風俗男性求人「幹部ナビ」は、東京・横浜・埼玉でデリヘル・ホテヘルを大規模展開するシンデレラFCグループの高収入求人サイトです。
未経験から始められる充実した研修制度で、異業種からの転職者が80%以上!

CLOSE

飲食業界を辞めたい……それなら風俗業界への転職はいかがですか!?

飲食業と聞くと、ブラックな業界と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

過去には、某牛丼屋チェーンの「ワンオペ」体制や、居酒屋チェーン社長の「24時間365日死ぬまで働け」といった発言が問題となったこともありました。そのせいか、いまだに飲食業界=ブラックというイメージがあり、辞めたいと思う人は多いようです。

飲食業界を辞めたら「つぶしが効かない」という人もいますが、そんなことはありません。飲食業界をリタイアした方は、実は風俗業界に転職することをおすすめします。

どうして飲食業界からの転職先として風俗がいいのか、説明します。

 

飲食業界はなぜ退職希望者が多い?

飲食業を「底辺の仕事」だと感じる人も少なくないようです。その理由として、まず「体力的にきつい」ことが挙げられます。

飲食の仕事は肉体労働と言っていいほどハードワークです。一日中ずっと立ち仕事で、決まった時間に休憩が取れないことは珍しくはありません。ランチタイムなどの混雑時には自分の食事も満足にとれないほど忙しかったりします。

飲食店の従業員はシフト交代制で勤務しています。パートやアルバイトなら定時に出退勤できるかもしれませんが、社員ともなるとそうはいきません。人手不足で連勤を課せられることも多く、開店から閉店まで「通し」で勤務するなど過度な残業を強いられてしまうことも珍しくありません。

さらに、24時間営業の店舗になると、早朝シフトの日もあれば深夜シフトの日もあります。これでは生活リズムの乱れから体調を崩してしまうのも当然だと言えるでしょう。

肉体面だけではなく、精神面にもストレスがのしかかってきます。

基本的に、ホール店員は誰にでもできる仕事です。そのためか、お客さんの中には店員をバカにして横柄な態度をとる人もいます。

ただでさえ人間は腹を空くと怒りっぽくなるものです。ちょっと注文ミスをしただけで烈火のごとくクレームをつけられてしまうことも日常茶飯事。

そんな嫌なことがあっても、いったんホールに出れば笑顔で接客しなければなりません。そうした理不尽さも、飲食業を辛いと感じる人も多い理由です。

極めつけは、「平均給与の低さ」です。

飲食業の平均年収は、271.1万円と言われています。これは「その他サービス業」に次ぐ、ワースト2位の平均賃金です。そのうえ、労働時間が長いため、時給換算すれば最低賃金を割ってしまうケースも少なくありません。

また、飲食業はボーナスが支給されないところがほとんどです。体がボロボロになるまで働いても満足な給与をもらえないのでは、辞めたいと思ってしまうのも当然かも知れません。

このように、飲食業を辞めたいと思っている人は「肉体的・精神的な辛さ」「給料の低さ」を退職理由に挙げるケースがほとんどです。

加えて、飲食店は土日や祝日も休めません。むしろ稼ぎ時なので、社員はさらに忙しくなります。家庭を持っているは、家族と過ごす時間もロクにとれません。

こうした不満が積み重なって、飲食業から転職したいと考える人は後を絶たないようです。

 

飲食業界を辞める際はここに注意

「飲食業界を辞めたい」と決意しても、その前に立ちはだかるのは「引き止め」という高い壁です。

飲食業界は、慢性的に人手不足状態です。退職の話を切り出した途端、引き止められてしまうケースは少なくありません。

まして店長やマネージャークラスの有能な人材ともなれば、なおさら簡単に辞めさせてくれないのは目に見えています。

こうした引き止めの交渉には「昇格」「賃金アップ」などの条件がよく利用されます。

あやうく情にほだされそうになってしまいそうですが……ちょっと待ってください。油断は禁物です。

大手の飲食チェーンには、社員が退職することを想定して「辞めさせないための」引き止めマニュアルが存在しています。

退職を申し出た際の上司の言葉や態度は、決して従業員のことを親身におもんばかってのものではありません。単にマニュアルに則って、カンペ通りに口にしているに過ぎないのです。

当然、辞意をひるがえして本社や店舗に残ったとしても、事態が改善されることはありません。相変わらず、以前と同じようなストレスまみれの日々が繰り返されることになるでしょう。一度「辞める」と決意したら、何が何でも辞めるという鋼の意志が必要です。

最悪の場合、バックレてしまうという手段があります。もちろん、社会人としてはマナー違反ですが、どうしても辞めさせてくれない場合の緊急措置としては有効です。

ただし、バックレにはそれなりのリスクが伴うことも覚えておかなくてはなりません。

もっとも怖いのが給料の未払いです。

給料が銀行振り込みの場合、入金してもらえないケースがあります。激怒した社長が支払い拒否という強硬手段に出ることもまれにあるのです。そうなると、会社と話し合わなくてはならず、面倒なことになってしまいます。

また、給料が手渡しの場合、受取りに行かなくてはなりません。会社に二度と顔を出したくないなら、最悪の場合は1ヶ月分の給料を捨てる覚悟をしておく必要があるかも知れません。

 

飲食業界からの転職先に風俗が向いている理由

さて、ここまで飲食業界のブラックな面ばかりを強調して書いてきましたが、ここまで読んでいただいた方なら飲食業界経験者が風俗業界への転職に向いているのか何となく想像できると思います。

飲食業界から転職をするにあたって、同じ業種でスキルアップやポジションアップを目指すという手もあります。しかし、先述したように転職した先でも同じようなストレスに晒されてしまう可能性はかなり高いと言っていいでしょう。

それならば、飲食業を経験した強みを活かして、そのスキルを発揮できる異業種への転職を狙った方が得策というものです。その活躍の場としてうってつけなのが風俗業界なのです。

飲食業を経験者は、高い接客技術を学んでいます。いつも元気に明るく接客し、客をおもてなしするスキルが身についています。

こうしたスキルは風俗業界になくてはならないものです。風俗業界なら、これまで培ってきた接客スキルを活かすのはもちろん、さらにスキルアップやポジションアップを十分に狙えます。

また、飲食店員は一度にたくさんの注文をテキパキさばかなくてはなりません。当然ながら事務処理能力に優れていることも強みとなるため、風俗業界の内勤事務への転職にも有利です。

内勤事務の主な電話対応やメール対応、ホームページの簡単な更新作業、女の子が使う備品の管理などが主な仕事内容となります。飲食業のように一日中立ちっ放しでホールを駆けずり回る……ということはありませんから身体的な負担が少なく、体力的にかなり楽になるはずです。

 

風俗業界に転職してキャリア&収入アップ

飲食業を経験した人は、風俗業界から大歓迎されます。

接客スキルの高さはもちろん、人柄の良さや忍耐力も風俗業界への転職に有利なポイントになります。

店長やエリアマネージャー経験者なら、管理職経験を活かしてスピード出世も可能。飲食業の何倍もの高収入を手にすることも夢ではありません。飲食店の店長の平均給与は300万円と言われますが、風俗業界なら、役職(店長)になると年収1000万円を超えます。高収入を実現できるのも、風俗業界の魅力です。頑張れば頑張った分、給料として自分に跳ね返ってきますからやりがいも全然違うというものです。

いかがですか。飲食業界からの転職先に風俗がいい理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。

飲食業界からの転職で失敗したくない方は、風俗業界をおすすめします。これまでの接客経験を活かせて、飲食店で働くよりも仕事は断然ラクです。

外食産業で働くのは限界、もう辞めたい……そう思っているあなた、思い切って風俗業界でキャリアアップ&高収入を狙ってみませんか。

【幹部ナビ】風俗求人特集

シンデレラFCグループで目指せ、年収1000万円
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
希有 仁(きゆうじん)

希有 仁(きゆうじん)

「善きスタッフの元に善きキャストが集う」をモットーに、風俗業界の“中の人”に寄り添える男性求人を目指して奮闘中。自らの経験が少しでも役に立てば……と苦手な文章と格闘しながら、風俗系ビジネスコラムを日々書きまくっています。


コラム最新記事

ご応募はお電話でも受け付けています
現役マネージャーブログ
風俗雑誌元・編集長Kコラム
英語スタッフブログ!