総務部門のマニフェスト!?

皆様こんにちは。総務部のKでございます。
今回も私が担当させて頂きます。
拙い文章ですが、しばしお付き合い頂ければ有り難く思います。
 
私の所属する総務部はいわゆる「間接部門」でありまして、私の仕事=作業そのものが売上となって会社に収益をもたらしているという訳ではないのです。収益を増やすには次の2つの方法しかありません(当り前ですが…)。?売上を増やす?経費を減らす の2つです。
 
私の仕事に於いては、収益向上に貢献出来るのは?の経費を減らす事しかありませんね。
実は最近、総務部でも各人の目標を立ててそれに向かうという動きになっておりまして、私は大きく2つの目標を立てました。
 
ひとつ目は、このブログの最初の記事でも書いたかと思いますが、固定費(賃借料)を圧縮させる事です。具体的な数字は申せませんが、グループ全体の賃借料負担は莫大なものがあります。仮に、この経費を●●%削減したら、この金額は1店舗分の利益と同じになる…ということは、自分が店舗を構えて利益を出すことと同じ…というような考え方で取り組んでいます。不動産業者との交渉等、ある程度時間とパワーも掛かりますがしっかりと取り組んで行きます。
 
もうひとつは、少し大枠で言いますと総務部門全体の業務の見直しです。この見直しで業務の効率化・スリム化を図り、部門経費の削減につなげたいと考えています。また、この波及効果で関連部門の経費削減にもつながるといいと思います。
 
手順としては、まず各人の業務を洗い出しします。全業務をよーく見て、業務の統合や廃止が出来るか検討します。次に各業務の業務フローを作成します。業務フローが出来上がったら、各フローについて無駄がないか?省略できるか?別の流れで出来ないか?等、細かく見直しして改善版の業務フローを作成します。そして、改善版の業務フローで一通り運用し、問題点がないか精査すると同時に効果測定をします。問題点がなく、効果が確認出来ればその業務が見直され、無駄が省かれたということになります。そして、この新しい業務フローそのものがマニュアルとして運用出来ますので、会社の財産にもなります。
 
ですが、この作業も大変パワーがかかりますし、部門の皆さんや関係する皆さんの理解と協力がなければ出来ません。人は一般的に【変えること】を恐れますから、少なからず抵抗があるかもしれませんね。でもそんな場面があったとしても、最後まで諦めずにやり通そうと思っています。
 
 

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!