風俗店スタッフ♂なのに女性が苦手で話しベタな私・・・大丈夫なのか!?

全くの完全業界未経験でこのTHE風俗業界に入るときの最大の不安は「女性キャストとどのように接っしたらいいのだろう?話すの苦手なのに大丈夫なのか!?」でした。

スタッフは男性&女性、でもキャストは女性のみ。
性別が違えば、話し方・感じ方・考え方などの様々な場面での違いが生まれます。
キャスト一人一人の性格や育ってきた環境、そして現在の状況。
さらにそのキャストはたくさん、本当にたくさん在籍。(今となっては嬉しい悲鳴)
大丈夫なのか私…やばい、お腹痛くなってきた…。

入社して実際にキャストに接していくと、最初はやはり戸惑いました。
というのも、顔と名前が一致しないんです。
風俗店でお遊び頂いたことがある皆さまであればお分かりかもしれないですが、お店には似たような名前の女の子もいれば、似たような服装、似ている髪型からのある日突然髪型が変わっていてそれに気付けないと「ダメダメじゃ~ん、気付いてよ~」と寂しそうに女の子に言われるトラップも待ち構えていたりして、困惑する事もしばしば。

しかし!
しか~し!!
少しずつ話かけたりすることにより、次第に顔と名前も覚え、性格も接し方も徐々に分るようになります。
こんな私も、日々成長しております。

いま私のこの文章を読んでくださっている皆さまの中にも、女性と話すのがあまり得意では無い。という人もいると思います。
でも、最初は簡単なところからで良いんです。
極端に言えば「挨拶」だけでもいいんです。
さわやかな挨拶をきちんとしているだけでも「感じのいいスタッフさんですね。新しい人ですか?」と女の子達も受け入れてくれます。

先輩スタッフを見ていればどういう声の掛け方をすればいいのかはすぐに分ると思いますので、それを真似ていけば最初のステップは突破できます。
(多分…きっと…もし突破できなかったら、ご相談にのります)

この幹部ナビブログを読んで、応募を悩んでいる皆様の不安を1つでも解消できれば幸いです。
お仕事ご一緒できる事楽しみにしております♪

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!