俗店は暴力団が経営してると思ってました(笑)

前職は販売員をしてたのですが、経営悪化による給料の低下により転職を考えました。
しかし奥さんと4人の子どもを養うには最低でも前職の給料と同じかそれ以上ないと厳しく、歩合制の営業なども視野に入れて探していた時にシンデレラグループを知り『面接で給料形態の話だけでもきこうかな…』と応募しました。

面接ではすごく突っ込んで色々聞いてみました。
給料面や昇格や昇給などの話、家族手当、子供手当や社会保険の話。
親、友人、保育園などに風俗勤務がバレないようにシンデレラグループはその辺のフォローがすごくしっかりしているとのこと。

お話を聞いてびっくりしました。
色々聞いたのに面接官の方も嫌な顔1つもせず1つ1つ丁寧に教えてくれました。

また、正直7年勤務した前職よりも全然待遇が良かったです。

実際入ってみてまたびっくりしました。
恐い人が1人もいないんですよ。普通のサラリーマンです!

雰囲気もよくアットホームな現場で、先輩も優しく1つ1つフォローしてくれるので安心して仕事が出来ます。

仕事量は多いですが、その分時間もあっという間に過ぎて、子供達とお風呂に入れる時間に帰宅出来る日もあるので毎日充実しています!。

Aさんの略歴

年齢 30歳
前職 販売員
現職 店舗スタッフ

<転職のポイント>

風俗業界に転職して、7年間勤めた前職の販売員より待遇はアップ。風俗勤務が親、友人、保育園などにバレないようにとても気を遣ってくれている。

 

事例2:出産を機に高収入転職を一大決心

 

前職では店舗責任者として勤務しておりましたが、給料は良かったものの休日はほとんどなく、社会保険もなし、丸2日間の通し勤務も当たり前といった状況で、家族と生活するに当たって不安を抱えながらの勤務でした。

既婚者で風俗を検討されている方で一番心配なのは、休みが本当に取れるのか、社会保険に本当に加入できるのか?など、働く自分のことだけでなく、ご家族の事も考えられると思います。

私の場合も、まもなく子供が生まれるという時期での転職だったので、その点を一番心配しました。
万が一、求人情報にだまされてしまうと自分の人生だけでなく、家族の人生までも悲惨なことになってしまいますからね。

そして実際に入社してみたところ嘘いつわりは一切ありませんでした!

店長をはじめとする一緒に働くメンバーもほぼ全員既婚者で家族持ち。

休日もしっかり取れますし、本当に社会保険もあります。
もちろん食事休憩をとる時間もあります。

また、妻の出産を控えていたこともあり、特別休暇など融通を利かせていただきまして、本当に感謝しております。

もちろん仕事に関しましては全メンバーで切磋琢磨して、スキルアップを図り売上の向上を目指すという熱い環境です。

オンとオフがはっきりしているので、全力で仕事に打ち込むことができる点も気に入っています。

Bさんの略歴

年齢 ??歳
前職 店舗責任者
現職 店舗スタッフ

<転職のポイント>

休暇をしっかり取れ、オン・オフがはっきりしている。社会保険が完備されている。同僚もほとんど家族持ちで、既婚者にはいい職場環境。

 

事例3:しっかりした評価と昇給・昇格が決め手

 

現在33歳、今年の1月から嫁(予定)とその2人の子供と犬で同居を始め、現在4人+ワンという家族構成です。

そんな大切な時期に転職を決め、以前から興味のあった風俗業界へと進むことを決めました。

自分はもともと風俗業界に対して『怖い』『ブラック』『大変』などなどのネガティブなイメージはあまりありませんでした。

とにかくノンスキル(未経験)でも入社できて、その後の評価次第では昇給・昇格が本当に見込める会社を探していました。

3人+ワンを養うためには何となくではなく、しっかりと未来を見据えれる会社に入社しなくてはいけません。

何社か面接させていただき内定を頂いた上で選択したのが、一番丁寧かつコチラの質問を濁さず返答していただけたシンデレラグループでした。

色々なネガティブイメージは皆様あると思います。

ただ、一般の昼職だろうが風俗業界だろうが変わらないことがあります。

それは『仕事は大変』ということです。 はっきり言って、楽な仕事なんてどの業界にもありません。

体力的に大変なのか、精神的に大変なのか、その両方なのか。

ただ、そんな大変な仕事の中でもしっかりと評価してくれて、責任と役職=昇給と昇格を与えてくれる会社を選ぶべきだと考えております。

それを踏まえた上で考えると「シンデレラグループを選んで良かった」と感じています。

Cさんの略歴

年齢 33歳
前職 TVディレクター
現職 店舗スタッフ

<転職のポイント>

ノンスキル(未経験)でも入社でき、その後の評価次第では昇給・昇格が本当に見込める。辞めずに精進を続けていくことで出世につながる。

 

事例4:仕事が充実して夫婦関係も良好に

 

前職も風俗店で働いていましたが、転職のきっかけは結婚を機に【将来について】真剣に考えたところが始まりでした。

30代になってからの転職……勇気いりますよね。

女の子を扱う仕事だからこそやっぱり妻にとっては良い印象はないみたいで、とにかく理解を得るのが大変でした。

以前は週休1日、1日18時間労働は当たり前の世界(※地方都市での話です)。

ほとんど休む暇もなく働いていました。

もちろん社会保険もなく、シフトはめちゃくちゃ。休日出勤も当たり前。

忙しいだけでなく女の子と関わる仕事だからこそ、休日出勤の度に妻は激おこぷんぷん丸でした…(汗)

今まではこの仕事にやりがいを感じていたので、【自分のための仕事】でしたが、家庭を持つということは【家族のための仕事】でもあるわけです。

転職してからは普通のサラリーマンらしいというか、規則正しい生活が送れています。

ウォーキングなんかも始めて5キロ痩せました!

完全週休二日制なので休日は趣味のゲームをしたり自分の勉強の時間を作ったり、たまには旅行にも行ったりと、家族との時間をしっかりとれるのは嬉しいですね。

仕事とプライベートでメリハリが出てモチベーションが上がります!

妻も転職してからはご機嫌みたいで、喧嘩がほとんどなくなりました(笑)

Dさんの略歴

年齢 30代
前職 風俗店勤務
現職 店舗スタッフ

<転職のポイント>

転職してからは規則正しい生活が送れている。完全週休二日制なので仕事とプライベートのメリハリがあり、妻との喧嘩もほとんどなくなった。

 

 

風俗業界は将来性も抜群

風俗業界の市場規模は、今や5.7兆円とも言われています。

5.7兆円というのは、国内における旅行業界の市場規模(約5.9兆円)とほぼ同じ。いかに風俗業界の規模が大きいかお分かりでしょう。つまり、風俗業界はそれほど需要があるということです。

そもそも、世の中がどれだけ変わっても人間の性欲は尽きることがありません。すなわちこれは、風俗業界が「不況知らず」であることを意味しています。

また、昨今「高齢者向け風俗」が注目されています。高齢者の性は無視できない問題です。これから超高齢化社会が進むなか、風俗がますます社会に必要な存在になっていくことは間違いありません。これほど将来性のある業界も他にないでしょう。

これまで風俗業界には良くないイメージもありましたが、企業努力によってホワイト化がかなり進みました。大手グループなどは一般企業並みの待遇を整えているところも少なくありません。

今や、風俗業界を転職先候補として考える人は着実に増えていると言えるでしょう。

 

 

募集要項

職種
  • 店舗一般職(接客・女の子マネジメント・WEB更新・企画提案
  • 未経験者歓迎
  • ※女性の応募も大歓迎致します
応募資格
  • 18歳~45歳位までの方
  • 未経験者歓迎
  • ※デリヘル、風俗業界経験者は優遇いたします
  • ※女性は原則1年以上の風俗経験が求められますが、それに代わるご経験がある方からの応募も歓迎致します
  • 英語が話せる方は、バイリンガルスタッフ求人もぜひご覧ください。
  • ※運転免許をお持ちでなくても大歓迎!
  • ※遠方にお住まいの方は、前もって書類選考をお受けいただくことが可能です。
    ご希望の方はお問い合わせ時にお申し出ください。
業務内容 店舗での接客を中心に簡単なWEB更新女子出勤管理、免許をお持ちの方にはドライバー業務などを行って頂きます。
雇用形態 正社員
給与
  • 月給26万以上スタート(完全週休2日制※9時間勤務)
  • ※ご経験やスキルに応じて給与額を決定させて頂きます。
待遇 社会保険完備、日払有、独立支援制度
休日 完全週休2日(曜日応相談)、冬季休暇、慶弔休暇
備考 通勤交通費支給、大入り手当、住宅手当、家族手当など各種手当あり、研修制度充実

 

風俗コラムをもっと読みたい方はチェック

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
廓(くるわ)だん吉

廓(くるわ)だん吉

風俗雑誌の編集部を経て、現在は風俗&アダルト関連記事のライターとしてウェブサイトをメインフィールドにコラムを執筆中。柔らかい記事からちょっと社会派な硬い記事まで大局的な視点で風俗業界を斬っていきます♪


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!