思い込み

こんにちは。葛西コスプレメイド学園の足立と申します。

風俗店というのはサービス業です。
ある意味究極のサービス業です。もちろん実質的なサービスをするのはコンパニオンの女の子達です。女の子達が究極のサービスを提供している以上我々男性スタッフもお客様に対して究極の接客をしなくてはいけないのです。

皆様は多かれ少なかれ男子である以上どこかの風俗店で遊んだ事があるはずです。女の子のサービスはともかく受付や電話などの男性のスタッフ対応は如何でしたか?なんだか色が黒く茶髪で襟元から金色の鎖をちらつかせて更に目までギラギラしちゃってるスタッフが『お兄さん今日はいい子がいますよ〜♪』そんな感じの対応ではありませんでしたか?今でこそそういったお店は、以前に比べれば少なくはなってきているとは思いますが、でもなんかそんなイメージですよね?

事実、私もそう感じておりましたし、
そんなお店にしか当たった事実しかありません。
建前上求人している以上窓口の対応は丁寧であっても、実際勤めてみたらそんな感じのお兄ちゃん達がウヨウヨしているはずだと思っていました。それを覚悟で恐る恐る入社してみて、今では私もそんなお兄ちゃんになってしまいました・・・。では無く、他のスタッフや各店のスタッフ、上司どの方にお会いしても私なんかよりずっと身なりから、考え方、仕草にいたるまで、決していやらしくなくインテリジェンスなのです。

もちろん基本の接客の態度、姿勢などは目に見張るほどの対応でした。一般的には職業としてはなかなか理解していただけない部分が多いかも知れません。私も勤めるまでは、きっと誰にも勤め先は言えないのかな、と思っておりましたが、この会社を知るにあたって今では決して隠す必要など無いと思っています。

少し話は変わりますが、以前の私は人を使っての職業でした。
全く内容は違っても、ずっと女性スタッフを使っての仕事でした。当然その時は使う側と使われる側という関係で女性を使うのは大変なことだと感じていました。

今の我々男性スタッフ(店長なども含め)と女性コンパニオンの関係は決して使う側と使われる側ではないのです。大げさに言うと個人事業主同士の契約における同等の立場なのです。あくまで我々にとっては、コンパニオンは取引相手なのです。そう考えると仕事としてレベルも高く、そこに面白さが満載なのです。お互いアイデア、力を出し合って目標を達成できたときはプレゼンが採用され企画が大成功した、そんな喜びに近いものがあると思います。

決して求人の門を狭くするつもりはありませんが、勘違いしないで欲しいのは、ある程度の社会的常識と、仕事としてしっかり“風俗”というものを考えられるレベルが必要です。

コンパニオン(女の子)は、従業員でもアルバイトでも、もちろん商品でもないのです。大事な取引相手なのです。

今まで色んな仕事をしてきましたが、この仕事が一番面白くも、難しくもあると感じています。貴方が考える“風俗の仕事”というのはどういったものですか?何かご縁があってご勤務されることなった際は貴方が考えている“風俗”という仕事の概念を覆すことになることをお約束いたします(良い意味で)。

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!