誰かの為に

こんにちは。
池袋モンデミーテに勤務しております、近藤と申します。
入社してから、あっという間に6ヶ月が過ぎました。
早速ですが質問です。
 
『風俗の仕事は誰かに誇れますか?』
 
職業に貴賎は無いと申しますが、いったんその中に身を投じて見ると、男として正直悩みます。
女の子を最前線に送り出すお仕事ですから。
しかし、悩むより前に、女の子達が一円でも多く稼げるように、最善を尽くすしかありません。
そして、偽善かもしれませんが、様々な思いを抱えた皆様を調整させていただき、幸せにするお仕事だとも思っています。形の無いものを売っています。対価はもちろんお金ですが、女の子やお客様の笑顔が見られると、正直、嬉しいです。
 
一円でも多く。
 
常に女の子達の為に私達は働き、それがお客様に自然に還元されてゆく。
 
先を行く先輩方は、どこに進むにしてもブルドーザーのように一つ一つ地ならしをしてゆくようで、その後を進んでいる分には非常に楽です。ですがあえてルートを外れ、荒れた道を自ら進んでみてはじめて、なぜそれほどがむしゃらに道を切り開こうとしているのか・・・
 
最初の質問の答えは、ここら辺にあるのかなと思います。
 
この文章をお読みの皆様、どうか慎重にご検討下さい。
誰かの為に働く事のできる方、お待ちしております。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!