元36時間拘束→今では9時間勤務!風俗スタッフに転職しないと過労死するところでした(笑)

幹部ナビをご覧の皆様、はじめまして。
吉祥寺店に配属された新人スタッフのWです。

まずは簡単な自己紹介を。

私の前職は警備員でした。
拘束時間が36時間だったり、夏は灼熱、冬は極寒の外の仕事もありました。

工事の警備で都内の国道(所謂(いわゆる)246です)に一日中立っていた時は、高級外車の代名詞フェラーリランボルギーニが何台も目の前を通りました。(両方共近くにディーラーがあったので)

近くにはオフィス街があるらしく、年収ウン千万と思われるイケイケのビジネスマンが毎日目の前を通ります。

次第に芽生えていくのが、セレブな生活への憧れです。

「大都会をスーパーカーで颯爽と走ってみたい」
「都会の一等地に住んで一流ブランドのスーツを着て湯水のようにお金を使う生活ってどんなだろうな・・・」

と毎日思っていました。

しかし、警備員の給料では一生かかっても無理だと諦めざるをえません。

生活する上では給料に不満は無かったのですが、肉体的にも精神的にも辛くなったのとセレブな生活への憧れから、いつしか『転職』というもの考えるようになりました。

そうなってくるとどんな仕事をするかですが、『高収入』というワードで検索すると、夜の仕事が出るんですよね。

うまい話には裏がある・・・
普通ならそう考えますよね

しかし、求人サイトを見てこのシンデレラグループに電話を掛けた時、いい意味で想像していたものを裏切られました。

電話では『顔写真付きの履歴書と職務経歴書を持ってきて下さい』と言われました。

職務経歴書・・・?

今までそんな物、見たことも聞いたことも、ましてや書いたことなんて無いものを、面接時に持ってこいと!?(ちなみに面接は翌日でした!)

ネットで調べて見よう見まねで作った書類を持ち、ガチガチになりながらも面接が終わり無事に採用となりました。

風俗業界だけではなく、接客業もはじめてという状態からのスタート。

はじめの頃は電話の受け答えも噛んだり言葉が詰まったり、本来お客様に伝えなければならない情報を伝え忘れたり(もちろんその後ちゃんと伝えてあります!)・・・

失敗の連続でしたが慣れてくるにつれ、
「前に噛んだ所を噛まずに言えた!」
「こちらからプランの提案が出来るようになった!」
・・・などなど、日々成長している実感
があります。

職場の雰囲気もとても良く、私の失敗を優しくフォローしてくださる先輩達に囲まれながら、勤務時間はあっという間に過ぎていきます。

夢のセレブな生活はまだまだ遠いですが、ちょっとずつ近づいてるはず!!

スタッフブログ最新記事

月別 アーカイブ

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

2010年

2009年

2008年

2007年

ご応募はお電話でも受け付けています
教育官ブログ
\風俗業界時評/シン・コラム
英語スタッフブログ!